HOME> ニュース> ニンテンドー3DSの出展も――“TOYフォーラム2010”開催

ニンテンドー3DSの出展も――“TOYフォーラム2010”開催

ゲーム
業界関係者を対象とした大手玩具メーカーの商談会”TOYフォーラム2011”が、2011年1月25日に都内にある東京国際フォーラムで開催された。

●『NARUTO-ナルト-』最新作がプレイアブル出展

 業界関係者を対象とした大手玩具メーカーの商談会”TOYフォーラム2011”が、2011年1月25日に都内にある東京国際フォーラムで開催。玩具イベントということで、最新ゲームの出展というのは基本的にない本イベントだが、今年は違った。発売前から話題沸騰のニンテンドー3DS(2011年2月26日発売予定)の新作が初プレイアブル出展されていたのだ。お披露目されたのは、タカラトミーの『NARUTO-ナルト-疾風伝 忍立体絵巻!最強忍界決戦!!』。ゲームシステムは横スクロールアクションで、必殺技を決めたときに挿入されるカットインでは奥から手前にナルトが迫ってきたりとニンテンドー3DSならではの演出が楽しい内容となっていた。発売は2011年3月31日発売予定で、価格は5040円[税込]。タカラトミーのブースではほかにも、定番の『ポケットモンスター』関連グッズ、『イナズマイレブン』のトレーディングカードといったゲームと関わりのある新商品が出展されていた。

YOS_9903
YOS_9901
YOS_9850
YOS_9864
YOS_9874
YOS_9912

 ちなみに同ブースで記者が個人的にグッと来たのは、缶ビールをビールサーバーに変えてしまうアタッチメント。“ビールアワー”と名付けられてその商品では缶から出すビールを液体と泡に切り替えることができ、家にいながらお店の雰囲気を楽しむことができるのだ。玩具のイベントでオッサン臭い話をしてしまい大変恐縮だが、もうひとつ記者の中年心を揺さぶるアイテムがブース内にあった。キューブパズルゲームの定番“ルービックキューブ”を彷彿とさせる“3D GEAR CUBE”だ。見た目はルービックキューブの各ブロックがギアになった感じで、それだけでもインパクト大だが、実際に触ってみるとさらに驚かされる。ルービックキューブでは角度を90度ずつ動かしながら表面の色を合わせていくが、3D GEAR CUBEは90度動かしただけではギアが噛み合わないため、180度単位で動かさなければいけないのだ。ルービックキューブを想像しながら触るとかなり戸惑うだろう。実際記者もそうだった。また、触り心地もカチカチとギアを回しているようで不思議な感覚。担当者に聞いたところ、コツさえつかめばルービックキューブより簡単にマスターできるとのことなので、かつてのブームで購入したものの、一面だけ揃えて物入れに放ぽってしまった記者のような人は、この機会にリベンジしてみてはどうだろうか。発売は2011年2月を予定。

YOS_9891
YOS_9894
YOS_9831

 大人、というかおっさん向けの話題が続いてしまったので、つぎは親子で楽しめそうな玩具を紹介しよう。都内にお住まい、または勤務している人なら一度はその姿を見たことがあるであろう“東京スカイツリー”。完成前からすでに観光地化するほどの人気だが、その波は玩具業界にも来ているようだ。ジョイパレットは、東京スカイツリーの1/100モデルジオラマ、スタチュー、ぬいぐるみ、わなげなどを出展する力の入れよう。なかでもジオラマは69個のLEDを使って、完成時のライトアップを再現するというこだわりの一品。本物の完成は2012年春予定とまだ少し先なので、これを使って親子で予習しといてはいかがだろうか? ……我ながら強引かつ陳腐なまとめかたをしてしまったが、モノはかなりイイものなので部屋のインテリアとしてもオススメだ。発売は2011年8月を予定している。

YOS_9798
YOS_9807
YOS_9809

 親子で楽しめるものと言えばそのほかに、エポックが野球盤の最新作“野球盤K(ドクターケイ”を出展。名前からもわかる通り、今回はピッチャーにスポットを当てた仕上がりで、レバー操作により7色の変化球をくりだすことが可能となっている。ファストムービングボールなど縦に変化する変化球も再現しており、対戦がより熱くなりそうだ。アガツマブースには赤ちゃん向けの玩具も。“ストップクライベイビー”は元々iPhoneアプリとして展開されていたものを、キーホルダー感覚で持ち運べるおもちゃにしたもの。本体をグッと押すとホワイトノイズやヒーリングサウンドが流れ、子守のお供にぜひ用意しておきたいところ。同ブースではほかに、ニンテンドーDS用ソフト『アンパンマンとあそぼ あいうえお教室DX』(発売中)、Wii用ソフト『アンパンマン にこにこパーティ』(発売中)が出展。ちなみに、担当者によれば同作はじつは隠れたヒット作なのだという。『アンパンマンとあそぼ あいうえお教室DX』の前作『アンパンマンとあそぼ あいうえお教室』は、ソフト販売ランキングに顔を見せるような売れかたはしなかったものの、コンスタントに売れ続け最終的に累計20万本に到達したのだという。『アンパンマンとあそぼ あいうえお教室DX』も定番ソフトとして、これから数年にわたって売れ続けることになりそうだ。

YOS_0013
YOS_9775
YOS_9780
YOS_9788

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンでき。』特別企画Vol.60 夏の終わりの漢字テスト!

『モンでき。』特別企画の漢字テスト、最終回!

「バカテス」のnamo先生の! 新作告知っ!!

「バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。」を 描かれていたnamo先生の、新連載が明日からスタートです! 目つきの悪さにコンプレックスを感じる主人公くんと… ミステリアスなヒロインさんとの…

「狼少年は今日も嘘を重ねる」が新連載!もちろん「艦これ 吹雪、がんばります!」や「ダイショーグン」など続きが気になる最新話も公開!

こんにちはっ! あんこ弐号です。 この前、久しぶりに知り合いからメッセージが届いたんですが、口調がずいぶん馴れなれしい……!? と思っていたら「某プリペイドカード買ってきて」の文面が!! これがウワサの“なりすまし”か〜! 基本煽っていかないスタイルなので、とりあえず無視……。

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』週刊ファミ通限定のカラーバリエーションを全員公開! 発売お祝いイラストの第3弾(モタさん)も!

週刊ファミ通2014年8月28日発売号では、同日発売の『P4U2』を大特集。本誌限定のダウンロードコンテンツ付録もお見逃しなく!

【今週の週刊ファミ通】『零 〜濡鴉ノ巫女〜』3人の主人公と、注目のゲームシステムを紹介(2014年8月28日発売号)

2014年9月27日に発売される、和風ホラーアドベンチャー『零(ゼロ)』シリーズ最新作『零 〜濡鴉ノ巫女(ぬれがらすのみこ)〜』。週刊ファミ通9月11日号(8月28日発売)の記事では、本作の舞台となる霊山“日上山(ひかみやま)”と、プレイヤーが操作する3人の主人公を紹介!

【今週の週刊ファミ通】もうひとつの『アサシン クリード』がここに! 新しい主人公はなんと“アサシン・ハンター”!! 『アサシン クリード ローグ』(2014年8月28日発売号)

2014年8月28日発売の週刊ファミ通では、『アサシン クリード ユニティ』と並行して開発が進められているプレイステーション3向けソフト『アサシン クリード ローグ』の記事を掲載。

『龍が如く0 誓いの場所』舞台となる時代と主人公に注目!

セガは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、プレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『龍が如く0 誓いの場所』の最新情報を公開した。

『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』大人気小説を原作にしたRPGが始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、 スマートフォン対応のRPG『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』の最新情報を公開した。

坂口博信氏の新作RPG『テラバトル』はどんなゲームなのか? ついにそのすべてが明らかに!

ミストウォーカーコーポレーションは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、スマートフォン向けRPG『テラバトル』の最新情報を公開した。

【週刊ファミ通・イラストコラム】『ネプテューヌ』シリーズのキャラクターデザイナー・つなこ氏が入社したキッカケとは……?(2014年8月28日発売号)

ゲームへの思いをイラストで自由に語っていただく、週刊ファミ通の連載コラム“ゲームのことを思い描く”。第7回のゲストは、『超次元アクション ネプテューヌU』のキャラクターデザインなどで知られる、つなこ氏だ。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS