PlayStation Portal リモートプレーヤーのシステムアップデートが6月20日に配信。一部パブリックWi-Fi対応など新機能が追加

更新
PlayStation Portal リモートプレーヤーのシステムアップデートが6月20日に配信。一部パブリックWi-Fi対応など新機能が追加
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2024年6月20日に配信する“PlayStation Portal リモートプレーヤー(以下、PS Portal)”のシステムアップデート内容を公開した。
広告

6月20日配信のシステムアップデートで新機能が追加

 6月20日に配信されるシステムソフトウェアアップデートにて、一部のパブリックW-Fiネットワーク(※1)に接続できるようになる。ホテル、カフェ、空港などで提供されている追加の認証手順を必要とするW-Fiネットワークに接続することができる。

 これらのネットワークに接続するためには、PS Portalに表示されるQRコードをスマートフォンやタブレットなどでスキャンし、モバイルデバイスのWebブラウザーで認証を行なう必要がある。
※1:パブリックネットワークに接続するには、PS Portalの初期設定が完了している必要があります。接続時の認証には、スマートフォンなどのパブリックネットワークに繋げられるほかのデバイスが必要です。5GHz帯などの一部のパブリックネットワークにPS Portalを接続できない場合があります。[IMAGE]
QRコードはダミー
 また、液晶ディスプレイに表示されるタッチパッドエリアに、新たな視覚的フィードバックを追加。リモートプレイ中に画面のタッチパッドエリアを使用すると、操作に応じたエフェクトが画面に表示される。

 このほか、画面右上のステータスバーにあるバッテリー残量をパーセントで表示できるようになった。バッテリー残量を表示したい場合は、クイックメニューの[設定] > [システム] > [バッテリー]を選んで、[バッテリー残量を表示]をオンにしよう。
[IMAGE]

PS Portalの利用データが公開

 システムアップデートの内容のほか、PS Portalの利用データが公開された。

 PS Portalユーザーの60%以上は、PS5のリモートプレイ機能を初めて使用するユーザーであったことがわかったという(※2)。また、PS Portalを通じてゲームにアクセスしやすくなった結果、PS Portal発売後にPS5でのエンゲージメントが増加する傾向も見られたそうだ。
※2:2020年11月から2024年4月のソニー・インタラクティブエンタテインメント社内のデータ
 PS Portalでプレイされているゲームのジャンルは多岐にわたり、本機発売後3ヵ月(※3)のあいだに多くのユーザーにプレイされたゲームには、『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』『Marvel’s Spider-Man 2』『ASTRO’s PLAYROOM』などのシングルプレイのゲームに加えて、『フォートナイト』『ロケットリーグ』『EA SPORTS FC 24』といったマルチプレイのタイトルがランクインしたとのこと。
※3:2023年11月15日から2024年2月15日のソニー・インタラクティブエンタテインメント社内のデータ※画像はPlayStation.Blogより引用。
    この記事を共有

    本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

    週刊ファミ通
    購入する
    電子版を購入