『戦国無双3 Empires』シリーズ最新作が登場

プレイステーション3
実在の戦国武将たちを操って、戦場を駆け巡るアクションゲーム『戦国無双』。その最新作である『戦国無双3 Z』をベースに、国取りというシミュレーション要素を加えて新たなゲーム性を実現した作品が、今回初お披露目となる『戦国無双3 Empires』だ。

●武勇と知略で天下を獲れ!

 実在の戦国武将たちを操って、戦場を駆け巡るアクションゲーム『戦国無双』。その最新作である『戦国無双3 Z』をベースに、国取りというシミュレーション要素を加えて新たなゲーム性を実現した作品が、今回初お披露目となる『戦国無双3 Empires』だ。“政略パート”で自国を発展させつつ、“戦闘パート”で領土を広げて天下統一を目指せ!

■使用可能な武将は600人以上!

 本作には、『戦国無双3 Z』に登場した40人の無双武将(専用のグラフィックを持つ武将)を始め、600人以上もの武将たちが登場。しかも、そのすべての武将を操作することが可能なのだ。さらに、エディット機能を利用すれば、外見や攻撃のモーションを設定し、オリジナル武将を作ることもできる。

sengoku01
sengoku03

■箱庭形式の内政を採用

 ビジュアル的にわかりやすい内政のシステムを採用したことも、本作の特徴のひとつと言える。箱庭的な城下町の中に内政施設を作ると、それが見た目に反映される。町の発展する様子がひと目でわかるようになっているのだ。農地や寺町といった施設を好きな場所に設置し、自分だけの城下町を作ろう。

sengoku05
sengoku06

■戦略性を高める“新拠点システム”

 『Empires』シリーズならではの拠点システムが、本作でさらに進化を遂げた。周囲の拠点を砲撃する“大筒拠点”や、大鷲による拠点間の移動が可能になる“鷲拠点”など、戦場にはさまざまな効果を持った拠点が配置されている。さらに、それぞれの拠点にはレベルがあり、レベルが高いほど制圧が難しくなる。弱い拠点から狙うも、一気に強い拠点を落とすも遊び手次第というわけ。

sengoku02
sengoku04

※詳しくは週刊ファミ通2011年6月16日号(2011年6月2日発売)をチェック!

戦国無双3 Empires
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 プレイステーション3
発売日 2011年8月25日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アクション・シミュレーション / 歴史
備考 PlayStation Network対応、開発:ω-Force、プロデューサー:鯉沼久史
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH4G』第16回

『モンスターハンター4G』プレイまんが第16回。超えられるか、ウカムルバス!

【ホリ伝説ドットコム第21回】4期TOPANGA Aリーグ応援感謝!激闘プレイバック【sako回】

ホリの製品を一歩踏み込んで紹介するブログ。今回はチームホリのプロゲーマーsako選手が登場し、TOPANGA Aリーグを振り返ります。

『新生FFXIV』「音の“静と動”」ファンフェス2日間のスペシャルライブをリポート 〜エンディングでは吉Pも涙

2014年12月20日から21日の2日間、東京ビッグサイトで行われた“ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2014”。本稿では、両日のラストに行われたスペシャルライブをリポートする。

みんなのアニキ・竹内力も登場! 『龍が如く0 誓いの場所』大阪体験会リポートその(1)

2014年12月22日、大阪・道頓堀のとんぼりウォークにて、『龍が如く0 誓いの場所』のスペシャル体験イベントが開催された。その場には、本作の出演者である竹内力氏も登場!

“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition/真島吾朗 Edition”がソニーストア限定で発売決定 アナタはどちらを選ぶ?

『龍が如く0 誓いの場所』のプレイステーション4版の発売を記念して、“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition”と、“PlayStation 4 龍が如く0 真島吾朗 Edition”が、ソニーストア限定で発売されることになった!

【先出し週刊ファミ通】あなたの1票が2014年のナンバーワンのゲームを決める! “ファミ通アワード2014”ただいま投票受付中!(2014年12月25日発売号)

2015年12月15日発売の週刊ファミ通で、2014年のナンバーワンのゲームを決める“ファミ通アワード2014”の投票を受付中!

【話題】新オフィスとその周辺

本日(2014年12月22日)公開された記事の中で、とくに話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

今回のプレゼントは……? 原由実さん5thシングル『Crossover』発売記念握手会&お渡し会リポート

2014年11月23日に5thシングル『Crossover』の発売を記念して行われた、原由実さんの握手会&お渡し会の模様をリポート。

【新作】ローグライクRPGとして新生した『ウィザードリィ』シリーズ最新作がAndroidで配信開始

タイトーは、事前登録を実施していた新作タイトル『ウィズローグ―ラビリンス オブ ウィザードリィ―』のAndroid版の配信を開始した。

【事前登録】『ブレイブリー』シリーズ初のスマホ向けタイトル配信決定! 事前登録は本日(12月22日)より

スクウェア・エニックスは、本日(2014年12月22日)完全新作のスマートフォン向けタイトル『BRAVELY ARCHIVE D’s report(ブレイブリーアーカイブ ディーズレポート)』を発表、これに合わせて事前登録も開始した。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS