【ドラクエ3リメイク】HD-2D版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』を先行プレイ。思い出を上回るグラフィック・音楽・遊びやすさであの“冒険”がふたたび……!

byゴジラ太田

更新
【ドラクエ3リメイク】HD-2D版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』を先行プレイ。思い出を上回るグラフィック・音楽・遊びやすさであの“冒険”がふたたび……!
 スクウェア・エニックスからNintendo Switch、プレイステーション5(PS5)、Xbox Series X|S(XSX|S)、PC向けに2024年11月14日発売予定(Steam版は11月15日)のHD-2D版 『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』。
広告
[IMAGE][IMAGE]
 「ドラゴンクエスト」シリーズの中でも屈指の人気を誇る“ロト伝説”の作品だけに、タイトル発表はもちろん、発売日が明らかになったときは大きな話題となりました。

 HD-2Dで新たな姿となった本作に期待を寄せる人は多いと思いますが、メディア向けのプレビューイベントで、勇者たちの旅立ちの地となるアリアハンを試遊できる機会を得ました。
 本記事では、そこからわかったHD-2D版『ドラゴンクエストIII』(以下、『DQIII』)の注目ポイントをリポートしていきます。さらに、プレイステーション5版のプレイ動画を4K画質でお届けしますので、合わせてチェックを!

勇者を動かしただけで感動……生まれ変わったアリアハンを探索!

 最初にお伝えしますが、筆者はファミコン版の『DQIII』を1988年当時、ガッツリとやり込みまくっていました。1回目はふつうにクリアー。2回目は勇者ひとりでクリアー。3回目は勇者と賢者(序盤は武闘家)のふたりでクリアーするなど、さまざまなプレイスタイルで楽しんだものです。

 最終的には転職を駆使して最強の戦士を育てたなぁ……。もちろん、スーパーファミコン版も含めたリメイク版や移植版もプレイ済みです。つまり、本記事はガッツリめの
『DQIII』経験者の視点から語ることになるのでご理解のほどを。

 なお、
『DQIII』はスマートフォン版とSwitch版、プレイステーション4(PS4)版が現在配信されているので、HD-2D版を前にプレイしてみるのもオススメです。
[IMAGE]
こちらはSwitch版の画像です。まさに「DQ」という画面ですが、これがHD-2D版で大きく変わりました!
 話を戻します。今回の試遊では平均レベル10の勇者、戦士、僧侶、魔法使いというパーティで、アリアハンをプレイできました。
[IMAGE]
 さっそく町の入り口近くにいるシスターに話しかけたら、なんと教会と同じ機能だけでなく、セーブも可能となっていました。原作では王様に話しかけることでしか、セーブできなかったんですよね。

 それを考えると超便利になりました(現行機版では冒険を中断することができますが)。ちなみに、町の東側に立派な教会があり、そこでもセーブは可能です。
[IMAGE]
 勇者たちが近づくと地面にいる鳥が飛び立っていくなど細かな演出も多く、光の表現も加わって探索が楽しくなってきます。

 町を歩いて思ったのは、“なんか広い!”ということ。とくに原作の記憶が強く残っている人は「ここから〇〇歩くらい進めば〇〇の施設があるな」という感覚があるし、そもそも2Dの見下ろし視点だったので、どこに何があるのかはひと目で把握できました。

 じつは原作と位置関係は変わっていないのですが、見当違いの場所を曲がったりして少し迷子になったくらいです。この感覚は、プレイ動画を観ていただければわかると思います。
[IMAGE][IMAGE]
これ、どこかわかります? ルイーダの酒場ですよ!
 ということで、アリアハンの城もかなり広い! ちなみに、王様に話しかけたら、魔王バラモスについてくわしい話を聞くことができました。本作では王様に話しかけてもセーブはできません。
[IMAGE]
 町や城は広くなっていますが、マップ画面で全体が見えるほか、施錠されている扉も確認できます。さらに、マップ上に“冒険のつぎの目的”が明記されているので、寄り道をしていても迷わなくなったのはうれしいポイント。原作では寄り道し過ぎて「あれ、つぎは何をしたらいいんだっけ?」となることがありましたからね。
[IMAGE][IMAGE]
 つぎの目的地であるレーベの村にたどり着いたときは、もう夜になっていました。原作では時間の経過に合わせて町や村の様子が変わっていましたが、もちろん本作も同じ。ただ、グラフィックが大きく変わったことで雰囲気はまったく違います。ランタンのやわらかい光もステキです。
[IMAGE]
 村は静まり返っていたので、情報を得るため宿屋へ泊まることにしました。すると宿では“泊まる”、“休む”という選択肢が。“休む”を選ぶと、起床する時間を細かく決められるようです。『DQIII』には時間に関係する仕掛けもあるので 、これはうれしいところ。
[IMAGE]
 朝になったので村人たちから情報を聞き、とうぞくのかぎを求めてナジミの塔へ向かいます。ちなみにメニュー画面を表示すると、マップ画面にもあった“とうぞくのかぎを手に入れよう”という大きな目的が表示されていますが、ここではそこに至るまでにやるべきことも表示されます。
[IMAGE][IMAGE]
 本作で初めて『DQIII』をプレイする人にとっては超親切な仕様ですね。“誰もが簡単に楽しめる”という「DQ」シリーズの基本は健在です。

 レーベ南の草原から地下水道を抜けて、ナジミの塔へ向かいます。ダンジョンの印象もHD-2Dで大きく変わっていますが、ダンジョンでもマップを開けば、簡単に全体を把握できるようになっています。

 おかげであまり迷う心配がなくなりましたが、さすがに宝箱の場所までは記されていません。「この先は行き止まりだけど、宝箱があるかも」とついつい寄り道してしまう、あの感じは失われていません。
[IMAGE][IMAGE]
 とうぞくのかぎを手に入れてレーベの村に戻り、カギのかかっている民家で“まほうのたま”を入手します。
[IMAGE]
 ちなみに、とある老人からの問いに“いいえ”と答えたら「なんと! カギあけの呪文とな?」と驚いていたので、“アリアハンでひたすらレベルを上げてアバカムを覚える”という、あのやり込みプレイができるかも……? それは製品版で確かめることにします。
[IMAGE][IMAGE]
 いざないの洞窟も複雑な構造をしていますが、マップを開けばルートは一目瞭然。分岐もある地下3階も迷うことなく進めました。でも、行き止まりにも宝箱が……?
[IMAGE][IMAGE]
 旅の扉に入り、新たな大陸に到着したところで試遊は終了。このほこらを抜ければロマリアなのですが……残念!

 おおまかなストーリーの解説はここまでにして、ここからは試遊で気付いたことに触れていきます。

かなり遊びやすく、深くなった戦闘

 戦闘ではバトルスピードを“ふつう”、“はやい”、“超はやい”のいずれかに設定できます。原作では“さくせん”は存在しなかったのですが(さくせん機能が実装されたのは『DQIV』から)、本作はその後のリメイク版と同様にさくせんが使えます。

 ただ、本作のさくせんは勇者自身にも設定できるので、パーティ全員のさくせんを“めいれいさせろ”以外の“バッチリがんばれ”などにしておけば、戦闘開始時に“たたかう”コマンドを選択するだけで、スピーディーに戦いが展開していきます。
[IMAGE][IMAGE][IMAGE]
戦闘の快適さについては動画のほうがわかりやすいので、プレイ動画でご確認ください!
 レベルアップに専念したいときなどは、かなり快適にプレイできそう。

 戦闘ではモンスターの位置が前後に配置されたりしていますが、これはあくまで演出で、配列によってダメージに差が出るような違いはないようです。
[IMAGE]
 自分のパーティも背後からの姿が表示されますが、装備している武器の見た目が変わるので、強力な武具を手に入れたときが楽しみになります。

 選択したさくせんに則ってパーティを行動させているときも、呪文や特技だけでなく道具を使ってくれます。戦士に薬草を持たせるなど、事前に準備しておけば思わぬピンチを脱することも。
[IMAGE]
 ちなみに、勇者ひとりで戦った場合、原作のように経験値が4倍になるのかを担当者に伺ったところ、「原作でできていたことは、可能な限り再現できるように開発を進めています」との返答が。これは楽しみ!

フィールドの印象は大きく変化!

 原作と位置関係は変わっていないようですが、HD-2Dになってフィールドの印象はまったく違います。森はまごうことなく森になっているので、足を踏み入れたらちょっと迷うくらいです。海のキラキラ感もすばらしいので、プレイ動画を観てください。

 個人的に「これはすごいな」と思ったのは、町や村には出入り口が複数用意されている点。町や村が広くなったことに対する配慮のようで、自分がいる場所に近い出入り口から進むことで、その出入り口がある方角からフィールドに出られます。
[IMAGE]
レーベの村には東西南北に出入り口があります。西の出入り口からフィールドに出ると……。
[IMAGE]
フィールドでは町の西側に出ます。
 逆に、フィールドから町や村に入るときも、進入した方角にある出入り口からのスタートとなります。あらかじめ行きたい場所が決まっている場合は、目的の場所に近い出入り口から入るとよさそうです。

 ちょっとメリットがわかりにくいので、レーベの村でたとえましょう。宿屋は村の南側にあるので、東から入った場合は広い村の中を移動することになりますが、南から入れば宿屋まですぐに移動できるというわけです。

 些細なことですが、少しでも時間を節約したい場合はこんな知識も持っておくと、さらに快適にプレイできると思います。
[IMAGE]
フィールドで村の東側から入ると……。
[IMAGE]
宿屋まで、ちょっと遠い。フィールド上で南側の出入り口に移動して入ったほうがはるかに早いんです。地味かもしれませんが、もっと広い町ではけっこう快適な要素になる気がします。
 また、フィールド上には“ひみつの場所”と呼ばれる場所が世界各地に存在しています。原作でもフィールドに隠されたポイントがありましたが、その進化版というイメージ。ここには宝箱が置かれていたりするようで、発見できれば冒険の役に立つことは間違いないでしょう。
[IMAGE]
フィールド上にある大きな木に近づいてみると……。
[IMAGE]
画面が切り替わり、隠しマップへと入れます。
[IMAGE]
探索が楽しくなるような情報が聞けました。
[IMAGE]
宝箱から、せいなるナイフを入手。資金が不足しがちな序盤にはありがたい!
 フィールド上にはキラキラと光る場所も点在し、そこを調べると“たね”などの貴重なアイテムが手に入りました。キラキラを見かけたら必ず調べておきましょう。
[IMAGE]
 また、パーティのHPを一瞬で全快できる“まんたん”のほか、“ほぼまんたん”も用意されていました。“ほぼまんたん”はメニュー画面を表示した状態で△ボタン長押し(PS5版)でも使えました。冒険中はこちらを多用することになりそう。
[IMAGE][IMAGE]
 移動呪文であるルーラと、アイテムのキメラのつばさを使えば目的地に飛べます。いわゆるファストトラベルですね。本作では町や村だけでなく、ダンジョンやほこらなど、より詳細な場所も選択できるようになっていました。

 これが意外と便利で、アイテムの取りこぼしやさらなる探索などでダンジョンに戻りたいときなど、いちいち最寄りの場所を探して移動する手間が省けます。世界中を探索して行き先をどんどん登録すれば、冒険がさらに快適になりますね。
[IMAGE]
 わずか1時間の試遊でしたが、正直言うとこのままエンディングまでプレイしたかった! 前述の通り、筆者は原作やこれまでのリメイク版を遊びつくしましたが、当時の面影をしっかりと残しつつも、超美麗なグラフィックに進化した本作に感動と興奮を覚えました。今回のレビューでは触れられませんでしたが、特技や職業などの未公開情報もまだありそうです。

 ちなみに、魔法使いや僧侶は特技が使えないようです。呪文が使えない職業は“たたかう”しか攻撃手段がなかったので、バリエーションが増えることは戦闘の楽しさや戦術の深さに直結しますし、いろいろな戦いかたが生まれそうですね。原作では最後まで活躍させる人が少なかった戦士も、強力な特技を覚えてエンディングまで頼れる職業になっているかもしれません。

 また、これもプレイ動画で堪能していただきたいのですが、東京都交響楽団によるオーケストラ演奏を使用した音楽もすばらしいのひと言! プレイを中断してでも聴いていたくなるほどで、「音源が変わるだけでここまで印象が変わるか」と驚きました。

堀井雄二氏と早坂将昭プロデューサーのメッセージをお届け!

 今回の試遊にあたって、「ドラゴンクエスト」生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二氏と、本作のプロデューサーである早坂将昭氏からコメントをいただいたので、紹介しましょう。

「『DQIII』はシリーズとしては『DQI』、『DQII』に続く3つめの作品ですが、時系列としてはこの『DQIII』が物語の始まりとなっているので、新しいファンの方にはぜひ本作から遊んでもらいたいと思っています。

 
バトルシステムやストーリーなど、作品の根幹となる部分は原作から大きく変えてはいませんが、いまの時代に合わせてたくさんの改良を加えてパワーアップしているので、以前からの「DQ」ファンの皆さんも新鮮な気持ちで今作を楽しんでもらえると思っています。

 
本作の発売まで、まだまだ皆さんに情報をお届けできると楽しみにしています」(堀井雄二氏)

「私たちが“HD-2D版”と呼んでいることからもわかるように、本作はHD-2Dによるグラフィックの刷新を最大のポイントとしているタイトルです。

 
『DQIII』は現実世界をモチーフにしたような舞台設定となっており、さまざまな地域が登場します。しかし、原作では容量の関係で各地の見た目の差別化に限界がありました。そこで本作は、“世界旅行感”というキーワードを大事にしながら、しっかりとそれぞれの地域らしさが表現できるように、HD-2Dをフルに活用してビジュアルを制作しています。

 
当時に原作を遊んだ皆さんは、それぞれで“ここはこういう地域だからきっとこんな景色だろう”と想像しながらプレイしたと思います。今回は一部のフィールドの紹介に留めていますが、ドットで作られていた世界がHD-2Dによってどのような世界になったのかをご覧ください。

 
そして、見た目が変わっただけなのかと言うと、そんなことはありません。現代にリリースされるゲームとして、遊びやすさの向上にもしっかり手を加えています。チュートリアル、ミニマップ、目的地ガイド、セーブ機能、装備画面など、キリがないほど細かいところまで調整を施しています。

 
また、皆さんが気になっているストーリーに関しても、堀井さん監修のもとでエピソードを追加しています。それもぜひ楽しみにしてください。

 
本作はリメイクなので、原作ファンの方々に喜んでいただかなければなりませんが、『DQIII』を遊んだことのないシリーズファンはもちろん、そもそも「DQ」を遊んだことがないJRPGファンの方にも手に取っていただけるような作品を目指しました。今回のプレビューでそういった意図を感じてもらえるとうれしいです」(早坂将昭氏)

 追加エピソードも含めて気になることがたくさんのHD-2D版
『DQIII』ですが、なんだかんだで発売日まであと4ヵ月。今後も新情報が続々と出てくるので、楽しみに待ちたいと思います!
      この記事を共有

      本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

      週刊ファミ通
      購入する
      電子版を購入