HOME> ニュース> 『アクアパッツァ』アクアプラスから2D格闘ゲームが登場

『アクアパッツァ』アクアプラスから2D格闘ゲームが登場

ゲーム アーケード
アクアプラス作品に登場する人気キャラクターたちが闘うアーケード用2D格闘アクションゲーム。

●アクアプラスキャラクターの最強を決める闘いが始まる

aqua01

 アクアプラス作品に登場する人気キャラクターたちが闘うアーケード用2D格闘アクションゲーム。『アルカナ ハート』シリーズを手掛けるエクサムが開発を担当。NESiCAxLive(ネシカクロスライブ)と呼ばれる通信システムを使って店舗に配信され、NESiCA(ネシカ)対応の筐体でプレイ可能となる。ここでは、参戦が決定しているタイトルと、5人のキャラクターを紹介しよう。

aquap02
aqua02
aquap01

■向坂 環(こうさか たまき)
(声:伊藤 静)
アイアンクローで相手の頭を鷲づかみ!? 環はパワーファイタータイプに見えるが、果たして?

■アロウン
(声:大川 透)
さすがは、伝説の魔王といった姿のキャラクター。剣を使った必殺技による攻撃も、威力が高そうだ。

■マルチ
(声:堀江由衣)
メイドロボらしく、掃除用具のモップを使って攻撃。しかしドジっ娘だけに技にはクセがある?

aqua05
aqua03

■小牧愛佳(こまき まなか)
(声:力丸乃りこ)
一見攻撃には見えないトリッキーな技のモーションが多い、玄人好みのキャラ。使いこなせるか!?

■カルラ
(声:田中敦子)
身の丈ほどもある大剣からくり出す攻撃は、リーチが長く破壊力も十分。逆に接近戦は苦手かも?

※詳しくは週刊ファミ通2011年2月10・17日合併号(2011年1月27日発売)をチェック!

アクアパッツァ
メーカー アクアプラス
対応機種
発売日 2011年春稼動予定
価格
ジャンル アクション / 格闘
備考 開発:エクサム
(C)2011 AQUAPLUS ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【ポケモンGO攻略】技修正で“シャワーズ・“カビゴン”・“カイリュー”はどう変わった?

2016年7月30日、『ポケモンGO』で威力が変更された技などを解説。

累計出荷300万枚突破! 『アイドルマスター シンデレラガールズ』記念イベントが人気声優総出演で大盛況!!

『アイドルマスター シンデレラガールズ』関連のコロムビアCDおよび、映像作品の累計出荷枚数が300万枚を突破! これを記念して開催されたスペシャルイベントに、潜入取材を敢行してきた。人気声優総出演で盛り上がった同イベントの詳細を、リポート形式で紹介!

『ポケモンGO』ポケモンの巣情報一覧[7月30日〜]

『ポケモンGO』で2016年7月30日にポケモンの巣の場所が変化。変化後の最新の巣の情報を公開。

【週間PVランキング】超豪華な顔ぶれに期待大の『龍が如く6 命の詩。』が1位に【7/23〜7/29】

ファミ通.com、2016年7月23日〜7月29日の週間PVランキングをお届けします。

アンリミテッド版の上映も発表! 生駒里奈さんらが登壇した映画『コープスパーティー Book of Shadows』初日舞台挨拶リポート

本日2016年7月30日、シネ・リーブル池袋にて開催された、映画『コープスパーティー Book of Shadows』の初日舞台挨拶をリポート。

『Caligula -カリギュラ-』上田麗奈さんや武内駿輔さんらが参加したファンイベントをリポート

2016年7月30日(土)、東京・新橋の新橋ヤクルトホールにて、フリューのプレイステーション Vita用RPG『Caligula-カリギュラ-』のスペシャルファンイベントが開催された。

“艦隊これくしょん -艦これ- 試製一六式高音質聴音機”メディア試聴会リポート

タカラトミーアーツの通販サイト“e組”にて受注生産受付中の“艦隊これくしょん -艦これ- 試製一六式高音質聴音機”の体験イベントが2016年7月30日(土)、8月6日(土)の2日間、東京・Gibson Brands Showroom Tokyoにて開催される。本記事では、体験会に先駆けて行われたメディア向け試聴会の模様をお届けする。

“ロマンシング佐賀3”開幕! 原画展には『サガ スカーレット グレイス』初公開イラストも

2016年7月30日、佐賀県とスクウェア・エニックスの『サガ』シリーズのコラボレーション企画第3弾“ロマンシング佐賀3”が、佐賀県にてスタートした。

『シェンムー3』の開発に岡安啓司氏の参加が決定 シリーズを支えたクリエイターがここに

『シェンムー3』の開発に岡安啓司氏が参加することが明らかに。