『ルイージマンション2 HD』レビュー。HDグラフィックでルイージやオバケたちの魅力がますますアップ。オバキュームを駆使したバトルや謎解にも夢中に!

byジャイアント黒田

『ルイージマンション2 HD』レビュー。HDグラフィックでルイージやオバケたちの魅力がますますアップ。オバキュームを駆使したバトルや謎解にも夢中に!
 ジャンプ力が高いけど、すべりやすいと言えば……、そうマリオの双子の弟・ルイージだ。

広告
[IMAGE]

 『マリオブラザーズ』に初登場したときはマリオの色違いでしかなかったが、『スーパーマリオブラザーズ2』でマリオよりもジャンプ力が高くて、すべりやすいという性能に。この作品以降、ルイージのキャラ付けがされていくのだが、“ちょっぴり臆病”な性格をより強く印象付けたのは、初めて主役を務めた『ルイージマンション』だったと思う。

 
『ルイージマンション』は、2001年に発売されたニンテンドー ゲームキューブ用ソフトでローンチタイトルのひとつ。“永遠の名脇役”だと思っていたルイージが、ついに主役をゲットしたと驚いたのを覚えている。

 今回、レビューで紹介するタイトルは、2013年にニンテンドー3DSでリリースされた
『ルイージマンション』シリーズの2作目を、Nintendo Switch向けにHDリマスターした『ルイージマンション2 HD』。2024年6月27日に発売予定だ。ルイージと同じく、“ちょっぴり臆病”なライターのジャイアント黒田が、本作の魅力をお届けしよう。
[IMAGE]

HDグラフィックでルイージや個性豊かなオバケたちがますます魅力的に

 プレイしていい意味でビックリしたのが、グラフィックの美しさ。オリジナル版はニンテンドー3DS向けソフトだが、HDリマスターされたことで画質が大幅に向上。とても11年前に発売されたゲームとは思えないデキだった。

 美しくなったグラフィックで、ルイージやオバケたちの魅力が増しているのも好印象。ことあるごとにビビるルイージの姿はコミカルで、自然と顔がほころんでしまう。それと同時に、本当にオバケが苦手なことも伝わってくるので、親切心からルイージの力になってあげたいと思えてきた。

[IMAGE]
安全な場所でオヤ・マー博士の説明を聞くときも、ルイージはガクガクブルブル。あまりのビビりっぷりに博士にもツッコまれてしまう。でも、ルイージらしくて愛らしい。

 学生時代、とある洋館で、窓を突き破ってしまうほど元気いっぱいのワンちゃんに追いかけられて以来、筆者はホラーゲームが大の苦手。なのだが、本作は前のめりでプレイできた。その最大の理由は、登場するオバケたちが個性豊かで見ていて飽きないから。

 冒険の舞台となる“オバ渓谷”にはさまざまなオバケたちが暮らしているのだが、どこか人間臭くて敵なのに親しみを覚えてしまう。序盤に出会えるオバケだけでも……。

[IMAGE]
ルイージをビックリさせるのが得意なルノーマ。サングラスをかけていることも。
[IMAGE]
見た目は怖そうなのに、じつは友好的だというルブリー。
[IMAGE]
かくれんぼが得意で、見つけてもらないと何かを投げて気を引こうとするルハイド。
[IMAGE]
ルイージの周りに現れるオバ犬。ルイージに懐いているようだけど……。

 ご覧の通り、非常に個性豊か。つぎはどんなオバケに出会えるんだろうと、ワクワクしながら新たなエリアを探索できた。マンションの種類がバラエティー豊富なのも、冒険心を刺激される。

 たくさんのオバケが暮らすウラメ~シ屋敷、不思議な植物に覆われたノロワ~レ大樹、かつて時計工場だったジゴ~クロック工場、周囲が雪や氷で囲まれたヒャッキ~ヤ坑道など、魅力的なマンションが多数登場。HDグラフィックで細部まで美麗に再現されているので、オリジナル版で冒険し尽くしたプレイヤーも新たな発見があるはずだ。

[IMAGE][IMAGE]

オバケ退治から謎解きまで、ルイージの相棒“オバキューム”が大活躍!

 “ちょっぴり臆病”なルイージに、オバケに立ち向かうための勇気を与えてくれる存在が、オヤ・マー博士が開発した“オバキューム”だ。その名の通り(?)、オバケを吸い込むバキューム(掃除機)で、ストロボの光でオバケをビックリさせた隙を狙い、一気に吸い込むスグレモノ。ルブリーのようなタフなオバケは、プルメーターを溜めてダメージを与えるといったこともできる。

[IMAGE]
ストロボの光に驚いている間に、オバケを吸い込む。ストロボは、姿を消したオバケを探すときにも役に立つ。
[IMAGE]

 ストロボを使う、オバケを吸い込むという一連の流れはシンプルだが、奥深いアクションが堪能できるのも大きな魅力。たとえば、オバケが複数出現する場面では、一度に複数のオバケを吸い込むことで格段に戦いやすくなる。ハルイドのように遠距離攻撃を仕掛けてくるオバケを相手にするときは回避も重要に。オバケを吸い込みつつ、いかにうまく攻撃を避けるのか。プレイヤーの腕の見せどころ。

 さらに、マンションの奥で待ち受けるボスとの戦闘は、周囲の仕掛けをうまく使ってダメージを与える必要があるなど、プレイヤーの思考力も試される内容になっており、攻略法を考えるのがアツい。試行錯誤をくり返して、狙い通りボスを攻撃できたときは爽快だ。

[IMAGE][IMAGE]
ウラメ~シ屋敷には、巨大なクモのようなボスが出現。周囲の仕掛けをうまく使うことでダメージを与えられる。

 オバキュームは、マンションに隠された仕掛けを解く際にも大活躍。空気を吸ったり、吐いたりすることで、ジャマな物を吸い込んだり、ロープを引っ張ったり、歯車やファンを風で回したりできる。また、ノロワ~レ大樹では、風船の実に空気を入れて空中散歩を楽しむことも可能。これは吸い込めないかな、あれは風の力で動かせないかなと、マンションに隠された仕掛けを探してつい寄り道してしまう。

[IMAGE]
オバキュームは万能マシン。行き詰まったときは、オバキュームの力で仕掛けを解除できないか探してみるといい。
[IMAGE]
ストーリーを進めると、オバキュームがパワーアップ。ダークライトの機能が使えるようになると、“のろい玉”によって消された物を発見できる。

 マンションに収集物のお金や宝石、テレサが隠されているのも探索のいいスパイスに。クリアータイムや捕まえたオバケの数、受けたダメージ、集めたお金によってミッションクリアー時のランクが決まる要素も相まって、ベストを目指してリベンジしたくなった。

[IMAGE]
記録を更新したときは、ルイージも誇らしげ。かっこいい姿を堪能できる。

テラータワーで協力プレイも堪能できる

 今回のプレイでは体験できなかったものの、本作には4人で協力しながらオバケ退治が楽しめる“テラータワー”も収録されている。

[IMAGE]

 タワーテラーは、さまざまなミッションをクリアーしながら、タワーの最上階を目指すモード。インターネットに接続すれば世界中のプレイヤーと最大4人でチャレンジできるほか、Nintendo Switchを持ち寄ればローカル通信で家族や友だちともプレイできる。

 発売後は、ゲームが大好きな12歳の息子とマルチプレイをするのが楽しみ。歳のせいか、タイトルによっては対戦プレイで息子に負けることも増えてしまったが、協力プレイなら父の威厳を保つことができるはず。ひとりでじっくり楽しむこともできるし、家族や友だちとも盛り上がれる本作は、夏休みに遊ぶゲームにもピッタリだ。

[IMAGE][IMAGE]
      この記事を共有

      本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

      週刊ファミ通
      購入する
      電子版を購入