アニメ『Newパンティ&ストッキング』ニーソックスやスキャンティも登場するティザービジュアルが公開。今石洋之監督ほかメインスタッフも発表【パンスト】

更新
アニメ『Newパンティ&ストッキング』ニーソックスやスキャンティも登場するティザービジュアルが公開。今石洋之監督ほかメインスタッフも発表【パンスト】
 2024年7月5日、アニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』の新作のタイトルロゴとティザービジュアルが公開された。正式タイトルは『New PANTY & STOCKING with GARTERBELT』。制作は今石洋之監督をはじめ、トリガーのスタッフが手掛ける。
関連記事:アニメ『パンティ&ストッキング』新作『NEW PANTY AND STOCKING』が始動! トリガーがガイナックスから原作権を譲り受け実現
広告
[IMAGE]以下、リリースより引用。

TRIGGER の超豪華スタッフ集結で描く新作アニメーション『New PANTY & STOCKING with GARTERBELT』制作決定

タイトルロゴ&ティザービジュアルを公開
監督・今石洋之ほかメインスタッフも発表
 約14年前に放送され、世界各国で大きな話題となったMADE IN JAPAN カートゥーンアニメ、
『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』の新プロジェクト情報が解禁となる。

 昨年2023年にアメリカ・ロサンゼルスでTRIGGERより新プロジェクトの始動が発表された本作。新作アニメーションとして制作が決定した。さらに一年の時を経て、満を持してタイトルロゴとティーザービジュアルを公開する。
[IMAGE]
 新作アニメーションの正式タイトルは『New PANTY & STOCKING with GARTERBELT』に決定。

 そして気になる新作のスタッフ情報も解禁となった。ティザービジュアルはパンティ、ストッキングの二人と、それを取り巻く仲間たちのブリーフ、ガーターベルト、チャックたちに加え、敵対していた二—ソックスとスキャンティとファスナーが一堂に会したビジュアルとなっている。ポップでスタイリッシュな新作ロゴも公開となったので、こちらもぜひご注目いただきたい。

■メインスタッフ情報を公開!

 そして、本作のメインスタッフ情報も公開。

 アニメーションの制作は
『キルラキル』、映画『プロメア』、『サイバーパンク:エッジランナーズ』などを手掛けたTRIGGERが担当し、監督は前作に引き続き今石洋之が務める事が決まった。さらにオリジナルキャラクターデザインとして前作に引き続き錦織敦史が名前を連ねる。

 ストーリーも前作に引き続き若林広海が担当するほか、キャラクターデザインは映画
『プロメア』でキャラクターデザインを務めたコヤマシゲト、『キルラキル』でキャラクターデザインを務めたすしお、映画『グリッドマン ユニバース』や『SSSS.GRIDMAN』シリーズでキャラクターデザインを務めた坂本 勝が参加することが発表された。さらにTRIGGERの最前線で活躍するクリエイター吉成 曜がスペシャルスペシャリストとして参加することも決定した。

 世界中を席巻するアニメーションスタジオ・TRIGGER がまさに総力を挙げて挑む新しい「パンスト」に、ぜひご期待
頂きたい。

 さらに、アメリカ・ロサンゼルスで開催となるAnime Expo2024にて本日7月5日(金)、日本時間8時45分(現地時間:16時45分)より行われるKADOKAWAインダストリーパネルでは、更なる新情報を発表予定。続報をぜひお楽しみに!!

■作品情報

ビッチ天使姉妹が巻き起こす、ハイパークレイジーバトルアクションヒューマンコメディドラマ!
神と悪魔の狭間の街、ダテンシティ。
今日も人知れず恐ろしい悪霊<ゴースト>たちが街を蝕む。
そんな時、人々の欲望や怨念の魂たる悪霊<ゴースト>を、人知の及ばぬ光をもって消し去る者達がいた。
その名は、天使パンティ&ストッキング!!
地上に蔓延る闇を祓う使命を託された堕天使姉妹。
その正体は果たして神の使いか…悪魔の僕(しもべ)か…。

■STAFF

  • 原案:GEEKFLEET
  • 監督:今石洋之
  • シリーズ構成:今石洋之・若林広海
  • オリジナルキャラクターデザイン:錦織敦史
  • キャラクターデザイン:コヤマシゲト・すしお・坂本 勝
  • アートディレクション:コヤマシゲト
  • スペシャルスペシャリスト:吉成 曜
  • コンセプトプランナー:若林広海
  • アニメーション制作:TRIGGER

■旧作配信情報

『Panty&Stocking with Gerterbelt』は下記サイトにて好評配信中!

見放題サイト

都度課金サイト
    この記事を共有

    本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

    週刊ファミ通
    購入する
    電子版を購入