HOME> ニュース> 新宿ヨドバシカメラは予約販売のおかげでスムーズに販売【ニンテンドー3DS発売日リポート】

新宿ヨドバシカメラは予約販売のおかげでスムーズに販売【ニンテンドー3DS発売日リポート】

DS
ニンテンドー3DSの発売日リポートをお届けする。新宿のヨドバシカメラ西口本店ゲーム・ホビー館では、予約分の販売のみとあって、大きな混乱もなくスムーズに販売された。

●大きな混乱などはとくになし

NY1_9149

 ようやく2011年2月26日に発売された、任天堂の新ハード、ニンテンドー3DS。ファミ通.comでは、各地の発売日の模様をお届けする。

 新宿のヨドバシカメラ西口本店ゲーム・ホビー館では、予約分の販売のみとあって、早くから並んでいた人は30人ほど。販売開始時刻である午前8時半を前に徐々にやってくる人が増え、8時ごろには50〜60人ほどに。当日販売はないかと尋ねる人もちらほらいたが、とくにそれ以上の混乱はなく、スムーズに販売されていた。

 なお、同日発売の某玩具の当日販売について結構な行列ができていたのだが、買い終わった人がニンテンドー3DSの試遊台が置いてあるフロアーに立ち寄って体験する姿なども見られた。

NY1_9319
NY1_9299
NY1_9305
NY1_9178

▲新ハードの発売とあって、寒風吹きすさぶ中、体を張って楽しむ人も。写真はMEGWIN.TV(http://megwin.com/)を主催するMEGWIN氏。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『Xenoblade2(ゼノブレイド2)』など任天堂新作タイトルの情報が満載!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月2日号(2017年10月19日発売)では、任天堂新作タイトルのスクープ情報をお届け。本誌初公開の『Xenoblade2(ゼノブレイド2)』など、最新情報が目白押しだ!

あの男が帰ってきた! 公式生放送“イナズマウォーカー”特番配信直前超次元スクープ!!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月2日号(2017年10月19日発売)に掲載される、『イナズマイレブン』シリーズ連載“帰ってきたイナズマ通信”では、本誌が極秘入手した超次元選手の情報を初公開! 2017年10月21日(土)20時から配信予定の公式生放送“イナズマウォーカー”の特番となる“3世代主人公集結!イナズマイレブン本格始動SP”の内容に迫ります。

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』新イベントや新ガシャの情報を公開!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月2日号(2017年10月19日発売)では、スマートフォン用ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の最新情報をお届け。

『装甲娘』事前登録数が5万人を突破! シナリオライター、主要イラストを手掛けるクリエイターも明らかに

DMM GAMESは、事前登録受付中の『装甲娘』PC版について、事前登録者が5万人を突破したことを発表した。

『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』DLC“みんなのハロウィンコスチューム2017”が配信開始

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、Steam用ソフト『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』について、2017年10月17日より、ダウンロードコンテンツ“みんなのハロウィンコスチューム2017”の配信を開始した。

『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』サウンドトラックが11月22日に発売、ショップ特典も公開

スクウェア・エニックスは、2017年11月22日に『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』オリジナルサウンドトラックを発売する。価格は2500円[税別]。

『原由実の○○放送局 大盛』次回はミニスーファミをプレイ!

2017年10月18日(水)20時からの『原由実の○○放送局 大盛』は、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンで遊びます。

『ガンダムバーサス』追加機体“アルヴァアロン”と“バスターガンダム”が配信開始、「グゥレイトォ!」な紹介動画も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用『ガンダムバーサス』にて、追加機体“アルヴァアロン”と“バスターガンダム”の配信を開始した。価格はそれぞれ602円[税抜]。

『アサシン クリード オリジンズ』世界同時発売、迫る! 古代エジプトを舞台に描かれる“アサシン”の起源の物語、その一端をここに【先出し週刊ファミ通】

2017年10月27日に世界同時発売を迎える『アサシン クリード オリジンズ』。ユービーアイソフトの総力を結集して生まれた未曽有のオープンワールド、そこで展開する本作の魅力を発売直前特集で徹底解説!

『慟哭 そして…』約20年の時を経て、あの“恋愛サスペンスアドベンチャー”が復活!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2017年11月2日号(2017年10月19日発売)では、El Diaから発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『慟哭 そして…』の魅力をお届け。