『クイーンズゲイト スパイラルカオス』で新たに判明したキャラクターを公開

ゲーム PSP
バンダイナムコゲームスから、2011年7月28日発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『クイーンズゲイト スパイラルカオス』の最新情報をお届けしよう。

●『サムライスピリッツ』のいろはが参戦

 バンダイナムコゲームスから、2011年7月28日発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『クイーンズゲイト スパイラルカオス』の最新情報をお届けしよう。

■新たに判明したキャラクターを紹介

恩を返すもの いろは(声:新堂真弓)
登場作品:『サムライスピリッツ』シリーズより

 蜩蛉

江戸時代の奥州・漆山の寂れた村の外れに住む優しい若者の前に突然「行くあてがない、何でもするからしばらく側において欲しい」と言って現れたとても美しい少女。若者を慕い「旦那様」と呼んで、献身的に仕えている。剣術の心得もあるらしく、大好きな旦那様のためなら専用の武器“鳳麟・凰嘴(ほうりん・おうさい)”を使って戦うことも辞さない。正体はこの若者に助けられた鶴で、恩返しをするために彼の元にやってきたようだ。そのためか、片足立ちになったり、銃を恐れたりと行動の端々にその片鱗が見られる。だが、この事実を若者は知る由もない……

イラスト:唯々月たすく

-
-

▲いろはイベントカット&会話シーン。

A
A
A
A

▲固有のキャラクターどうしの対戦時に、特別な掛け合いが発生する場合がある。アイリ対いろはのメイド対決勃発か!?

cap_20100101_001021
cap_20100101_001035
cap_20100101_001052
cap_20100101_001107

▲“鶴の一声”は、相手をかち上げ空中に高く舞い、かかと落しを食らわす。技が発動すると、大きな鶴のエフェクトがいろはを覆う。

cap_20100101_001125
cap_20100101_001130
cap_20100101_001132
cap_20100101_001145
cap_20100101_001149
cap_20100101_001457

▲羽と火炎が相手を襲う“風車”。

グラビティガンナー アイネ(声:金元寿子)
登場作品:『クイーンズゲイト スパイラルカオス』より

O硅

幼い容姿の割にすべてを知り尽くした感じがある。自分の気に食わないことには一切協力しない。気に入らない相手は、とくに冷たくあしらう。さまざまな次元を旅しているうちに侵略した惑星の方言が身についてしまい、いまのような口調になってしまう。しかし、のんびりした口調の中に棘が……。能力としては重力を操り、身体能力の高さと自身の身の丈には不釣合いな武器“グラビティマグナム”で敵を粉砕する。

イラスト:後藤圭二

A
A

▲アイネの会話シーン。「ウチは、もらいますで」というように関西弁口調で話す。

cap_20100102_023543
cap_20100102_023551
cap_20100102_023556
cap_20100102_023600
cap_20100102_023603
cap_20100102_023605
cap_20100102_023606

▲アイネ戦闘登場&カットイン。

cap_20100102_023617
cap_20100102_023625
cap_20100102_023626

▲“グラビティボール”は、不思議な妖気の球を作り出し、その球を相手に向かって蹴り飛ばす!

cap_20100102_023629
cap_20100102_023634

▲銃口から床に向かって放たれた弾丸がアイネの周りに浮かび、手を差し伸べた方へと放たれる“オクタブルバレット”。

戦場の死神 ヒュミナ(声:水原薫)
登場作品:『クイーンズゲイト スパイラルカオス』より

_

負けず嫌い。自分の銃火器に絶大なる信頼を寄せている。どんな過酷な戦場でも彼女だけは絶えず生き残り帰ってくるところから、周囲には死神と恐れられている。部下と仲よくしたいのだが、どんなときでも戦時中の記憶がフラッシュバックを起こし、ひとりでいることを望むようになってしまう。兵器オタク。(武器がないと急にオドオドしてしまう)

イラスト:古賀誠

q矗
q矗

▲ヒュミナ会話シーン。ヒュミナはボクっ娘?

cap_20100102_023245
cap_20100102_023246

▲ヒュミナ戦闘口上&カットイン。

cap_20100102_023256
cap_20100102_023312
cap_20100102_023313
cap_20100102_023315

▲“アサルトバスター”は、相手をロックオンし、バスターで一閃する技。

cap_20100102_023333
cap_20100102_023336
cap_20100102_023337
cap_20100102_023340

▲相手を捕らえ、空高く打ち上げる“スターマイン”。スターマインの名の通り、花火のように打ち上げられてしまう。

(C)NBGI
(C)ぱすてるインク応援団
(C)2010 吉野弘幸・佐藤健悦・チャンピオンRED/聖痕のクェイサー製作委員会
(C)SNK PLAYMORE
(C) ARC SYSTEM WORKS
(C)水城正太郎/ホビージャパン・コンスタン魔術学院
(C)2010 すずきあきら・Niθ・ホビージャパン/百花繚乱パートナーズ
(C)2010 HobbyJAPAN/クイーンズブレイドEXパートナーズ
(C)2007-2010 Nitroplus
(C)井上純弌/ホビージャパン
(C)2011 NBGI
※「サムライスピリッツ」は株式会社SNKプレイモアの登録商標です。
※画面は開発中のものです。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』飛び出すセガの名作のシリーズ第3弾!(2016年9月1日発売号)

あまたあるセガの名作たちを3D立体視に対応させて、ファンからのアツい支持を得た“セガ3D復刻プロジェクト”。パッケージ化第3弾となる『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』が発表されました!

【先出し週刊ファミ通】『信長の野望』シリーズの最新作がスマートフォンで登場!(2016年9月1日発売号)

週刊ファミ通2016年9月15日号(2016年9月1日発売)では、シリーズ最新作となる『信長の野望 〜俺たちの戦国〜』の情報を公開。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー』にバッツやティナ、ギルガメッシュ、オルトロスなどおなじみのキャラ続々!

双子の姉弟・ラァンとレェンが、失われた記憶を探して異世界“グリモワル”を旅する『ワールド オブ ファイナルファンタジー』。その物語に、『FF』シリーズのメインキャラクターや、名(迷)脇役たちが登場! ダンジョンの仕掛けや、“ミラージュ”と呼ばれるモンスターたちの新種も、続々と存在が明らかに!

【先出し週刊ファミ通】アニメ『ダンガンロンパ3』でまさかの登場を果たした、七海千秋役花澤香菜さんインタビュー!(2016年9月1日発売号)

週刊ファミ通2016年9月15日号(2016年9月1日発売)の連載コーナー“ダンガンロンパプロジェクト情報局”では、アニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』について、七海千秋役花澤香菜さんにインタビュー!

【先出し週刊ファミ通】『Splatoon(スプラトゥーン)』野上プロデューサーに訊く、第2回スプラトゥーン甲子園&今後の展開(2016年9月1日発売号)

Wii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』の定例記事“イカスポ”がまたまた復活! 野上プロデューサーに最近の展開から今後について直撃!

【先出し週刊ファミ通】『DOAX3』の『競女!!!!!!!!』コラボと『DOA5LR』の『KOF』コラボ情報をお届け!(2016年9月1日発売号)

週刊ファミ通2016年9月15日号(2016年9月1日発売号)では、バカンス&コミュニケーションゲーム『デッド オア アライブ エクストリーム 3』と、対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』の最新情報を公開。

【先出し週刊ファミ通】“紅白試合”の詳細を公開! 甘露樹氏&菅宗光氏インタビューにも注目の『うたわれるもの 二人の白皇』(2016年9月1日発売号)

週刊ファミ通2016年9月15日号(2016年9月1日発売)では、『うたわれるもの』シリーズ最終章となる『うたわれるもの 二人の白皇』の最新情報を掲載! 仲間どうしで戦う“紅白試合”や新キャラクターの情報、開発者インタビューなど、必見の情報が満載だ。

【先出し週刊ファミ通】『めがみめぐり』“新米めがみ”のツクモちゃんにインタビューしてみた!(2016年9月1日発売号)

週刊ファミ通2016年9月15日号(2016年9月1日発売)では、カプコンの完全新規タイトル『めがみめぐり』の新作スクープを掲載!

【先出し週刊ファミ通】2K新作特集! 『マフィア III』、『バイオショック コレクション』、『NBA 2K17』を紹介(2016年9月1日発売号)

週刊ファミ通2016年9月15日号(2016年9月1日発売)では、2Kが贈る期待作 『マフィア III』、『バイオショック コレクション』、『NBA 2K17』を紹介!

【先出し週刊ファミ通】“Cygames NEXT 2016”アクションRPGの『グラブル』や完全新規タイトルなど発表内容をクリエイター陣のコメントともにお届け!(2016年9月1日発売号)

2016年8月21日(日)に都内で行われた、サイゲームスの発表会“Cygames NEXT 2016”。週刊ファミ通2016年9月15日号(2016年9月1日発売)では、この発表会での発表内容をまとめるとともに、クリエイター陣へのインタビューや、コメントをお届けしている。