リモートプレイ

更新日時:2016-06-06 19:28:27

リモートプレイとは

リモートプレイでは、PS VitaとPS4をネットワーク接続することにより、PS4と同じ画面がPS Vitaに表示される。それにより、PS Vitaをコントローラーとして使ったり、PS Vitaから離れたところにあるPS4を操作したりできる。
また、セカンドスクリーンに対応したソフトでは、PS4でゲームを遊びながら、PS Vitaの画面にゲームの情報を表示することができる。

※PS4は、PSPからのリモートプレイには対応していない。

設定方法

【1】機器登録(ペアリング)する
PS4とPS VitaをWi-Fi経由またはアクセスポイント経由で接続する。
PS4の機能画面から[設定]>[PS Vita接続設定]>[機器を登録する]を選択。
PS Vitaで[PS4リンク]>[はじめる]>[リモートプレイ]を選択。
PS4に表示されている番号を入力し、[登録]を選ぶ。

【2】リモートプレイをする
※あらかじめPS4の[設定]>[PlayStationVita接続設定]>[リモートプレイを有効にする]が選択されている状態する。同じく[設定]>[PSN]>[いつも使うPS4として登録する]>[登録する]を選んでおく。

○家庭内でリモートプレイをする場合
PS4の電源を入れ、PS Vitaで[PS4リンク]>[はじめる]>[リモートプレイ]を選ぶ。

○外出先でリモートプレイをする場合
PS4の電源を入れておく。
(※スタンバイモードの状態からリモートプレイを開始したい場合は、[設定]>[省電力設定]>[スタンバイモード中の機能を設定する]>[インターネットに接続する][ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる]にチェックをしておく)
PS Vitaで[PS4リンク]>[はじめる]>[リモートプレイ]を選ぶ。

リモートプレイの詳しい手順は公式サイトを参照
(PS4リンク | PlayStation Vita ユーザーズガイド)

この記事の個別URL