• PS Vita>
  • 本体バリエーション>
  • PS Vita 旧型と新型の違い

PS Vita 旧型と新型の違い

2013年10月10日発売の新型Vitaと旧型Vitaの気になるスペックを比較

更新日時:2016-02-24 14:05:53

旧型から変更された点

■液晶が有機ELから液晶ディスプレイに

■旧型PS Vitaよりも20%薄く、15%軽く、バッテリーが約1時間長持ちに

■充電や外部機器との連携に使用するコネクタが、専用のものからMicro USB Type Bに変更

■約1GBの内蔵メモリーカードを搭載
 内蔵メモリカードと別売りのメモリカードの同時利用はできないので注意( 詳しくは PS Vita TV内蔵メモリーカードと別売りのメモリーカードは同時に使えますか?を参照 )

■丸みを帯びたデザインへ

■3G搭載モデルはなく、Wi-Fiモデルのみ

スペック比較表

  1000シリーズ 2000シリーズ
発売日 2011年12月17日(土) 2013年10月10日(木)
価格(税込) 19,980円 19,929円
画面 有機ELディスプレイ(5インチ) 液晶ディスプレイ(5インチ)
充電や外部機器との接続 ソニー独自の端子 マイクロUSB(TypeB)
質量 約279g 約219g(旧型より20%薄く、15%軽い)
バッテリーの持ち 約3~5時間 約4~6時間
モデルの種類 3G/WiFi WiFi
その他
 約1GBの内蔵メモリーカードを搭載

【関連記事】
【速報】新型PS Vitaが10月10日より19929円[税込]で発売!

  • PS Vita>
  • 本体バリエーション>
  • PS Vita 旧型と新型の違い

この記事の個別URL