HOME> ニュース> 『スーパーロボット大戦L』オリジナルキャラクターが判明!

『スーパーロボット大戦L』オリジナルキャラクターが判明!

DS
シリーズでは恒例となっているオリジナルキャラクター。主人公とパートナー、発明家の3人のイラストを本邦初公開。

2010-09-16

●ゲームオリジナルのロボットと主人公

 シリーズでは恒例となっているオリジナルキャラクター。本作にも、オリジナルキャラクターが登場することが明らかになった。そこで、主人公たち3人と、主人公が乗り込むロボットのイラストを公開。主人公とパートナーは、スーパーロボット"ラッシュバード"に乗り込み、熱い戦いをくり広げる。(オリジナルキャラクターデザイン:Chiyoko/オリジナルメカニックデザイン:山根理宏)

オリジナルキャラクター

02
03
04

主人公の南雲一鷹(なぐもいちたか)。15歳の中学3年生。かつて世界で起こった巨神戦争で両親を亡くし、グライフ博士が後見人となった。ある事件を機に、ラッシュバードに乗り込むことになる。

パートナーのAL-3 アリス。グライフ博士が造った家政婦アンドロイド。ひょんなことからラッシュバードに乗り込むことに……。思考回路が家政婦用なので、戦いに戸惑いを隠せない様子。

発明家のクラール・グライフ。変わった発明品を作っては、子どもたちに披露していた変わり者。気さくで明るいが、頑固な一面もある。

オリジナルロボット

01

一鷹とアリスが乗り込むラッシュバード。グライフ博士が造り上げたスーパーロボット。左腕に装備したエネルギー吸収機構"ラプラスウォール"により、エネルギー兵器に対して無類の強さを誇る。吸収したエネルギーの一部は、本体の稼動にも使われる。

l01
l02
l03
l04

武器のひとつ、ライトニングフィスト。敵の懐に入り込んで、強力な一撃を食らわせる!

m01
m02
m03
m04

この攻撃は、メーザーアイ。遠距離から攻撃する際に役立ちそうだ。

進化を遂げたパートナーバトルシステム

前作『スーパーロボット大戦K』にあった、パートナーバトルシステムがさらにパワーアップ! これは、ロボットが2機ひと組となり、マップ上でひとつの"パートナーユニット"として戦うというもの。片方のユニットがメイン、もう片方がサブとなり、メイン機体を中心に戦う。本作では編成方法や攻撃手段が増えて、使い勝手がよりアップ!

パートナーユニットを編成する

パートナーユニットは、戦闘準備のインターミッションで編成できるほか、出撃後のマップ上でも編成可能になった。隣り合ったユニットどうしで、機体を入れ替えられる仕組みになっている。戦況に応じてフレキシブルにパートナーユニットが組み替えられるので、戦術の幅が大きく広がっている。

hense03
hense01
hense02

インターミッションで、あらかじめパートナーユニットを組んで出撃することが可能。どんなロボットだろうが、自由に2機で組める。能力で選ぶもよし、原作に合わせるのもよしだ。

マップ中でも、隣合ったユニットどうしでパートナーを交換することも可能。

C碪蜒
kouta

ユニットの行動前なら、メインとサブは入れ替えられる。飛行ユニットで移動して、つぎのターンでチェンジする戦術もアリ!

パートナーユニットでバトル

前作では、片方の敵機体を"集中攻撃"することしかできなかったが、メインどうしとサブどうしが攻撃し合う、"個別攻撃"が新たに追加された。メインもサブも攻撃力が高い機体で組ませれば、敵パートナーユニットを蹴散らすのに役立つだろう。強力なボス敵には"集中攻撃"、ザコどうしのパートナーユニットには"個別攻撃"と、うまく使い分けることで、戦いを有利に運べる。

kouge01
kouge02

メイン or サブ集中攻撃。両方の味方機が、敵の片方のみを狙う攻撃方法。メイン、サブのどちらを狙うか選べるので、状況に応じて標的を変えよう。

個別攻撃。味方のメインは敵のメイン、味方のサブが敵のサブを狙う攻撃方法。機体の性能差が顕著になるので、強い機体向けか!?

enk01
enk02

パートナーを組んでいないシングルユニット(1機のみのユニット)は、隣のマスにいるユニットから援護攻撃を受けられる。援護を駆使して、撃墜せよ!

enb02
enb03
enb01

敵から攻撃された際、狙われていないほうの機体が、援護防御に入ることが可能。敵の攻撃を変わりに受ける。なお、シングルユニットの場合は、隣のマスにいるユニットから援護防御が受けられる。

スーパーロボット大戦L
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 ニンテンドー DS
発売日 2010年11月25日
価格 6090円[税込]
ジャンル シミュレーション・RPG / アニメ・ロボット
備考 プロデューサー:寺田貴信、宇田歩
(c) カラー
(c) 久保書店・AIC
(c) 創通・サンライズ
(c) 創通・サンライズ・毎日放送
(c) 東映
(c) 東映アニメーション
(c) 永井豪/ダイナミック企画・ビルドベース
(c) 藤原忍/ダンクーガ ノヴァ製作委員会
(c) 2001 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
(c) 2003 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
(c) 2003 Project GODANNAR
(c) 2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS
(c) 2008 清水栄一・下口智裕・秋田書店/GONZO/ラインバレルパートナーズ

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『PUBG』日本のSunsister Unknownがラストでドン勝! アジア大会Squad戦を制したのは!?【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。3日目のSquad戦・4ラウンド目で日本チームのSunsister Unknownが見事に1位を獲得し、総合5位に食い込んだ。

『PUBG』の“見る楽しみ”を広げたい――プロデューサーが語るeスポーツへの思い【G-STAR 2017】

Blueholeは、G-STAR 2017に『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を出展し、会場にてアジア大会を実施。本作のeスポーツへの取り組みや、リリースが12月下旬に迫る“バージョン1”(製品版)について、PUBG Corp.のCEO、Chang Han Kim(キム・チャンハン)氏に話を伺った。

アジア地域で配信予定の『Titanfall Online』、新モード“ハードポイント占領戦”がプレイアブル出展【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、Nexonは、同社ブースにてPC用オンラインシューター『TitanFall Online』を出展。

『PUBG』アジア大会 最終日Squad戦はまもなく! 日本代表チームの活躍に期待【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルをリポート!日本のプレイヤー驚愕必至の、世界の戦法とは?

2017年11月18日(土)、サンパウロで開催された“レインボーシックスシージ プロリーグ シーズン3ファイナル”。世界大会のファイナルステージで、日本から進出した“eiNs”は初戦で登場した。その奮闘の模様と、衝撃的な世界レベルの戦法を分析していく。

【週間PVランキング】『ペルソナ』シリーズのUI制作秘話に、多くのゲームファンが注目!【11/11〜11/17】

ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2017年11月11日〜17日)をお届け。1位を獲得したのは、人気RPGのユーザーインターフェースに関する記事!

『PUBG』アジア大会Solo戦は韓国勢の圧勝! 日本チームではTeam DestroyのArcccccccc選手が健闘【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。2日目Solo戦の優勝者は……?

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月11日〜2017年11月17日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『レインボーシックス シージ』シーズン4に登場する2人目の韓国オペレーター“Vigil”トレーラーが公開

Ubisoftは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year2シーズン4にて追加予定の新オペレーター“Vigil”のトレーラーを公開した。