HOME> ニュース> 『天外魔境 JIPANG7』は一風変わったブラウザゲームに

『天外魔境 JIPANG7』は一風変わったブラウザゲームに

PC ゲーム ブラウザゲーム
アルケミアは2011年1月18日、新作『天外魔境 JIPANG7』のプレス向け説明会を開催した。プロデューサーに西健一氏、ディレクターに澤紫臣氏を迎えて開発中の新たな『天外魔境』の姿をお伝えする

●1クールごとに展開する新たな『天外魔境』の世界

ONI_1785

 アルケミアは2011年1月18日、新作『天外魔境 JIPANG7』のプレス向け説明会を開催した。プロデューサーに西健一氏、ディレクターに澤紫臣氏を迎えて開発中の新たな『天外魔境』の姿をお伝えする。

 説明会が行われたのは、シリーズを手掛けてきたレッド・エンタテインメントのオフィス。澤氏はこれまで多くのオンラインタイトルに関わった経験があるが、『天外魔境』というIPは「エポックメイキングなシリーズ」であるがゆえ、「単にRPGとかシミュレーションと括れるゲームでは(期待などを含めた)プレッシャーをはねのけられない」と語った。そこでキーとなるのが、家庭用ゲーム機向けに多くの独創的なゲームを手掛けてきた西氏の存在だ。オンラインゲームは比較的「殺すばかりのゲームが多い」として、「人と仲良くできるとか、協力できるところをフィーチャーしたい。コミュニケーションを軸に置きたい」と語る西氏。

ONI_1818
ONI_1821
ONI_1811

▲澤氏が私物のコレクションを披露。

▲レッド・エンタテインメントのトニー・福井氏もあいさつを行った。

youso

 では“戦乱ソーシャルオンライン活劇”を掲げる本作の実際の内容を解説していこう。FLASHベースのブラウザゲームとなっており、ビジネスモデルとしてはプレイ料金無料のアイテム課金制を採用。時代は『天外魔境II 卍MARU』の1000年前となっているが、これまでのシリーズでその時代に生きていたはずのキャラクターは本作にも登場するとのこと。世界はヨミの完全復活をたくらむ“根の一族”が各地で育てている“暗黒ラン”の脅威にさらされており、プレイヤーは暗黒ランの根を切って冒険をしながら、ジパングを危機から救うのが目標。

 スクリーンショットを見てもわかるように、“大暗黒ラン”が成長するまでの時間がシステム側で設定されており、その対決をもってゲームが一旦エンディングを迎えるようになっている。1シーズンは3カ月ほどで、後述する“絵札”など、翌シーズンへの引継ぎ要素もある。

 プレイヤーはマップ中に“あばら屋”を持つことができ、ここを拠点とする。マップは100画面×100画面の広さを持っているが、プレイヤーのあばら屋として割り当てられる場所は大体決まっており、周囲に誰もいなくて困るようなことはないらしい。

field01
field02
field03
field04

▲マップ上にはあばら屋が点在。それぞれがプレイヤー個人の家となっている。

 あばら屋で中心となるのは“火田”と祠。火田にはさまざまなアイテムを埋めることができ、収穫物を素材として祠で合成すると戦闘で使用する“絵札”が手に入る。成功したレシピは、それが偶然でない限り、どんな絵札ができたか保存しておくことができる。西氏は農園要素をフィーチャーした理由として「戦乱の世といっても戦争ばかりしているわけではない」と述べた。根の一族の城を潰しに行かずに、個々の生活を送っている人も当然いるというわけだ。

hatake00
hatake01
hatake02
hatake03
hatake04
hatake05
hokora03
hokora04
hokora05
hokora06
hokora07
hokora08
hokora09
hokora12
Store06
Store08

▲課金アイテムは火畑の栽培や、行動ポイントの回復を早めるなどの補助アイテムがメインになる予定。

 フィールドにあるモンスターのシンボルをクリックすると戦闘に。戦闘は絵札を出し合い進行していく。絵札には、効果・じゃんけんの手・使用回数(有限のものと無制限のものが存在)・消費スロットといった属性があり、プレイヤーは自分の所有スロット内で手札を構成していく。

 戦闘はほぼオートで進行し、絵札を出し合うとじゃんけんが判定され、勝った側が先攻として有利な攻撃をくり出す。後攻が攻撃するとふたたび絵札を出し合い、これをくり返していく。プレイヤーの体力がゼロになると敗北し、あばら屋へと戻されるのだが、その前に戦いの進行を振り返ることができる。ココがユニークなポイントだ。敵の手札は基本的に固定されているので、敵の手札を見直し、じゃんけんであいこにして強力な攻撃を相殺するようにしたり、敵を上回るカード数を用意して削っていったりと、構成を変えることで勝つチャンスが生まれてくるのだ。

Battle01
Battle02
Battle05
Battle06
Deck
Deck02
Deck04

 誤解を恐れずにあえて表現すればソーシャルゲーム的とでも言えそうな本作の特性は、ダンジョン探索などのプレイ要素にも見て取れる。ダンジョンでは前述の戦闘を続けて行っていくというもので、画面はより簡略化される。ダンジョン攻略にはそれなりの時間がかかるので、プレイヤーは仕掛けたまま放置したり、ログアウトしてしまってもいい。攻略すれば徳(経験値)や素材が手に入るし、失敗したら手札の構成を見直して、勝てる目はあるのか検討すればいいのだ。

 フィールドの通行を邪魔するオブジェクトとして存在する暗黒ランの根を切っていくのも冒険を進めるにあたって重要な仕事だが、これも切り始めたらしばらくかかるので放置したっていいし、そもそも近隣の他プレイヤーがすでに切っていることすらある(ただし敵や根は一定時間で復活する)。

 ラスボスとの戦闘は全プレイヤー参加のものとなるが、必ずしも前線で戦闘する必要はなく、役割分担により、それぞれのプレイスタイルに合った貢献が可能になる模様。澤氏の表現を借りれば、世界存亡の危機であっても「俺の家の団子もってってくれ!」と補助をする生き方もあるのだ。

dungeon01
dungeon02
f

 コミュニティ要素にも、同期型と非同期型のコンテンツがある。もちろんフレンド登録や団(ギルド)を結成することができ、空き地を占拠してメンバーで共有できる火田と祠団の砦を持つことも可能だ。それだけではなく、“暇設定”を行うことで、オフライン状態のフレンドと冒険したり、あるいは逆にオフライン状態のプレイヤーと戦うこともできる。

Friend1
Friend2
Friend06
hima01
pvp04
okaeshi_omiyage03

▲協力・対人戦だけでなく、おみやげを贈りあって交流を深めることもできる。

 最後に特報として、田中公平氏がサウンドを手掛けること、クローズドβテストを1月31日より開始することが発表された。今後の機能追加を見込みながら開発しているとのことなので、両氏にどんなゲームにしたいか、自身の経験をどう活かしていくかをうかがったところ、西氏は「ブラウザゲームは数値とにらめっこになっちゃって、手触り感みたいなものが薄い」として、家庭用ゲーム機向けのタイトルで培ってきた“手触り感”を出せるようにしたいとコメント。澤氏は「オンラインゲームはコミュニケーション」として、プレイヤーが生活するプラットフォームであるゲーム世界でできることを増やしていきたいと語っていた。

ONI_1846
ONI_1827

(C)HUDSON SOFT (C)RED ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の関連URL

この記事の個別URL

その他のニュース

『ファークライ5』主人公はよく捕縛されますが……脱出も一筋縄ではいきません

事あるごとに捕縛されてしまう『ファークライ5』の主人公。そのドラマチックな脱出劇を一部紹介。

『WoWS』×『アズレン』コラボ内容と実装時期がトークイベントで公開、艦長キャラや計画艦が相互に登場!

2018年4月21日、『WoWS』と『アズレン』のコラボ記念トークイベントで、コラボ内容が公開された。裏話も飛び出したイベントの内容とともに紹介する。

『CoD: WWII』プロ対抗戦スケジュール&結果まとめ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。本大会のスケジュールと結果を公開。(記事は随時更新予定です)

エムツーショットトリガーズ『ケツイ 〜絆地獄たち〜(仮題)』にはパッケージ版&追加DLCが! 最新情報山盛りのケイブ祭り2018“友軍エムツーによるトークショー”をリポート

2018年4月21日、秋葉原UDXビルのアキバ・スクエアにて開催された“ケイブ祭り2018 ケイブ隊がにゅ〜隊式”において行われたエムツーステージにおいて、エムツーショットトリガーズ最新作となる『ケツイ 〜絆地獄たち〜(仮題)』(プレイステーション4/発売日未定)の最新情報が公開された。

『WoWs』×『アズレン』コラボ内容が発表、7キャラが艦長として登場!

2018年4月21日、WargamingはPC用オンライン海戦ストラテジーにおいて、スマホアプリ『アズールレーン』とのコラボレーション内容を発表した。

【速報】エムツーショットトリガーズ『ケツイ 〜絆地獄たち〜(仮題)』はパッケージ版も発売!

2018年4月21日、秋葉原UDXビルのアキバ・スクエアにて開催中の“ケイブ祭 2018”において行われたエムツーステージにおいて、エムツーショットトリガーズ最新作となる『ケツイ 〜絆地獄たち〜(仮)』(PS4/発売日未定)の新情報が公開された。

ゲームユーザーの意見箱 from ファミ通.com【最新ソフトプレゼント】

ファミ通.comが掲載した2018年4月14日〜2018年4月20日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『P3D』&『P5D』発売前夜祭“Persona Show Case”一般チケット販売開始&販売グッズ情報も

アトラスから発売予定の『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』と『ペルソナ5 ダンシング・ムーンナイト』の発売記念イベント“Persona Show Case”について、2018年5月17日、18日両日の一般チケットが販売開始。さらに、会場で販売されるグッズの情報も公開に。

『レディ・プレイヤー1』公開記念! オリジナルトートバッグをファミ通読者にプレゼント

2018年4月20日より全国公開が始まった映画『レディ・プレイヤー1』。本作の公開を記念し、オリジナルデザインのトートバッグをファミ通読者にプレゼント。