『マリオ』新作アニメ映画の日本公開日が2026年4月24日に決定。『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』のイルミネーションとのタッグ再び

更新
『マリオ』新作アニメ映画の日本公開日が2026年4月24日に決定。『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』のイルミネーションとのタッグ再び
 任天堂は、『スーパーマリオ』の新作アニメ映画の日本における劇場公開日が2026年4月24日に決定したことを明らかにした。
広告
 米国を含む多くの国と地域においては2026年4月3日、日本では2026年4月中の劇場公開が計画されていた本作だが、このたび日本での公開日が決定した形となる。

 『スーパーマリオ』の新作アニメ映画は、2023年4月28日に公開された『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』と同様、任天堂とイルミネーションのタッグにより制作。

 任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏とイルミネーション創業者で代表のクリス・メレダンドリ氏が共同でプロデューサーを務め、監督はアーロン・ホーヴァス氏とマイケル・ジェレニック氏の2名体制、脚本はマシュー・フォーゲル氏が手掛けることも明らかとなった。

 また、配給は全世界においてUniversal Picturesが、日本では東宝東和株式会社が行う。
    この記事を共有

    本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

    週刊ファミ通
    購入する
    電子版を購入