ソニー新型タブレットでPSタイトルが動いた 未来を予感させるサクサク動作に期待度◎!

Android ビジネス
ソニーの新型タブレット2機種が発表された“Sony IT Mobile Meeting”の模様をお届け。『クラッシュバンディクー』がタブレットで動いちゃってます!

 2011年4月26日、六本木ミッドタウンにて行われたソニーのモバイルビジネスの今後の展開に関する発表会“Sony IT Mobile Meeting”が行われた。すでにお伝えしているとおり、発表会では新型のタブレット端末“Sony Tablet(ソニータブレット)”の2機種が発表された。発売は2011年秋以降。

S1_04_0426
S2_02_0426

▲大画面タイプのS1(左)と折りたたみタイプのS2(右)

 “Sony Tablet(ソニータブレット)”の紹介を務めたのは、ソニー 業務執行役員 SVP コンスーマープロダクツ&サービスグループ デピュティプレジデントの鈴木国正氏。鈴木氏はソニータブレットの4つの特徴を挙げ、それらをもとに実機での機能紹介を行った。

DSC_0097003

1、Optimally Designed Hardware & Software
最適化されたハードウェアデザイン&ソフトウェア

S1では上部が膨らんだ“偏重心デザイン”を採用し、軽量感と安定性を実現。S2では上下の画面に映像と操作パネルを振り分けるなど操作のしやすさと閲覧性の高さを両立した。

S1_03_0426
S2_01_0426

Android 3.0を採用するほか、独自の技術でブラウザなどの高速起動や動作を実現している。デモンストレーションでは、同機能の搭載/否搭載でブラウジングにかなりの差が現れることが確認できた。また、メーラーの作りもかなり研究しているようで、非常に見やすく、かつ指に吸い付くような滑らかな動作が見られた。

DSC_0137004
DSC_0143

3、Netwaork Entertainment
ネットワーク エンタテインメント

音楽、ビデオコンテンツなどを提供するプラットフォーム“Qriocity(キュリオシティ)”、オンラインブックストア“ReaderStore(リーダーストア)”に対応するほか、ほかのサービスを活用しているユーザーに有益な情報も。「すでにiTunes、ウインドウズメディアライブラリなどで大量の音楽データを持っている場合でも、それらをクラウド上で管理できる“マイライブラリ”機能を予定しています。これを使えばソニータブレットやプレイステーション3からいつでもどこでも音楽を楽しめるようになります」(鈴木)

DSC_0150005
DSC_0156006
DSC_0186013
DSC_0185012

4、Cross-deviceConnectivity
様々な機器との連携

テレビやHDDレコーダー、アンプなどの機器のリモコンとして使用できる。タブレット内のコンテンツを無線でテレビに映し出すなどの機能も搭載している。

DSC_0167008
DSC_0168009
DSC_0169010

 このほかにゲームファンがもっとも気になっているのは、“PlayStation Suite”への対応という部分だろう。発表会ではプレイステーション用ソフト『クラッシュバンディクー』を実際にタブレットでプレイするデモンストレーションも見られた。S1、S2ともにバーチャルパッドと呼ばれる液晶画面上の擬似ボタンでの操作になるが、アクションゲームにも関わらず、操作に戸惑うことはなさそうだった。とくにS2は、操作ボタンが別画面に分かれていて液晶画面に指がかからないため、既存の携帯型ゲーム機に近い感覚で遊べるようになりそうだ。

DSC_0163007
DSC_0187014

 また、発表会には米グーグルからアンディ・ルービン モバイル担当上級副社長も応援に駆けつけ「父親の影響でガジェット好きになったが、これで親子2代でソニーと深いパートナーになったことになる」とコメント。今後も全面的に協力していくことを約束した。

 ふたたび鈴木氏が登壇すると、少女が写った一枚の画像を紹介。「この驚きとも好奇心ともつかないなんとも言えない素敵な表情をご覧ください。ソニーはこれからもこういう顔が見られるように、ユーザーの皆様にとって刺激的な製品を作り続けていきたい。とくに今年は、メディアの方たちを忙しくさせますよ」(鈴木)と締めくくった。最後に、今回発表となったソニータブレットは、まだまだ未知の点が多いものの、非常に魅力的で先進的なガジェットで、先行するiPadを追いかけるだけの実力は十分にあると感じた。今後の続報にも期待したい。

DSC_0216017
DSC_0217018

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

日本最大級のインディーゲームイベントがついに東京上陸! BitSummit Roadshow: Tokyo 2018リポート

日本最大級のインディーゲームイベントBitSummit初の東京開催イベントBitSummit Roadshow: Tokyo 2018が、2018年9月19日、東京都渋谷区のイベントスペースにて開催された。

チアキと初めての面会! 『囚われのパルマ Refrain(リフレイン)』ステージ&試遊ブースリポート

東京ゲームショウ2018のカプコンブースで開催された、『囚われのパルマ Refrain(リフレイン)』ステージの模様をお伝えする。

『JUMP FORCE』キルア、クラピカ、幽助、戸愚呂(弟)参戦! 「ゴンさんへの変身はバトル中1度きり」ほか最新情報が公開【TGS 2018】

2018年9月20日から23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、『JUMP FORCE(ジャンプフォース)』スペシャルステージにて公開された新情報を紹介する。

【フォートナイト】炸裂、ビクトリーロイヤル!? 限定スキン”ロイヤルボンバー”を使ってみた

Epic Gamesがサービスを提供中の人気バトルロイヤルTPS『フォートナイト』。同ゲームとのタイアップキャンペーンとして、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2018年8月23日より期間限定で新品のプレイステーション4を購入すると入手できる限定スキンである”ロイヤルボンバー”を使用した。

呂布の“神格化”が発表! 『無双OROCHI3』発売直前ステージリポート【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日にコーエーテクモゲームスのブースにて、『無双OROCHI3』発売直前ステージが行われた。呂布の“神格化”などが発表された同ステージの模様をお届けする。

KICK THE CAN CREWのMCUがゲーセン店員役でゲーム内に登場! PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』初日ステージをリポート【TGS2018】

東京ゲームショウ2018ビジネスデイ初日にセガゲームスのブースで行われたPS4『JUDGE EYES:死神の遺言』初日ステージをリポートする。

『F1 2018』本日(9月20日)発売!新トレーラー2本が公開&抽選で本作特製プレゼントが当たるTwitterキャンペーン開催

ユービーアイソフトは、プレイステーション4用ソフト『F1 2018』が本日(2018年9月20日)発売したことを発表した。また、発売を記念してトレーラー2本とTwitterキャンペーンの詳細も公開した。

押切蓮介先生も登場! 『カプコン ベルトアクション コレクション』ステージリポート【TGS2018】

東京ゲームショウ2018のカプコンブースで開催された、『カプコン ベルトアクション コレクション』ステージの模様をリポートする。

『ネルケと伝説の錬金術士たち』TGS試遊版やステージイベントの見どころは? 菊地P&細井Pインタビュー【TGS2018】

TGS2018に試遊出展されている『ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜』について、菊地啓介 開発プロデューサー、細井順三 総合プロデューサーにインタビュー。TGS2018試遊版への手ごたえや、今後の展開について語ってもらった。

名は体を表す! 『夢現Re:Master』のタイトルは略称“ゆリマスター”から付けられた!?【TGS2018】

2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。本日9月20日、KONAMIブースにて、工画堂スタジオの新作タイトル『夢現Re:Master』が発表された。ここでは、そのステージイベントの模様をお届け。