『龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)』の国内出荷が40万本突破、シリーズ全世界出荷も累計500万本達成に

ゲーム プレイステーション3
セガのプレイステーション3用ソフト『龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)』の国内出荷本数が40万本を突破。『龍が如く』シリーズの全世界出荷本数も累計で500万本を突破したことが明らかとなった。

●今後も『龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)』の拡販に取り組む

 2011年6月9日に発売された、セガのプレイステーション3用ソフト『龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)』の国内出荷本数が40万本を突破。『龍が如く』シリーズの全世界出荷本数も累計で500万本を突破したことが明らかとなった。以下、リリースを抜粋しよう。なお、セガでは、「今回の40万本突破を通過点とし、今後も『龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)』の拡販に取り組んでまいります」とのことだ。


龍OTE_新ハ゜ッケーシ゛

 『龍が如く』シリーズの第一作は、2005年12月に発売したプレイステーション2用ゲームソフト『龍が如く』で、大人に向けたエンターテインメントとして大きな話題を呼びました。骨太な人間ドラマを描いたシナリオや、いままでのゲームでは考えられなかった豪華キャスト陣の参加、そして巨大歓楽街“神室町”を舞台に、数多く散りばめられたサブストーリーやプレイスポット、さらに迫力満点の喧嘩バトルなどにより、廉価版と合わせて100万本を突破するという大ヒットを記録しました。

 翌2006年12月にプレイステーション2用ゲームソフト『龍が如く2』、2008年3月にプレイステーション3用ゲームソフト『龍が如く 見参!』、2009年2月26日にプレイステーション3用ゲームソフト『龍が如く3』、2010年3月18日にプレイステーション3用ゲームソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』、そして2010年9月22日にプレイステーション・ポータブル用ゲームソフト『クロヒョウ 龍が如く新章』とシリーズを重ねるごとにさまざまなチャレンジを行い、人気シリーズとしての地位を確立しました。

 最新作『龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)』は、突如現れた“ゾンビ”により非常事態に陥った街を舞台に、熱き男たちが織りなす重厚な人間ドラマが展開します。またシリーズ初のバトルシステムとして“ガンショットバトル”を導入し、誰でも簡単・爽快に撃ちまくる楽しさを実現しました。タイアップ企業はシリーズ最多を更新し、“Bradberry Orchestra”による楽曲提供や、的場浩司さん、杉本哲太さん、栗山千明さん、徳重聡さん、石橋蓮司さん、ピーターさん、などシリーズ恒例となった豪華キャスト陣も健在です。さらに“ゾンビ”役としてテリー伊藤さん、デビット伊東さん、エスパー伊東さんが、“セラピスト”役として小森純さんが登場するなどシリーズファンはもちろん、シリーズ未経験者でも最高に楽しめる極上のエンターテインメント作品となっています。

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『三國志13』前作のBGM追加や古代中国の名将データなど、さまざまなDLCが配信開始

コーエーテクモゲームスは、発売中の歴史シミュレーションゲーム『三國志13』について、本日2016年2月12日より、追加BGM、追加武将データ、追加ステージ、攻略ガイドといった新たなダウンロードコンテンツの配信を開始した。

『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』(アーケード向け)制作決定! オンラインによる協力プレイなど新規要素が追加

スクウェア・エニックスは、新作アーケードタイトル『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』の制作を決定。本日ティザーサイトをオープンした。

【グランブルーファンタジー プレイ漫画 本日は青天なり! 第11話/渡まかな】

『グラブル』の世界を漫画で追体験! ほかのユーザーたちと繋がる騎空団はメリットいっぱい!?

『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』バレンタインデーを記念した“スイートセクシー コスチューム”が配信開始

コーエーテクモゲームスは、発売中の対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』プレイステーション4版、Xbox One版において、“スイートセクシーコスチューム”の配信を開始した。

『CHUNITHM』、『maimai』、イロドリミドリのライブ“Party Night(昼)”がJAEPO2016のセガステージにて開催決定!

セガ・インタラクティブは、2016年2月20日、ジャパン アミューズメント エキスポ2016のセガブースにて、アーケード音楽ゲーム『maimai』と『CHUNITHM』、“イロドリミドリ”のライブを開催する。

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第72回) 暗黒の魔人はこれまでのボスとタイプが違う!?

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第72回(通算172回)。

“セガなま”2016年1月放送回を公開、『戦場のヴァルキュリア リマスター』、『真・女神転生IV FINAL』など

セガゲームスは、バラエティー番組『セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜』の2016年1月放送回をセガ公式チャンネルに公開した。

『FFXIV』パッチ3.2“運命の歯車”トレーラー&特設サイトが公開に!

2016年2月23日にリリースが予定されている『ファイナルファンタジーXIV』の最新アップデート、“パッチ3.2 運命の歯車”の特設サイトとトレーラーが公開された。

ValveのSteamVRがUnityのネイティブ対応プラットフォームに

Valve CorporationとUnity Technologiesは、UnityのプラットフォームでSteamVRのネイティブ対応を共同で提供することを発表した。

『ロードス島戦記オンライン』原作ファン必見! 原作シリーズの“合間”を描いたエピソードが公開

ゲームオンは、開発中のPC用MMORPG『ロードス島戦記オンライン』について、オープンサービスから新たに追加されるエピソードの一部などを公開した。