【任天堂】Wii U本体と周辺機器の修理受付が終了。必要な部品の在庫がなくなったため

更新
【任天堂】Wii U本体と周辺機器の修理受付が終了。必要な部品の在庫がなくなったため
 任天堂は、2024年7月3日をもってWii U本体と周辺機器の修理サービスを終了した。
広告
 サービス終了の理由は、Wii Uの修理サービス規程が定める修理用部品の保有期間が経過し、修理に必要な部品の在庫がなくなったため。Wii U GamePadなどを含む周辺機器も修理受付終了となる。

 Wii Uは、2012年12月8日に任天堂よりWiiの後継機として発売された据え置き型ゲーム機。接続したテレビ画面とコントローラー“Wii U GamePad”の画面を組み合わせたゲームプレイが特徴で、ソフトによってはGamePadだけでのプレイも可能。“amiibo”を使ったサービスや初代『スプラトゥーン』の発売などさまざまな要素で注目を集めた。
    この記事を共有

    本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

    週刊ファミ通
    購入する
    電子版を購入