スパIV AE 2011 猛者発掘キャラバン 2ndの優勝者は若干15歳!?

ゲーム アーケード
2011年7月17日に開催されたアーケード版『スーパーストリートファターIV アーケードエディション』を使用したカプコンの公式イベント“スパIV AE 2011 猛者発掘キャラバン 2nd”の模様をお届けしよう。

●中国、四国、九州から強豪プレイヤーが続々参戦!

猛者発掘_2nd

 2011年7月17日、アーケード版『スーパーストリートファターIV アーケードエディション』(以下、『スパIV AE』)を使用したカプコン公式イベント“スパIV AE 2011 猛者発掘キャラバン 2nd”が、アミパラ岡山店にて開催された。会場には、開催地の岡山県はもちろん、山陰、山陽、四国、九州からプレイヤーが集結。組み手イベントと32人参加の個人戦トーナメントが行われ、大きな盛り上がりを見せた。

 “スパIV AE 2011 猛者発掘キャラバン 2nd”は、2011年1月から2月にかけて開催されたアーケードイベントの第2弾で、福岡、東京、岡山、北海道の4都市を回って『スパIV AE』の猛者を発掘するというイベント。組み手参加者には、特別称号【2011 俺たちの夏】と“スパIV AE特製クリアファイル”がプレゼントされる。さらに、組み手勝利者には勝者特別称号【伏竜鳳雛】が、個人戦トーナメント優勝者には優勝特別称号(プレーヤーネーム称号もしくは希望する文言)が、準優勝者には準優勝特別称号【捲土重来】が付与される。

DSC_0272
DSC_0276
DSC_0294

 組み手は、アーケード版『スパIV AE』の全国通算バトルポイントランキングで4位(2011年7月17日現在)のMDR選手が、九州大会に引き続き担当。九州大会と同じく、対戦相手の希望でユンとルーファスを使い分けるというスタイルで試合を行った。始めは順調に勝ちを重ねたものの、“YHC-餅”、“脱衣”、“だるい”、“りゅうきちくん”、“伊勢スト”、“UD♪”、“河西智美”、“岬くん”などの強豪プレイヤーに土をつけられ、52勝9敗という結果に。この成績にMDR選手は「ちょっと負けすぎましたね」と納得のいっていない様子。

DSC_0302
DSC_0342
DSC_0351

 続いて行われたトーナメントにも、上記の強豪プレイヤーたちが参戦。だるい選手と脱衣選手が“挑発合戦”を見せるなど、知り合いどうしの対戦ならではの動きも見られたが、基本は“ガチモード”で参加者全員が、特別称号を目指して戦った。そんな中、今大会で目立った動きを見せたのが、ルーファス使いの884(ハヤシ)選手。2回戦で本命と見られたMDR選手を倒すと、その勢いでフェイロン使いの“岬くん”選手も破り、強豪揃いの中、決勝へ進出。同じく幾多の強豪選手を倒して勝ち上がってきた“りゅうきちくん”選手と頂点を争うことになった。

 会場の選手全員が固唾を飲んで見守った決勝戦は、一進一退の展開に。お互いに1本ずつ取り合う熱い戦いが展開され、若干15歳と大会出場選手中最年少と思われる、りゅうきちくん選手が、Xbox 360版で高ランクを維持する実力を見せ付けて優勝。希望の称号である“マゴ信者”を獲得することとなった。

DSC_0396
DSC_0402

準優勝の884(ハヤシ)選手。

優勝の“りゅうきちくん”選手。

DSC_0444

トーナメント表

 大会終了後の表彰式では、カプコンの綾野氏より準優勝の884選手と優勝のりゅうきちくん選手に表彰状が手渡された。ちなみに、綾野氏は同日に行われた、動画共有サイト“ニコニコ動画”での生放送のため、東京にとんぼ帰りすることに。綾野さん、お疲れ様です……。

DSC_0436

カプコンの綾野氏、実況のゲマロウ氏、そして参加選手のみんなでにこやかに記念撮影。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『アトリエ』シリーズが25周年。世界を救うのをやめて調合に夢中になる人が続出!? 斬新な切り口の錬金術RPG『マリーのアトリエ』が発売された日【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。1997年(平成9年)5月23日は、プレイステーション用『マリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士〜』が発売された日。本日で『アトリエ』シリーズが誕生してから25周年を迎えたことになる。

【ゲーミングノートPC】CPU“Ryzen 7 5800H”とGPU“Radeon RX 6600M”を搭載した“Alpha 15, AMD Advantage Edition”がAmazon限定でMSIより発売

2022年5月28日(土)、エムエスアイコンピュータージャパンはCPU“Ryzen 7 5800H”とGPU“Radeon RX 6600M”を搭載したゲーミングノートPC“Alpha 15, AMD Advantage Edition”をAmazon限定で発売する。

【集英社ゲームズ】『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』に『サマータイムレンダ』から小舟潮などが参戦。『SOULVARS』はPCと家庭用ゲーム機向けにリリース決定

集英社ゲームズは、インディーゲームの祭典INDIE Live Expo 2022にて『Captain Velvet Meteor: The Jump+ Dimensions』などの最新情報を公開した。

【講談社ゲームクリエイターズラボ】『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が8月6日に配信決定

2022年5月22日に開催されたインディーゲームのオンラインイベント“INDIE Live Expo 2022”にて、講談社ゲームクリエイターズラボの3タイトル、『FAMILY BATTLE タッグアリーナ』『違う冬のぼくら』『十三月のふたり姫』が2022年8月6日に発売されることが明らかにされた。

『シン・ウルトラマン音楽集』(6/22発売)のジャケットと収録内容詳細が公開。44Pブックレットには鷺巣詩郎作曲のフルスコア2曲を収録

現在公開中の映画『シン・ウルトラマン』の劇中使用楽曲を集めた2022年6月22日(水)発売の音楽集CD『シン・ウルトラマン音楽集』のジャケット・収録内容詳細が公開された。

神と人との戦いを描く2D探索アクション『LOST EPIC』PS5/PS4版が7月28日発売決定、Steam版も同日フルリリース

ワンオアエイトによる2D探索アクション『LOST EPIC』(ロストエピック)がプレイステーション5、プレイステーション4向けに、7月28日にリリース予定であることが明らかにされた。早期アクセスで提供されていたSteam版も、フルリリース版が同日の7月28日に配信される。

“ウルトラマン特集”ファンが選ぶ10エピソードが6月25日にファミ劇で再放送決定。本作のファンで知られる田村亮、宮島咲良、荒井義久のコメントも到着

2022年6月25日(土)、ファミリー劇場は“「ウルトラマンHDリマスター版」ファンが選ぶ10エピソード”を再放送する。第23話“故郷は地球”や第39話“さらばウルトラマン”などが選出されている。

『呪術廻戦』より七海建人のフィギュアが登場。ネクタイを緩める仕草で大人っぽさを表現

2022年5月18日(水)、コトブキヤはフィギュア“ARTFX J 七海建人”の予約を開始した。

『SIGNALIS』2022年秋発売決定。名状しがたき奇怪な世界と物語が堪能できる、往年の名作にインスパイアされたコズミックホラー

PLAYISMはrose engineが開発するサバイバルホラーゲーム『SIGNALIS』のSteam版をHumble Gamesと協力して、2022年秋に発売することを発表した。

『ティモシーとムーの塔』Steamにて8月9日発売決定。古きよきレトロゲーム風味の高難度塔登り2Dアクションゲーム

PLAYISMはKibou Entertainmentが開発する高難易度塔登り2Dアクションゲーム『ティモシーとムーの塔』をSteamにて2022年8月9日に発売することを発表した。