HOME> ニュース> 『ICO』と『ワンダと巨像』がHDクオリティーで復活! 『人喰いの大鷲トリコ』の最新画面も

『ICO』と『ワンダと巨像』がHDクオリティーで復活! 『人喰いの大鷲トリコ』の最新画面も

ゲーム プレイステーション3
日本のみならず、世界中から注目を集めているゲームデザイナー、上田文人氏。氏が手掛けた、プレイステーション2用ソフト『ICO』、そして『ワンダと巨像』がHDクオリティーでプレイステーション3にて発売されることが決定した。

2010-09-16

●HDクオリティーで蘇る

 日本のみならず、世界中から注目を集めているゲームデザイナー、上田文人氏。氏が手掛けた、プレイステーション2用ソフト『ICO』、そして『ワンダと巨像』がHDクオリティーでプレイステーション3にて発売されることが決定した。ここからは、『人喰いの大鷲トリコ』の最新画面写真とともに、蘇ったふたつのソフトの情報をお届けしていく。自然な人物の動き、緻密に描かれた背景、暖かみのある光の表現。上田氏が生み出す、リアリティー溢れた世界を感じてほしい。

toriko01

●ICO

古城に取り残された、ツノの生えた少年イコ。城で出会った謎の少女ヨルダ。ふたりは、パズルのような仕掛けを解きながら、城からの脱出を目指す。“手をつなぐ”という稀有なゲームシステムと独創性豊かな世界、そして儚い物語は深い余韻をプレイヤーに与えた。

toriko09

●ワンダと巨像

 禁忌の地を訪れた、青年ワンダと愛馬アグロ。魂を失った少女、モノを目覚めさせるため、ふたりは神々しさと獣のような荒々しさを兼ね備えた、“巨像”に戦いを挑む。巨像の体にしがみつき、よじ登り、剣を突き刺すという、斬新な戦闘システムを実現した意欲作だ。

toriko08

●人喰いの大鷲トリコ

 多彩な動物の要素が混在した大鷲トリコ。これは上田氏の狙いで、"へんないきもの"であることが重要なのだと言う。動物本来が持つ、魅力や感情を表現することにチャレンジしている本作。いままでに判明しているのは、主人公の少年は体力的な能力が低く、トリコがそれを補うというゲームバランスであること。ただし、トリコは都合よく動くわけではないため、生き物としての生態を利用する必要があるらしい。最新の画面写真からも、その特徴は垣間見られる。

toriko07

●ふたりが出会うもの

 残念ながら詳細なゲーム内容は明らかにされていないが、新たに公開された画面写真の中には、興味深いものがいくつかある。少年が抱える、青紫色の煙が立ち上る壷状のもの。黄色く輝く、円状の仕掛けのような造形物。細い足場の上をバランスを取りながら歩く少年。鎧姿の兵士を左足でなぎ払おうとするトリコ……。これらの写真からは、わずかではあるが本作のゲーム性が見て取れる。また、木の板にぶら下がる少年や、回転式の仕掛けを注視するトリコの姿からは、屋外でもさまざまな場面に遭遇するということがわかる。

toriko06

●トリコとの触れ合い

 体毛をつかんだり、よじ登るなど、トリコとはいつでも触れ合うことができる。また、なでたり、身体に突き刺さった槍を抜いたり、餌をあげることも可能だ。写真のように、トリコが少年に対してアクションを起こすという点も見逃せない。

toriko05

※詳しくは2010年9月30日号(2010年9月16日発売)をチェック!

人喰いの大鷲トリコ
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント
対応機種 プレイステーション3
発売日 未定
価格 未定
ジャンル アクションアドベンチャー / 冒険・ファンタジー
備考
ICO
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
対応機種 プレイステーション3
発売日 発売日未定
価格 価格未定
ジャンル アクション・アドベンチャー / 冒険・ファンタジー
備考
ワンダと巨像
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
対応機種 プレイステーション3
発売日 発売日未定
価格 価格未定
ジャンル アクション・アドベンチャー / 冒険・ファンタジー
備考
(C)Sony Computer Entertainment Inc.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『エルソード』“超越”でバトルのありかたが一変! 秋季アップデートの詳細が判明

NHN ハンゲームが運営するPC用オンラインアクションRPG『エルソード』の今秋のアップデート計画をご紹介。三次職に導入される超越スキルの秘密や、英雄ダンジョンに追加されるヘルモードの詳細など、注目の新情報をご覧あれ!

新キャラ、エースは可能性の塊……!? 『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送#5 詳細リポート!

2016年9月26日に、ニコニコ生放送にて放送された“DFF公式生放送#5 エース参戦&シアトFF AC稼働直前 SP”。5回目となる公式生放送では、『DFF』に新規参戦するキャラクター・エースの紹介や既存キャラクターの調整情報、公式全国大会の優勝チーム“@rumblePlaza”をゲストに、盛りだくさんの内容となった。本記事ではその詳細リポートをお届け!

国内配信の遅さは計画通りだった!? 『ポケモンGO』開発者が明かす“リリースまでの歩み”

『ポケモンGO』を手掛けるナイアンティックとポケモン両社のキーマンに制作秘話とこれからの展望を聞いた 

リオ競泳メダリストの松田丈志さんが“東京ジョイポリスVR大使”に就任! VRアトラクションの魅力を伝えるイベントを開催

セガ・ライブクリエイションが運営する東京・台場の屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスにて、セガサミーグループ所属のリオ競泳メダリスト・松田丈志さんが、“東京ジョイポリスVR大使”に就任。2016年9月27日に、VRアトラクションの楽しさを伝えるイベントが開催された。

【先出し週刊ファミ通】『モンスターハンター ストーリーズ』発売直前! 南国風の“クプニ村”をチェック!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、 いよいよ発売が目前に迫った『モンスターハンター ストーリーズ』の最新情報をボリューム増の8ページのお届け。

『ファイナルファンタジーXIV』Patch 3.4“魂を継ぐ者”が公開 “ダブルクロスホットバー”機能などが追加

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』において、大型アップデートとなるPatch3.4“魂を継ぐ者(Soul Surrender)”を公開開始した。

【先出し週刊ファミ通】『RPGツクール フェス』自分だけの冒険を作って配信しよう!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、『RPGツクール フェス』の最新情報をお届け。

【先出し週刊ファミ通】東京ゲームショウ2016来場者の期待作は? よかったブースは? TGS来場者に聞く、“ゲームファン意識調査”特集(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、特集“東京ゲームショウ2016来場者に訊いた! ゲームファン意識調査”をお届け! 

週刊ファミ通の誌面企画用にプレイステーション VR(PS VR)を体験してくれる方を募集!

週刊ファミ通2016年10月27日号(2016年10月13日発売)でプレイステーション VR発売記念特集を掲載予定。この特集記事の中で、老若男女さまざまな世代のユーザーの皆さんにプレイステーション VRを実際に体験していただき、その感想コメントとお写真を掲載させていただく企画を行います。こちらの企画にご協力いただける方を募集!

『大航海時代 Online』がYahoo!ゲームでサービス開始! 初回半額キャンペーンも

コーエーテクモゲームスは、サービス中の海洋冒険オンラインRPG『大航海時代 Online』について、ヤフーが運営するオンラインゲームサービス“Yahoo!ゲーム”にて、2016年9月27日よりWindows版のサービスを開始したことを発表した。