2009年の公演の模様は、以下でご覧ください。

※"ファミ通.com"のニュース記事へジャンプします。

『ペルソナ4』(アトラス)

全ての人の魂の詩
Reach Out To The Truth
記憶の片隅

心の力を具現化させた"ペルソナ"を呼び出し、"シャドウ"という異形と戦うRPGから戦闘曲「Reach Out To The Truth」など3曲を演奏。

『スーパーマリオブラザーズ』(任天堂)

コースBGMメドレー

さらわれたピーチ姫を救うべく、マリオが冒険するジャンプアクション。2007年にも演奏されているが、そのときとはアレンジが異なる。

『かまいたちの夜』/『弟切草』(スパイク・チュンソフト)

『弟切草』より館までの道で
『弟切草』より奈美の思い出
『かまいたちの夜』よりレクイエム
『かまいたちの夜』より悪夢

『弟切草』は、文章と映像、音楽が融合した"サウンドノベル"というジャンルを作り出した作品。『かまいたちの夜』は、その第2弾にあたる。

『幻想水滸伝』(KONAMI)

幻想の世界へ

『水滸伝』をモチーフにしたファンタジーRPGで、主人公は107人の仲間とともに赤月帝国を倒すべく戦う。

ファミコンここまで出てるのにメドレー(昼の部)
(Tozai Games/インテリジェントシステムズ/カプコン/KONAMI/サン電子/任天堂)

『スーパーマリオブラザーズ』/『スペランカー』/『クルクルランド』/『迷宮組曲』/『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島-前編-』/『メタルギア』/『アトランチスの謎』/『がんばれゴエモン! からくり道中』/『光神話 パルテナの鏡』/『魔界村』/『ゼルダの伝説』/ディスクシステムのテーマ

ファミコンの名作ソフトの曲を、メドレー形式で演奏。モザイクがかかったゲーム映像が少しずつ晴れていくことで、ヒントと解答を楽しめた。

ファミコンここまで出てるのにメドレー(夜の部)
(インテリジェントシステムズ/KONAMI/任天堂/バンダイナムコエンターテインメント)

『スーパーマリオブラザーズ』/『悪魔城ドラキュラ』/『ドクターマリオ』/『マッピー』/『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』/『チャレンジャー』/『イー・アル・カンフー』/『バルーンファイト』/『謎の村雨城』/『ゼルダの伝説』/ディスクシステムのテーマ

ファミコンの名作ソフトの曲をそれぞれ少しだけ聴き、わかった人は拍手をして答えるというゲーム形式で演奏された。

『ポータル』(VALVE)

Still Alive

3D空間で独特の謎解きに挑戦するアクションパズルゲーム。エンディング曲『Still Alive』を野島一成氏が和訳したものが披露された。

『大神(OKAMI)』(カプコン)

始まり
両島原 其の二
「Reset」〜「ありがとう」バージョン〜

狼の姿をしたアマテラスが、世界の平和を取り戻すために冒険する和風アクションアドベンチャー。画面に筆で模様を描いて能力を使う"筆しらべ"が特徴的。

『エース・コンバット・ゼロ ザ・ベルカンウォー』(バンダイナムコエンターテインメント)

ZERO

戦闘機パイロットの主人公が、傭兵として"ベルカ戦争"を戦い抜くさまを描いたフライトシューティング。2007年からの再演曲。

『リズム天国』(任天堂)

忍者

『忍者』は白忍者と同じリズムを黒忍者が返すゲーム。企画者が白忍者、観客が黒忍者に扮し、演奏とともにライブで楽しんだ。

『ファンタジーゾーン』(セガ)

START〜OPA-OPA!/SHOP/KEEP ON THE BEAT/SAARI/HOT SNOW/BOSS/YA-DA-YO/MISS/VICTRY WAY

ファンシーでポップな雰囲気が特徴の、横スクロールシューティングゲーム。ボス戦やエンディングの曲をメドレー形式で演奏。

『俺の屍を越えてゆけ』(ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア)

短命の呪いをかけられた一族が、呪いの元凶である朱点童子を倒すべく戦うRPG。オープニング曲の「花」を樹原涼子氏が情感たっぷりに歌い上げた。

『テイルズ オブ レジェンディア』(バンダイナムコエンターテインメント)

melfes〜輝ける青 Concert version

人気RPG『テイルス オブ』シリーズの中でも、異彩を放つ作品。演奏曲である『melfes〜輝ける青』は、タイトル画面や重要な回想シーンなどで流れる。

『ファイナルファンタジーX』(スクウェア・エニックス)

ザナルカンドにて

日本を代表するRPGシリーズ『ファイナルファンタジー』のナンバリング第10作。『ザナルカンドにて』は、本作のオープニングで聴くことができる。

『星のカービィ』(ハル研究所/任天堂)

『星のカービィ』メドレー

ピンク色の丸っこいカービィが、敵を吸い込んで倒すアクションゲーム。演奏では、シリーズの中から初代ゲームボーイ版の曲をメドレー形式で披露。

※本サイトは、PRESS START 実行委員会から株式会社KADOKAWA・DWANGOに対し、 制作・運営業務を委託しております。

※株式会社KADOKAWA・DWANGO又は権利者から適正な許諾を得ることなく、本サイトの全部又は一部を複製、出版、上映、レンタル、販売、頒布、展示、公衆送信(自動公衆送信可能化を含みます)等することは、法律により固く禁じられております。