HOME> ニュース> 中村繪里子、沼倉愛美、長谷川明子が語る『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2』シリーズの聴きどころ

中村繪里子、沼倉愛美、長谷川明子が語る『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2』シリーズの聴きどころ

ゲーム Xbox 360 インタビュー
『アイドルマスター2』のゲーム中に登場するアイドルたちが歌うCD『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2』シリーズが発売される。今回、CD発売に向けて、天海春香役の中村繪里子、我那覇響役の沼倉愛美、星井美希役の長谷川明子の合同取材が行われた。

2010-10-04

●各楽曲の聴きどころ、そして新春ライブを3人が語る!

 バンダイナムコゲームスから2010年春に発売予定の『アイドルマスター2』。ゲームの発売に先駆けて、ゲーム中に登場するアイドルたちが歌うCD『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2』シリーズが発売される。第1弾は、9月22日に発売された『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 Prologue』。そして、第2弾として11月3日にキャラクターごとのCDアルバム『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 01 天海春香』、『同 02 我那覇響』、『同 03 星井美希』が発売となる。今回、そのCD発売に向けて、CDの発売元である日本コロムビアにて、天海春香役の中村繪里子、我那覇響役の沼倉愛美、星井美希役の長谷川明子の合同取材が行われた。ゲーム同様に一新される新CDシリーズについてのインタビューをお届けしよう。

imas22

▲左から、長谷川明子(星井美希役)、中村繪里子(天海春香役)、沼倉愛美(我那覇響役)。

imasjc01
imasjc02
imasjc03

――まず中村さん、天海春香の新曲『START!!』の完成版を聴いてみた感想は?
中村 できあがったものを聴くと、収録していたときのカラオケと雰囲気が変わっていて、かなりグルーヴ感が強く、広がっていくイメージがありました。『アイドルマスター2』に向けてのまさにスタートだなという印象を受けましたね。収録の時はヘッドフォンをつけてひとりで録っていたんですが、今回楽曲を生演奏でやっていただいているということで、ひとりではなく支えてもらっている感覚、楽器といっしょにセッションしている感覚が収録のときからあったんです。それでも、できあがったものを改めて大きいスピーカーで聴くと、さらに世界が広がっていくなという感じがしました。発売日が11月ですので、時期的には新しい物事を始めるにはちょっとずれちゃうんですが、11月は私の誕生日なので、中村のスタートにもなったらいいなと、小ズルく思ったりもしたり(笑)。挑戦する力をもらえそうな曲だと思います。

――続いて沼倉さん。我那覇響の新曲『TRIAL DANCE』はまだ完成していないので、『MASTER ARTIST 2』シリーズの共通新曲『MEGARE!』の感想をお願いします。
沼倉 今回、響がソロでCDを出させていただけるということで、私も全曲気合いを入れて歌わせていただきました。ほかの曲がアイドルとしての響のイメージを出して、カッコよさや、アイドルとしてがんばっている響を表現したのに対して、この『MEGARE!』は素のままの響を歌わせてもらいました。Aメロがセリフっぽい歌詞になっていたので、ここはキャラらしさを存分に表現できるところだなと思いまして。さっき繪里子さんが2番のAメロの「ズバーンて感じでよろしくちゃ〜ん!」というところを好きだって言ってくださったんですが、そこも思い切りやらせていただいて、すごく楽しかったですね。もともと響が持っている明るさや、突き抜けた無邪気なイメージが出せたんじゃないかなと思います。今回の『MEGARE!』はそれぞれのアルバムにソロのバージョンで入っていますが、みんなが歌っているバージョンを聴いたらもっとおもしろい曲になるんじゃないかなと思って、それもいつか皆さんに聴いてもらえる機会があるといいなと思いました。

――長谷川さん、星井美希の新曲『Day of the future』の完成版を聴いてみた感想は?
長谷川 じつは、この曲は最初にいただいたときはキーが低いバージョンで歌っていて、歌いかたも私個人寄りのもので歌っていたんです。でも、収録の当日にキーを上げてもっとキャラクターに寄せようと、けっこう時間をかけて作っていたんですね。ですから、今回聴いてみて、出だしからキーが上がっていて、とても美希っぽくなっているなって思って、自分でもビックリしました。収録時は、アレンジもラフなバージョンだったので、完成版のアレンジで「カッコいいギターソロ、きたー!」と喜んじゃって(笑)。これも収録時のバージョンにはなかったんです。よりカッコよくなっていてうれしかったですね。

――沼倉さん、今回聴けませんでしたが、新曲の『TRIAL DANCE』はどんな曲か教えていただけますか。
沼倉 タイトルどおりダンス曲になっているんですが、あの中西圭三さんに作曲をしていただきまして。なんて言うんでしょう。もうビックリしたとしか言えないですね(笑)。けっこうドキドキしながら収録させていただきまして、最初は『MASTER SPECIAL』の響の曲『Next Life』のように歌ったら、「もっとみんなに呼び掛けているような、響らしい感じで歌ってくれ」と言われまして。それで改めて歌ってみたところ、思った以上に楽しい曲になりましたね。最初はカッコいいという印象が強かったんですが、歌い終わったときにはまだ未完成のアレンジだったものの、思った以上に盛り上がれる楽しい曲になったなと感じました。皆さんに聴いていただける日が楽しみで、どう思ってもらえるかなとドキドキしつつ、その時を待とうと思います。

――『Next Life』とは違った魅力がありますか?
沼倉 そうですね。また違った顔が見えたかなと。素敵な曲になりました。

imas01
imas02
imas06

――では、続いてカバー曲のレコーディングはどんな感じでしたか?
中村 今回は3人でユニットのような感じで『Tip Taps Tip』という曲をカバーさせていただきました。ただ、アルバムごとにアレンジやバージョンが変わっていて、誰がフィーチャーされているのかが変わるようになっているんです。それで、この曲を収録していたらスタジオにゴキブリが……。
長谷川 ひぃ―――!
沼倉 ブースの中!?
中村 ブースの中! チョロチョロって動いていて、「は―――!」ってすごくビックリしたんですが、それまではアレンジを担当してくださった曲のディレクターさん、『アイマス』シリーズの歌部分のディレクターさん、そして歌っている自分と、みんなそれぞれがどんな方向性で行くかがバラバラだったんです。それが「ゴキブリ出たー!」ってことですごい一致団結できました(笑)。
長谷川 そこ? そこなの?(笑)
沼倉 やっぱりライバルがいるといいんですね(笑)。
中村 そうかも(笑)。それで「あいつ倒すぞー!」みたいな話になって。本当は殺生の話なので、捕まえて逃がしてあげられればよかったんですが、その余裕がなかったので、必死に「洗剤はないか」、「武器はないか」とやりながら30分くらい時間を浪費してしまったんです。ですが、結果的にみんなの気持ちがひとつになって、そのあとの収録も乗り切ることができました。さらに、そのあとふたりが歌ったのを聴いてみると、イヤだったゴキブリさんの思い出が払拭されて、楽しい感じ、ビックリする感じに仕上がったなと。そして、ソロでカバーさせていただいた『世界でいちばん頑張ってる君に』は、原曲とはキーが違うものとしていただいたんですが、『START!!』とも、春香がフィーチャーされたバージョンの『Tip Taps Tip』とも違うミディアムバラードに近い歌でした。春香のいままでの16歳で「元気でがんがん行きますよー!」っていうイメージからひとつ大人になって、自分のためだけじゃなく、みんなのためにもがんばる、支えになる気持ちというのがマッチしているかなと感じながら歌えました。この曲が制作スタッフの皆さんともいちばんイメージがうまく噛み合えたので、かなり好きな曲になりましたね。しかもですね。今回、アルバムの収録曲が発表されたあとに、この曲をリクエストをしてくださったプロデューサーさん(『アイドルマスター』のユーザー)から、「僕がリクエストした曲が採用されたと聞いて、すごくうれしいです」というお手紙をいただきまして。そのお手紙を見たのは、収録が終わった直後だったんですが、たくさんのプロデューサーさんに聴いていただけることもそうですし、実際にプロデュースしてくれた方も楽しみにしてくれているんだっていう、二重の喜びを感じることができたので、すごくうれしいなと思っています。

imas07
imas09
imas10
imas21

――では、沼倉さんは?
沼倉 完成版の『Tip Taps Tip』のバージョン、アレンジは、収録時から変わっておりまして。最初いただいたときは原曲をちょっとだけロックっぽくしたもので、そのときはまだ原曲のイメージに近い感じで歌おうと思っていたんですが、いざゴキブリが出たスタジオ(笑)に行ってみたら、さらにカッコいいアレンジになっていたんです。それで、これはかわいく歌えないぞと。代わりに、わりと響が得意としているライブ感を重視したように歌わせていただいて、原曲とガラッと違うイメージになりました。でも、それはいい味、いいダシが出たようなものになっていたので、アレンジも歌い手も違う、いろいろなな楽しみかたができるものになりました。ソロのカバー曲は、『涙そうそう』を歌わせてもらったんですが、とうとう来たかと(笑)。いままで『MASTER SPECIAL』と『MASTER SPECIAL SPRING』で、響のカバー曲リクエストの機会をいただいたんですが、そのどっちかで沖縄系の曲を歌うかしらと思っていたら、なかなかそのときには機会がなくて。だから、もしかして歌う機会はないのかな、と思っていたタイミングでの沖縄曲でした(笑)。夏川りみさんが歌ったアレンジに近いアレンジで歌ったんですが、夏川さんがすばらしすぎて、最初自信がなかったんです。でも、出身地が明確になっている響が沖縄の曲を歌うということを考えたときに、うまく歌うのではなく、沖縄を想って歌う響そのままで歌えばいいのかなと思って歌いました。冗談半分として聞いていただきたいんですが、響バージョンを聴いた後に原曲は聴かないでください(笑)。いや、半分本気で言ってますけど(笑)。
中村 絶対聴くなよーって(笑)。
沼倉 そうそう(笑)。故郷を想って、しっとり、ゆったりと落ち着いて歌う響というのは、いままで見せる機会もなかったので、そういう面でも新しい響が見せられるんじゃないかなと。楽しみにしていただきたいですね。

――では、長谷川さんは?
長谷川 『Tip Taps Tip』は私のときはG様は出ず、滞りなく(笑)。
沼倉 スタジオも違ったんですよね?
長谷川 そうなの。
中村 あ、そうなんだ。くそー!
長谷川 なんで、「くそー」!? 最初原曲を聴いたときはラップだったので大丈夫かしらと思ったんですが、いざ歌ってみたら、“〜してみてよ”とか“〜じゃない?”っていう女の子のしゃべり口調そのままだったので、美希として歌いやすくて、歌の表情も美希っぽく付けられたかなという感想です。私は、まだおふたりの『Tip Taps Tip』は聴いていないので、楽しみですね。同じ曲だけど、歌いかた、アレンジ、表情の付けかたが違うので、どうなっているのか皆様といっしょに楽しみにしたいと思います。そして、ソロでは『Squall』をカバーさせていただいたんですが、美希にとっては珍しいしっとりした曲だと思います。『Day of the future』は、美希の中の明るさだったり、前向きさだったりと、ある意味強い部分が表現できたと思っているんですが、『Squall』は正反対で、いままで美希で歌わせていただいた曲の中でも、こんなにしっとり歌うのはなく、初めてじゃないかなと思います。プロデューサーさんを一途に思っている美希のかわいさが表現できてたらいいなと思って歌わせてもらいました。

imas03
imas04
imas05

――皆さん、ジャケットをお持ちですが、ジャケットデザインについて感想をお願いします。
中村 めっちゃかわいいなって思いました。
沼倉・長谷川 かわいいです(笑)。
中村 前回、『MASTER SPECIAL』ではアイドルをしているイメージだったんです。それが、今回は普段着っぽくて、しかもうしろにあるカバンが、旅行カバンにも見えて。いっしょに音楽の旅をスタートしましょうという感じで、このCDシリーズとしてもそうですし、何かが始まっていくというのを感じました。ただまったく気負いがないのがポーズにすごく現れていて、がんばらずに自然体で歌えるようになったことも象徴されているのかなって思っています。さっき、ぬー(沼倉愛美の愛称)に言われたんですけど、私の使っている鏡が、春香が着ているシャツと同じ模様だったんです。そういうところでも運命を感じましたね。先ほどの選曲してくださったプロデューサーさんのお話もそうなんですが、いろいろなものがつながって始まって行くなというのを感じました。

imas08
imas12
imas13
imas14
imas15

――では沼倉さんのジャケットへの感想は?
沼倉 見た瞬間に「響だ!」と(笑)。まさに響そのままのイメージだなと思いました。初めてのソロCDということで、「これからやっていくぞー」とか「がんばるぞー」、「やったぞー」みたいなうれしさや、やる気、元気さがすごく現れているなと思って。大きくなったねと言う感じです。
中村 なんでこれ半分短パンなの?
沼倉 やっぱり、いぬ美にかじられたのかしら(笑)。こういうダメージジーンズみたいなものを着ていると、だいたい皆さんに「動物にかじられたの?」と言われるんですが、その可能性もなくはないなと(笑)。新曲の『TRIAL DANCE』をこの衣装で歌っていたのかなというイメージがありますね。チャームポイントであるポニーテールのリボンも色がところどころで違って、意外とそういうところに気を遣っているのね、がんばっているのねって思ったり。響らしさがすごく押し出されている感じですね。さっき繪里子さんと言っていたんですが、それぞれ、ちょい上から、真上から、ちょい下からとアルバムごとにカメラアングルが違っていて。そういうところも杏仁豆腐さん(ジャケットのイラストを手掛けるイラストレーター)のすばらしさがでているなと。センスいいですねー。

――では、長谷川さんのジャケットへの感想は?
長谷川 美希は『アイマス2』になって髪形がお姉さん風になっていたので、イラストでどんな風に変わるのかなと思っていたら、やっぱりちょっとお姉さんになっていて、かーわいいーって思いました。星井っていう名前にも星が入っているし、『Day of the future』の歌詞にも“STAR”とあるんですが、やっぱり星に縁があって、イラストの美希もイヤリングが星型になっていたりしてかわいいなと。あと、ぬーぬーも言っていたんですが、腰が……。
沼倉 どうなっているんだと(笑)。
長谷川 ナイスバディだなと思いながら、お姉さんっぽくかわいく成長した美希を見てほしいなと思いました。
中村 左右違う靴下なのにおしゃれに見えるってなかなかないと思うんだよね。ふつう完全にドジっ子じゃん?
長谷川 衣装! 衣装ですから!
沼倉 確かに春香が履いていたら間違えたのかなと思いますよね(笑)。
中村 プロデューサーさん、失敗ですよ! 失敗! ってね(笑)。

imas16
imas17

――CD全体を通じてのアピールポイントを教えてください。
中村 これまでと同様に今回のアルバムも、トーク部分と曲を組み合わせた構成で、曲だけでもドラマだけでもなく、両方が融合してひとつの作品となるようになっています。今回それがさらに進化しているように感じますね。曲としては『MEGARE!』とか『Tip Taps tip』とか曲名だけを見るとみんな同じ曲を歌っているんですが、それをどう聴いていただけるかは3枚とも違うので、すべてを1トラック目から10トラック目まで再生していただいてからひとつの世界になるというのが、とても『アイドルマスター』らしい。『アイマス』の世界をたっぷり感じてほしいです。
沼倉 美希と春香の曲をすべて聴いたわけではないんですが、とにかく今回本当にクオリティーが高いんです。私が言うのもなんですが、自信を持って聴いていただけるんじゃないかなと。私たち演じている側もそうですけど、曲を作って録ってディレクションしている皆さんの愛が本当に詰まったもになっているなと思いました。トークも『アイマス2』になって、それぞれのキャラのご挨拶のようなものが入っていますし、いままでなかった面も見られるかもしれませんし、もっともっと深くそれぞれを知ることができるかもしれません。簡単に言っちゃえば全部聴いてくださいと言いたいです(笑)。私の中では美希の『Squall』が大ヒット……上映中じゃないや(笑)、一本の映画ができちゃうくらい大ヒット中です! オススメです!
長谷川 ありがとー。今回ジャケットを見ても曲もトークを聴いても思うんですが、アイドルでありながら10代から20前半の若い女の子のいろいろな表情が見られるなと。明るいキャラだから明るい歌ばっかり歌ってるわけでもなく、お仕事だったり学校だったり、いいことうれしいこと、そして悩みなどがいっぱいあると思うんですけど、そういうアイドルとしてもひとりの女の子としても持っているいろいろな表情がギュッと詰まったものになっています。皆さんにそれを余すところなく見て聴いてもらいたいですね。あと、個人的には美希の『MEGARE!』が好きです。全員が歌う曲はそれぞれの個性も出るし、表情も違うと思うんですが、今回『MEGARE!』では、久々に美希のマイペースなところを出せたんです。たぶん『すいみん不足』以来くらい(笑)。ぜひそこも注目して聴いてもらえたらなと思います。
中村 あとですね。今回二役やったので、気づいてもらえたらうれしいなって。
長谷川 あっ! ちょっ! 私もやりました!
沼倉 私、やってないです。ごめんなさい!
中村 二役作る原因を作ったのは響だから(笑)。って、これ以上言っちゃうとわかっちゃうかな。
長谷川 3枚のトークを全部聴いていただけたら……
中村 「このアルバムは、どれだけ愛だけで作っているんだ」というのを感じていただけると思うので、ぜひそんなところも楽しんでください。

imas11
imas19
imas18
imas20

――2011年1月にはパシフィコ横浜で、“THE IDOLM@STER 2 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY!! 2011”というライブが開催されますが、どんなパフォーマンスを披露したいですか?
中村 おそらく『START!!』を歌えるんじゃないかな。……歌いたいなあ。時期的に1月なので、まさにスタート、新しい年が始まるという気持ちを込めて歌いたいですね。あと、今後ほかのメンバーのCDも出ますが、もしかすると、誰と歌うか、何を歌うかはCDとはまた違う見せかたができるかもしれないので、CDそのままではないライブになるかもしれません。希望的観測ではありますが、7月に行われた“THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!”は、いかにもザ・ライブというものをやらせていただけたので、今回はライブという部分と同時にCDのようにトークもうまく両立して、CDと同じような世界観を構築できたらいいな……と思っているんですが、それは制作の方の仕事だよねー(笑)。
沼倉 どうなるかはまだねー。
長谷川 でも、言っておけばねー。伝わって……。
中村 記者の皆さんが記事を書いてくださったら、制作の方が「おっおっおっ!」って思って、もしかしたら取り入れてくださるかもしれません(笑)。
沼倉 私にとっては、私がデビューさせていただいたパシフィコ横浜でまた歌わせていただけることになります。2年半ぶりにパシフィコ横浜に立てるということで、あのころを思い出すと右も左もわからなく、皆さんが歌っているときにぶるぶる震えながら待っていたなーと。あれから時間が経って、少し成長できた私と響を見せることができるのかなと思います。何を歌えるかはわからないですが、私もぜひ『TRIAL DANCE』を歌ってみたいなあ。もしかしたら5周年ライブのときのようにまたダンスができたらいいなと思っているので、楽しみです。皆さんぜひぜひ足を運んでもらいたいなと思います。
長谷川 またこんなに大きな会場でやらせてもらえるなんて、本当にありがたいことですし、本当に幸せでスゴいなと思っています。うれしさといっしょに楽しさがありながら、私はやっぱりドキドキしてしまう部分もあるんですが、いざライブが始まってしまえば、皆さんと同じステージに立って、プロデューサーさんといっしょに楽しい時間が過ごせるんだなと思って、きっとドキドキが吹っ飛ぶくらい楽しんで盛り上がれると思うんです。ぬーぬーが『Day of the future』を聴いているときに、「ハイ! ハイ!」とライブのように盛り上がる振りをやってくれたんですが、そんな感じで私たちも楽しいしプロデューサーさんたちも楽しいというものにしたいですね。新年早々ですが、2011年のいちばん始めにその年にいちばん楽しい出来事がある日にしたいなと思っています。

――では、最後にファンの方にメッセージをお願いします。
中村 『アイドルマスター』が“2ndVision”となり、ゲーム本体のいろいろな動きがこれからも続いていくと思います。ですが、やはり皆さんが支えてくださってくれるからこそ、私たちも演者としてがんばっていけるので、どんな形でもかまいません、今回はCDという形で皆さんとつながることができましたし、私たち3人がそれぞれやっているラジオもありますし、どんな形でもいいので『アイドルマスター』というものを皆さんが育てていってくれたらすごくうれしいなと思っています。なるべく育てやすい、いい子でいようと思ってはおりますが……(笑)、いっしょに成長していければいいなと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。
沼倉 『アイマス2』の発売が決まりまして、今回初めて響をプロデュースしていただけるということになります。今回まず始めに『MASTER ARTIST 2』が、響の歌声や、彼女がどんな子なのかを知っていただける第一歩になると思います。どんなふうに受け取っていただけるかドキドキしているんですが、これからが彼女の本領発揮ということで、皆さんにはぜひお手に取っていただいて、少しでも響のいろいろな面を知っていただいて好きになってもらえたらうれしいなと思っております。これからもよろしくお願いします。
長谷川 今回こうやってまた新しいCD、新しい歌を皆さんに聴いたもらえる機会があるのが本当にうれしいですし、『アイマス2』というゲームが出るということもうれしいですし、嬉しい尽くしでこの喜びをプロデューサーの皆さんと分かち合いたいです。プロデューサーさんを始め、いろいろな方に感謝しながら、私も美希といっしょに成長して歩いてきたなという思いがあるので、これからもいっしょに美希と歩いて少しでも成長したところをプロデューサーさんに見せていけたらいいなと思います。『アイマス2』をどうぞよろしくお願いします。

imas23
imas24
imas25

■選抜レースの投票方法が発表された

今回の取材に合わせて、シングルCDとして今後発売される予定の『The world is all one !!』の歌唱ユニット決定方法についての続報が発表された。ネットでいろいろな憶測が飛び交っている歌唱ユニットの決定方法だが、バンダイナムコゲームス、日本コロムビアによれば、2010年10月8日(金)より、『アイドルマスター』のモバイルサイト“アイドルマスターモバイル”にて投票を開始するとのこと。無料会員含む、アイマスモバイル登録会員であれば投票が可能で、ひとり1回まで投票できる。CD購入などの必要はないとのことだ。また、ユニット候補が全部で6組に変更された。ユニット候補は以下のとおり。

●ユニット候補A 「MASTER ARTIST 2 01-03」(春香・響・美希)
●ユニット候補B 「MASTER ARTIST 2 04-06」(真・千早・貴音)
●ユニット候補C 「MASTER ARTIST 2 07-09」(雪歩・真美・やよい)
●ユニット候補D 竜宮小町(伊織・あずさ・亜美)
●ユニット候補E 社員(小鳥・律子P・プロデューサー)
●ユニット候補F 765プロみんなで合唱(アイドル・プロデューサー・社員一同)

 なお、選抜レースの結果発表は、2011年1月10日(祝)、パシフィコ横浜国立大ホール行われる“THE IDOLM@STER 2 765pro H@PPINESS NEW YE@R P@RTY!! 2011”にて、得票数1位のユニット候補のみ発表される。

(取材・原稿:世界三大三代川)

※コロムビア『アイドルマスター』公式サイト
※THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB
※アイマス公式ブログ
※ニコニコアイマスch“たるき亭”

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

あの子のチョコを手に入れろ!『PSO2』にて甘〜いバレンタインイベントが開幕!【1月23日アップデート】

2019年1月23日に実施される『ファンタシースターオンライン2』のアップデート情報の詳細をお届け。

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』第3弾DLC“THE NIGHTMARE”が配信

スクウェア・エニックスから発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC向けソフト『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の第3弾DLC となる“THE NIGHTMARE”が配信された。価格は700円[税抜]。

加藤英美里さん&福原香織さんによるイベント“かと*ふくといっしょにあれこれ”(2019年2月3日開催)のグッズ情報を公開

2019年2月3日(日)に渋谷の東京カルチャーカルチャーにて開催される、声優・加藤英美里さんと福原香織さんのイベント『かと*ふくといっしょにあれこれ▽』(※▽はハートマーク)。現在、チケット一般販売中の同イベントのグッズ情報が明らかになったのでお届けする。

“闘会議2019”にUNTIESが出展決定! 『不思議の幻想郷 -ロータスラビリンス-』など発売前の4タイトルのプレイアブルデモが体験できる

ソニー・ミュージックエンタテインメントは、2019年1月26日、27日に開催予定の“闘会議2019”にUNTIESの出展を決定。『不思議の幻想郷 -ロータスラビリンス-』など発売前の4タイトルのプレイアブルデモが体験できるコーナーを出展する。

『ゼノブレイド2』公式アートワークス、発売日を2月12日に変更

2019年2月2日に発売を予定していた書籍『ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード』について、発売日を2019年2月12日に変更させていただくこととなりました。

『キングダム ハーツ』シリーズのオフィシャルコンサートが4月より開催決定! 1月29日からチケットの先行抽選受付が開始

スクウェア・エニックスは、『キングダム ハーツ』シリーズのオフィシャルコンサート“KINGDOM HEARTS Orchestra -World of Tres-”を2019年4月より開催することを決定した。2019年1月29日から、チケットの先行抽選受付を開始する。

ついに発売『バイオハザード RE:2』。手もとに置いて便利! 警察署マップつき発売記念攻略企画【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年2月7日号(2019年1月25日(金)発売)では、カプコンのサバイバルホラー『バイオハザード RE:2』の発売記念特集をお届け!

『ロボティクス・ノーツ DaSH』、『シュタゲ』からの世界観のつながりをテーマにした新PVが公開

5pb.は、2019年1月31日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『ロボティクス・ノーツ DaSH』について、新プロモーションムービーを公開。また、2月28日に開催される“オトナの科学ラジオDaSH”公開放送の観覧募集枠が拡張することを発表した。

『ネルケと伝説の錬金術士たち』発売間近! ゲームの見どころ総まとめ&NOCO氏インタビューを掲載【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年2月7日号(2019年1月25日(金)発売)では、『ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜』の見どころをまとめて紹介。イラストレーターNOCO氏のインタビューも。

DLC福袋で『ドラゴンズドグマ オンライン』、『モンスターハンター フロンティアZ』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年2月7日号(2019年1月25日(金)発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。