実況・生配信

更新日時:2016-03-16 11:58:48

概要

PlayStation 4より新たに搭載された機能。PlayStation 4では、ゲームプレイ画面を常時録画しており、コントローラのSHARE(シェア)ボタンを利用することで、スクリーンショットや、プレイ動画をオンラインサービスにアップロードしたり、ゲームプレイのブロードキャスト(生配信)を行うことができる。
これにより、画面キャプチャ用の機材や複雑な設定が不要となり、より手軽にゲームプレイ画面の共有が可能となった。

関連記事:プレイステーション4を3日ほど使って考えた、“誰でも超簡単にハイエンドゲームの実況・配信ができるマシン”としての新世代機

特徴

■ブロードキャスト(生配信)
オンラインサービスを通じて、ゲームプレイの生中継が可能。
また、PlayStation Cameraがあれば、カメラの映像や音声も同時に配信できる。
なお、PS4上での配信時間制限は無く、各オンラインサービスの制限に準拠する。

■ゲームプレイの録画・アップロード
SHARE(シェア)ボタンを押した段階から直前15分までの動画を開始・終了点を決めて切り出し、コメントをつけてオンラインサービスにアップロードすることが可能。また、動画はPS4の内蔵HDDに保存することができる。


■利用可能なオンラインサービス(2014年6月時点)
【スクリーンショットのアップロード】
Facebook / Twitter
【ビデオクリップ(ゲームプレイ動画)のアップロード】
Facebook / Youtube
【ゲームプレイのブロードキャスト(配信)】
Ustream / Twitch / ニコニコ生放送

この記事の個別URL