MAGES.がPCブランド設立! 第1弾ソフトは『シュタインズ・ゲート 8bit』

ゲーム PC
『シュタインズ・ゲート』や『ファントムブレイカー』などでおなじみのMAGES.が、新たにPCブランドを設立することが発表された。同ブランドから発売される第1弾タイトルは『シュタインズ・ゲート 8bit』。

●完全オリジナルのストーリーが展開

sg8bit01

 『シュタインズ・ゲート』や『ファントムブレイカー』などでおなじみのMAGES.が、新たにPCブランドを設立することが発表された。ブランド名は未定とのことだが、同ブランドから発売される第1弾タイトルも発表。気になるそのタイトルは『シュタインズ・ゲート 8bit』。かねてより制作中と言われていた作品が、ついにリリースされることとなる。

 『シュタインズ・ゲート 8bit』では、Xbox 360やPC、PSPでリリースされた『シュタインズ・ゲート』の物語とは、また別の世界線での物語が展開。しかも、1980年代に逆行するかのような、コマンド入力式アドベンチャーゲームとなっているのだ。たとえば、目の前の人物に話しかけるときは“talk”、扉を開けて外に出るときは“open door”など、プレイヤーの発想力が物語を進めるための重要な要素となる。

 さらに、グラフィック描画システム“ライン&ペイント”を完全再現しているのも特徴。画面が切り替わるたびに一線一線ラインが引かれ、デジタル8色のタイルパターンで描写されていた1980年代当時のアドベンチャーゲームの雰囲気を存分に楽しめるようになっている。ただし、高速描写機能も用意されているので、ストレスなくプレイしたいという人は、そちらの機能を使ってプレイすることができる。

sg8bit07
sg8bit02

●昔懐かしいFM音源(OPN)+PSGのBGM

 また、劇中BGMも徹底的に1980年代の音源を再現している。まだ、“FM音源に習熟していない時期”という設定まで持ち込んで、音源をチープにアレンジ。さらにFM音源もストリーミング再生ではなく、エミュレーションによる再現をすることで、効果音が鳴ったときに同時再生可能音声数が足りなくなって起こる“パート抜け”も発生するのだ。もう正直何を言っているんだかわからないという人は、とにかく制作陣がノリと勢いで、こだわりまくって作っているんだ、と思っていただければ問題ないだろう。

sg8bit03
sg8bit04

■ストーリー

 世界線1,048596――岡部倫太郎があの夏の出来事で到達したシュタインズ・ゲート世界線だ。あの惨劇の事件や、第三次世界大戦も起こらない未知の世界線。誰も見たことのない明日が訪れる世界。

 あるとき岡部は突然の目眩のような感覚に襲われた。この感覚は以前にも感じたことがある――そう、世界線が移動したのだ。タイミングを見計らったかのように携帯電話にメールが届き、嫌な予感がしたが、メールを開いてみると、それは2025年の未来の岡部から届いたDメールだった。

 どうやら、世界線が0.000132%ズレているようだ。その原因は幻のレトロPC“IBN5100”が疾風迅雷のナイトハルトという人物の手に渡ったことで世界中の基幹産業の全てを“萌え産業”へとすり替えてしまい、15年後の2025年で世界恐慌が発生、あらゆる国家や宗教が“萌え”の前に敗北し崩壊していくことになる。これはもはや、ディストピアや第三次世界大戦など比ではない悲劇。――まさに“カオス”。

 未来の岡部からはそのIBN5100を奪還せよとのことだ。岡部は、いや岡部たちラボメンのメンバーはIBN5100を奪還し、シュタインズ・ゲート世界線に戻ることができるのだろうか……?

sg8bit05
sg8bit06

■初回出荷版特典情報

 初回出荷分に限り、パッケージレトロゲーム風パッケージが出荷される。また、FM音源(OPN)+PSGにアレンジした劇中BGMサウンドトラックを同封。

■ブランドプロデューサー・番馬バン。氏からのコメント

 はじめまして、番馬バンです。このたび、MAGES.にて新PCブランドを立ち上げることになりました。位置づけとしては5pb.Gamesの兄弟ブランドだと思っていただけるとありがたいです。5pb.Gamesからのタイトル移植はもちろんのこと、オリジナルタイトルも今後は発表していく予定です。ぜひ生温かい目で見ていただけますと幸いです(初タイトルがまさかこんなタイトルになるとは(汗))。また、ブランド名は近日中に発表する予定です。お楽しみに!

株式会社MAGES. 新PCブランドプロデューサー 番馬バン

シュタインズ・ゲート 8bit
メーカー ブランド名未定(MAGES.)
対応機種 Windows
発売日 2011年10月28日発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル アドベンチャー / SF・科学
備考 企画:志倉千代丸、プロデューサー:松原達也、ブランドプロデューサー:番馬バン。、シナリオ:林直孝、音楽:阿保剛
(C)2011 5pb./Nitroplus ※画面は開発中のものです。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

フリューのPS4完全新規タイトル『CRYSTAR -クライスタ-』の公式サイト&ムービーが公開! 発売日は2018年10月18日!!

フリューは、プレイステーション4向けに発売予定の完全新規タイトル『CRYSTAR -クライスタ-』の公式サイトとティザームービーを公開した。

Xbox Oneソフト戦略のカギを握る、マイクロソフトのマイク・イバラ氏に聞く、「ファンの方の求めるものにフォーカスしていく」【E3 2018】

マイクロソフト コーポレート・バイス・プレジデント グロース&エンゲージメント ディビジョンのマイク・イバラ氏へのインタビューをお届けしよう。

“セガなま”6月26日放送回は、『ぷよぷよ』プロプレイヤーがゲストに登場

セガゲームスは、2018年6月26日21時よりセガのゲーム情報をお届けするバラエティ番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”2018年6月放送回を、ニコニコ生放送、YouTube LiveおよびPeriscopeにて配信する。

『デビル メイ クライ 5』はどんなストーリー? あのキャラクターも登場? 気になる内容をスタイリッシュに解説【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、カプコンのスタイリッシュアクション最新作『デビル メイ クライ 5』の第1報をお届け!

『バイオハザード RE:2』ついに情報解禁! 解説あり、プレイインプレッションありの第1報【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、カプコンから2019年1月25日に発売予定のプレイステーション4/Xbox One/PC用サバイバルホラー最新作『バイオハザード RE:2』の新情報をお届け!

製品版同等の冒頭3時間を無料体験版に。『オクトパストラベラー』高橋P、宮内Dに、ゲームの見どころから体験版の意図までを訊いた【E3 2018】

『オクトパストラベラー』の高橋真志プロデューサーと宮内継介ディレクターに直撃インタビュー!

『魔界塔士 Sa・Ga』など、『サガ』シリーズ3作品の楽曲を収録した映像付きサントラ『SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc』のジャケット画像とプロモーション映像が公開

スクウェア・エニックスは、2018年8月8日発売予定の映像付きサウンドトラック『SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc』のジャケット画像とプロモーション映像を、本日(2018年6月19日)公開した。本サウンドトラックには、『魔界塔士 Sa・Ga』、『Sa・Ga2 秘宝伝説』、『時空の覇者 Sa・Ga3 [完結編]』の全楽曲が収録されている。

『ソウルキャリバーVI』邪剣と霊剣を巡る物語の原点が描かれる“ソウルクロニクル”とは?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、発売日が2018年10月18日(PC版は2018年10月19日)に決定した、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ソウルキャリバーVI』の最新情報を掲載している。

『マリオテニス エース』がついに発売! インタビューを交えて、白熱間違いなしの対戦が楽しめる作品の魅力に迫る!!【先出し週刊ファミ通】

任天堂より2018年6月22日に発売が予定されているNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『マリオテニス エース』。週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、ゲームの魅力に迫る発売記念記事を掲載。3名の開発のキーマンにスペシャルインタビューも実施している。

『デモンエクスマキナ』完全新作メカアクションをスクープ! 本作のキーマン・佃健一郎氏×河森正治氏へのインタビューも掲載! 【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年7月5日号(2018年6月21日発売)では、Nintendo Switchで発売される『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』を、佃氏と河森氏のインタビューとともにたっぷりとお届け。