HOME> ニュース> 『DARK SOULS(ダークソウル)』至極のファンタジー新生

『DARK SOULS(ダークソウル)』至極のファンタジー新生

プレイステーション3 ゲーム
予想を大幅に上回るヒットとなったアクションRPG『Demon's Souls(デモンズソウル)』。日本国内の発売の後、海外でも発売され、やはり口コミにより評判が広がり、異例の売上を記録。世界規模で新作の発表が待たれていた。その声に応え、『デモンズソウル』のスタッフが手掛ける完全新作が『DARK SOULS(ダークソウル)』だ。

●『Demon's Souls (デモンズソウル)』の魂を受け継ぐ新作が登場

 一般向きとは言えない“プレイヤーの心を折る”ほどの難度の高さ。そして、格別大きな宣伝も行われない中での発売……。だが、その完成度の高さを認めたユーザーからの支持を受けて、予想を大幅に上回るヒットとなったアクションRPG『Demon's Souls(デモンズソウル)』(以下、『デモンズソウル』)。日本国内の発売の後、海外でも発売され、やはり口コミにより評判が広がり、異例の売上を記録。世界規模で新作の発表が待たれていた。その声に応え、『デモンズソウル』のスタッフが手掛ける完全新作が『DARK SOULS(ダークソウル)』(以下、『ダークソウル』)だ。本作は『デモンズソウル』と同様のテーマを持ち、内容を発展させた作品。気になる難度は、“ただ簡単にすることはありえない”らしい。そんな本作の魅力の一部を紹介しよう。

daku001

●ダークな世界で、異形の魔物と戦う

 『ダークソウル』は、魔物が巣食う、暗澹たる異世界を冒険していくアクションRPGだ。まずは、本作の基本となる魔物との戦闘シーンを紹介しよう。プレイヤーは、自分で作成した主人公を操作し、強化しながら敵と戦っていくことになる。敵はいたるところに潜み、つねに主人公を狙っているのだ。

daku002
daku003
daku005

●『ダークソウル』の基礎知識

 本作は、プレイヤーの分身となる主人公を作成するところから始まる。あらかじめ用意されているキャラクターベースの中から、装備など、自分のスタイルに合わせて選び、名前や顔を作成し、冒険を始めるのだ。多くの武具や魔法が登場するのも本作の大きな特徴。冒険を通じて多彩な武具を集め、新しい魔法を習得し、それらを使いこなすためにレベルアップを行なっていく。また、本作では、独特なネットワークプレイが楽しめる。頼もしい協力者の召喚もできる。

●ストーリー

……だが、やがて火は消え、暗闇だけが残る
いまや、火はまさに消えかけ、
人の世には届かず、夜ばかりが続き
人の中に、暗い呪いの印が現れ始めていた……

上に掲載したのは、本作のストーリー導入部で語られる言葉だ。短くはあるが、くり返し出てくる“火”と“人”という言葉が印象深く、物語に関わる重要なキーワードであると思われる。そして気になる“呪いの印”とは? 主人公が解くべき謎に関わるものなのか……? 呪われたダークな世界に期待しよう。

daku004

●強く、注意深くなければ生き延びることはできない

 戦闘中は、主人公のアクションが重要になる。攻撃された際、盾で防御するのか、避けるのか。そもそも、盾で防御可能なのかどうかなど、瞬時の判断が求められる。武器の使用にも注意が必要で、狭い通路では長柄の武器は壁に当たって振り回せない……。強い武具とレベルを持っていたとしても油断は即、死を意味する。

●イラストレーション モンスター編

 フィールドで遭遇する魔物たち。ここでは、魔物の設定イラストの一部を紹介しよう。“白竜”は、ウロコのない巨大なドラゴン。詳細は不明だが、キラキラと繊細で美しい印象を受ける。“たまご背負い”は、異形の魔物。醜悪な姿が印象的だ。不死人騎士は、文字通りのアンデッド。数多くの敵が、それぞれに適したエリアに巣食う。

daku006
daku007
daku008

●呪われし者は、その道程で何を見るのか

 『デモンズソウル』と比べて、フィールド探索の要素が大きく向上している本作。冒険の舞台となる世界は、シームレスにつながっており、歩いてどこにでも行ける。手持ちのマップはなく、位置表示だけが頼りだ。道程は険しく、先へ進むほど、難度も高くなる。主人公は、この世界で何を見い出すのか。

daku009
daku010
daku011
daku015

●イラストレーション 世界設定編

 ここでは、個性的なエリアの設定イラストを紹介。幻想世界を強く意識させる“アノール・ロンド”や季節環境の異なる“雪の廃墟”など、さまざまなシチュエーションが存在する。

daku012
daku013
daku014

※詳しくは週刊ファミ通2011年2月17日増刊号(2011年2月3日発売)をチェック!

DARK SOULS(ダークソウル)
メーカー フロム・ソフトウェア
対応機種 プレイステーション3
発売日 2011年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アクション・RPG / 冒険
備考 ディレクター:宮崎英高
(C)2011 NBGI (C)2011 FromSoftware, Inc. ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

フリューのPS4完全新規タイトル『CRYSTAR -クライスタ-』の公式サイト&ムービーが公開! 発売日は2018年10月18日!!

フリューは、プレイステーション4向けに発売予定の完全新規タイトル『CRYSTAR -クライスタ-』の公式サイトとティザームービーを公開した。

Xbox Oneソフト戦略のカギを握る、マイクロソフトのマイク・イバラ氏に聞く、「ファンの方の求めるものにフォーカスしていく」【E3 2018】

マイクロソフト コーポレート・バイス・プレジデント グロース&エンゲージメント ディビジョンのマイク・イバラ氏へのインタビューをお届けしよう。

“セガなま”6月26日放送回は、『ぷよぷよ』プロプレイヤーがゲストに登場

セガゲームスは、2018年6月26日21時よりセガのゲーム情報をお届けするバラエティ番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”2018年6月放送回を、ニコニコ生放送、YouTube LiveおよびPeriscopeにて配信する。

『デビル メイ クライ 5』はどんなストーリー? あのキャラクターも登場? 気になる内容をスタイリッシュに解説【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、カプコンのスタイリッシュアクション最新作『デビル メイ クライ 5』の第1報をお届け!

『バイオハザード RE:2』ついに情報解禁! 解説あり、プレイインプレッションありの第1報【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、カプコンから2019年1月25日に発売予定のプレイステーション4/Xbox One/PC用サバイバルホラー最新作『バイオハザード RE:2』の新情報をお届け!

製品版同等の冒頭3時間を無料体験版に。『オクトパストラベラー』高橋P、宮内Dに、ゲームの見どころから体験版の意図までを訊いた【E3 2018】

『オクトパストラベラー』の高橋真志プロデューサーと宮内継介ディレクターに直撃インタビュー!

『魔界塔士 Sa・Ga』など、『サガ』シリーズ3作品の楽曲を収録した映像付きサントラ『SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc』のジャケット画像とプロモーション映像が公開

スクウェア・エニックスは、2018年8月8日発売予定の映像付きサウンドトラック『SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc』のジャケット画像とプロモーション映像を、本日(2018年6月19日)公開した。本サウンドトラックには、『魔界塔士 Sa・Ga』、『Sa・Ga2 秘宝伝説』、『時空の覇者 Sa・Ga3 [完結編]』の全楽曲が収録されている。

『ソウルキャリバーVI』邪剣と霊剣を巡る物語の原点が描かれる“ソウルクロニクル”とは?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、発売日が2018年10月18日(PC版は2018年10月19日)に決定した、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ソウルキャリバーVI』の最新情報を掲載している。

『マリオテニス エース』がついに発売! インタビューを交えて、白熱間違いなしの対戦が楽しめる作品の魅力に迫る!!【先出し週刊ファミ通】

任天堂より2018年6月22日に発売が予定されているNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『マリオテニス エース』。週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、ゲームの魅力に迫る発売記念記事を掲載。3名の開発のキーマンにスペシャルインタビューも実施している。

『デモンエクスマキナ』完全新作メカアクションをスクープ! 本作のキーマン・佃健一郎氏×河森正治氏へのインタビューも掲載! 【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、Nintendo Switchで発売される『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』を、佃氏と河森氏のインタビューとともにたっぷりとお届け。