【ソフト&ハード週間販売数】『真・女神転生V Vengeance』が首位獲得&3機種版同時にトップ10入り! Switch『モンハンストーリーズ』『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』も好調【6/10~6/16】

更新
【ソフト&ハード週間販売数】『真・女神転生V Vengeance』が首位獲得&3機種版同時にトップ10入り! Switch『モンハンストーリーズ』『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』も好調【6/10~6/16】
 ファミ通発表の売上ランキング。今回は2024年6月10日~6月16日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

 トップ10のうち、5本が初登場のタイトル(機種別にカウントすると3作品)となった今週のランキング。その中で首位に輝いたのは、Nintendo Switch版『真・女神転生V Vengeance』。

 本作は2021年に発売され、世界累計100万本以上を売り上げたRPG『真・女神転生V』のパワーアップ版。バトルシステムやシナリオの改善および、新たな物語“復讐の女神篇”など新規要素も多数追加されており、31888本という好セールスを記録。

 2位と7位には、プレイステーション5版とプレイステーション4版もランクインしており、全バージョンの累計販売本数は56865本となっている。
広告
 続いて4位に食い込んだのは、こちらも初登場の『モンスターハンター ストーリーズ』。本作は2016年にニンテンドー3DSで発売されたタイトルを、高画質化&フルボイス対応でリリースしたリマスター作品。

 『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』とセットになったダブルパックも各ストアで販売中だ。
 そして10位には、スナフキンとなって『ムーミン』世界を探索するアドベンチャー『スナフキン:ムーミン谷のメロディ』パッケージ版がランクイン。先行して発売されたダウンロード版も高い評価を得ている注目の一作だ。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(初登場) Switch 真・女神転生V Vengeance
31888本(累計31888本)/アトラス/2024年6月14日

2位(初登場) PS5 真・女神転生V Vengeance
18610本(累計18610本)/アトラス/2024年6月14日

3位(前回1位) Switch ペーパーマリオRPG
10663本(累計17万9496本)/任天堂/2024年5月23日

4位(初登場) Switch モンスターハンター ストーリーズ
10216本(累計10216本)/カプコン/2024年6月14日

5位(前回2位) Switch あつまれ どうぶつの森
7841本(累計780万710本)/任天堂/2020年3月20日

6位(前回3位) Switch マリオカート8 デラックス
6524本(累計587万560本)/任天堂/2017年4月28日

7位(初登場) PS4 真・女神転生V Vengeance
6367本(累計6367本)/アトラス/2024年6月14日

8位(前回4位) Switch Minecraft
4872本(累計354万4346本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日

9位(前回8位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
3655本(累計552万5609本)/任天堂/2018年12月7日

10位(初登場) Switch スナフキン:ムーミン谷のメロディ
3430本(累計3430本)/架け橋ゲームズ/2024年6月13日

11位より下の数値は、ファミ通.com内
''ゲーム販売本数ランキングページ''にて2024年6月21日以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。

ハード推定販売台数

  • Switch/4320台(累計1980万9317台)
  • Switch Lite/8556台(累計588万5101台)
  • Nintendo Switch(有機ELモデル)/25639台(累計739万8161台)
  • PS5/19336台(累計491万2097台)
  • PS5 デジタル・エディション/3546台(累計79万3922台)
  • Xbox Series X/921台(累計28万3089台)
  • Xbox Series S/451台(累計31万4806台)
  • PS4/179台(累計792万6750台)
※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2024年6月10日~6月16日。
      この記事を共有

      本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

      週刊ファミ通
      購入する
      電子版を購入