『エルデンリング』DLC条件に向けて再開する褪せ人は必見! 攻略手順やオススメ武器などDLCをスムーズに開始するためのプレイガイド

byAk

更新
『エルデンリング』DLC条件に向けて再開する褪せ人は必見! 攻略手順やオススメ武器などDLCをスムーズに開始するためのプレイガイド
 いよいよ2024年6月21日に配信が迫った、アクションRPG『ELDEN RING』(エルデンリング)の大型DLC(ダウンロードコンテンツ)『SHADOW OF THE ERDTREE』(シャドウ オブ ジ エルドツリー)。このDLCでは新たな舞台“影の地”にて、ミケラをめぐる物語、そして『エルデンリング』ならではの謎と危険に満ちた冒険が楽しめる。
広告
[IMAGE]
 プレイヤーである褪せ人たちにとって待望のDLCだけに、すでに準備万端のプレイヤーも多いことだろう。その一方で、「ひさしぶりに『エルデンリング』をプレイするけれど、周回プレイの途中で止まっていて、この周回ではまだラダーンを倒してない!」「使いやすい武器はなんだっけ?」」という人も少なからずいるはず。

 そこでこの記事では、そういったプレイヤーに向けて、DLCをスタートさせるために必要な手順を解説。さらに効率的なルーン稼ぎの方法や、攻略に役立つオススメ武器・魔術・祈祷・遺灰・タリスマンなどについても紹介していく。

 なお、攻略法やオススメ武器などは、あくまでライターの見解によるもの。プレイヤーごとにプレイスタイルや攻略法が異なるのも『エルデンリング』の魅力のため、あくまで一例として参考にしてほしい。

DLC解放条件となる“星砕きのラダーン”&“血の君主、モーグ”と戦うまでの流れ

 DLCエリアの開放条件となるのは、“星砕きのラダーン”および“血の君主、モーグ”の撃破。そこでここでは、各ボスと戦うまでの流れを解説していく。ひさしぶりのプレイで、ラダーン祭りの開催条件や、モーグウィン王朝への到達方法を忘れている人はチェックしてほしい。
[IMAGE]
条件を満たしたうえで、モーグと戦った場所にある繭を調べると、DLCエリアである“影の地”に移動できる。

“星砕きのラダーン”はラダーン祭り開催条件を満たせば“赤獅子城”で戦える

 “星砕きのラダーン”は、ケイリッドにあるダンジョン“赤獅子城”のボス。開催条件を満たして赤獅子城の奥の広場でラダーン祭り開催のイベントを発生させ、エレベーターで降りるとボスエリアへ移動できる。
[IMAGE]
 ラダーン祭りの開催条件は魔女ラニ関連のイベントを進めるなど複数あるが、最も条件を満たしやすいのが、“アルター高原のいずれかの祝福に触れる”ことだ。
[IMAGE]
 なお、湖のリエーニエ側の“デクタスの大昇降機”の近くにある“古遺跡断崖”から進めば、デクタスの割符を左右二枚集めなくてもアルター高原に到達できる。道中でボス“溶岩土竜、マカール”を倒す必要はあるものの、2周目以降のプレイの場合はそちらのルートからアルター高原の祝福に触れるのがオススメだ。
[IMAGE]
 “古遺跡断崖”へは、祝福“レアルカリア東門”から北東の“デクタスの大昇降機”に向かう道中、上記写真のピンを指した場所の付近から崖を降りて北東に進むと到達できる。

 “古遺跡断崖”を進み、ボス“溶岩土竜、マカール”を撃破してからリフトに乗ると、アルター高原の祝福“捨てられた棺”に到達可能だ。その後は赤獅子城の広場に向かい、ラダーン祭り開催イベントを発生させてからボスエリアへと進もう。

白面のヴァレーのイベントを進めれば“モーグウィン王朝”へ到達

 “血の君主、モーグ”は、地下世界のダンジョン“モーグウィン王朝”のボス。“モーグウィン王朝”へ移動するためには、NPCである白面のヴァレーのイベントを進めると入手できるアイテム“純血騎士褒章”を使用するのが、もっともお手軽だ。
[IMAGE]
 まずはリムグレイブの“漂着墓地”からすぐの位置にある祝福“導きのはじまり”で白面のヴァレーと会話。その後、“接ぎ木のゴドリック”撃破後に円卓で二本指に会うと、白面のヴァレーが“湖のリエーニエ”の西部(祝福“エビ茹でのボロ屋”の北西)にある“バラ教会”に移動する。
[IMAGE]
 その後に会話を進めて「違和感がある」と返答すると、“爛れた血指”を渡され、他プレイヤーの世界への侵入を勧められる。このとき敵対プレイに抵抗がない場合は、オンラインで他プレイヤーの世界に侵入するのが手っ取り早いが、敵対プレイをせずともイベント進行条件を満たすことが可能。
[IMAGE]
 敵対プレイなしでイベントを進める場合は、アルター高原の“血の蠢く廃墟”にある赤サインから“獣の爪、マグナス”の世界に侵入し、撃破しよう。赤サインは、“血の蠢く廃墟”の北東の建物にある。“獣の爪、マグナス”は祈祷による遠距離攻撃を仕掛けてくるので、高火力の攻撃手段で接近戦を挑み、短期決戦を狙うのが得策だ。
[IMAGE]
 その後、白面のヴァレーから“血の君主の誓布”を受け取ったあとは、指巫女の血で誓布を染める必要がある。場所としてはリムグレイブの“王を待つ礼拝堂”か、湖のリエーニエの“鎮めの教会”にいる指巫女の遺体を調べるのが手っ取り早い。
[IMAGE]
 なお、該当する周回で“四鐘楼”にまだ行っていない、または“魔石剣の鍵”を持っている場合は、バラ教会を北西に移動し、北に進んだ先の“四鐘楼”から“王を待つ礼拝堂”へとワープするのがオススメだ。最初に訪れた際は“四鐘楼”の最も高い場所にある鐘楼の下の宝箱から、“魔石剣の鍵”を入手できる。

 “四鐘楼”には“魔石剣の鍵”を使うことで解放できる転送門が3つあるが、その行き先は門の前のメッセージで確認できる。今回の場合は“王を待つ断崖”のメッセージがある転送門に鍵を使おう。

 そして指巫女の血で誓布を染めた後に、白面のヴァレーと2回会話すると、モーグウィン王朝へ移動するために必要な“純血騎士褒章”を入手可能。アイテムとして“純血騎士褒章”を使用すれば、モーグウィン王朝へとワープできる。
[IMAGE]
“血の君主、モーグ”と戦うまでの流れ
  • 祝福“導きのはじまり”の近くで白面のヴァレーと会話する
  • 条件を満たしてバラ教会に白面のヴァレーが現れたら話しかけ、「違和感がある」と返答
  • その後、下記ABのいずれかの条件を満たす
  •  A:“爛れた血指”または“血の指”を使って3回ほかのプレイヤーの世界へ侵入する
  •  B:アルター高原の“血の蠢く廃墟”にある赤サインから侵入し“獣の爪、マグナス”を倒す
  • 白面のヴァレーから“血の君主の誓布”を受け取る
  • 指巫女の血で誓布を染める
  • 白面のヴァレーと2回会話して“純血騎士褒章”を受け取る
  • “純血騎士褒章”を使用してモーグウィン王朝へ移動する
  • モーグウィン王朝の最奥にいる“血の君主、モーグ”を倒す

効率のいいルーン稼ぎ場所&鍛石の入手方法

 続いてはDLCに備えた、効率的なルーン稼ぎの方法を紹介。

オススメのルーン稼ぎ場所は“王朝に至る崖路”の周囲

[IMAGE]
 方法はシンプルで、モーグウィン王朝の祝福“王朝に至る崖路”の周囲にいる、しろがね人の集団を広範囲攻撃でなぎ払うだけ。簡単かつ効率的にルーンを稼ぐことができる。前方広範囲へ攻撃可能な固有戦技を持つ、“神の遺剣”を使うことができればベストではあるものの、ほかにも攻撃範囲の広い攻撃手段があれば代用が可能。
[IMAGE]
 DLCエリア開放条件を満たすためにも、モーグウィン王朝には必ず行くことになるので、ついでにルーン稼ぎを行うといいだろう。ちなみに祝福“王朝に至る崖路”へは、モーグウィン王朝へのワープ後すぐの祝福“王朝廟入口”から逆走するように湖を渡っていくと到達できる。
[IMAGE]
 また若干効率は落ちるが、祝福“王朝廟中腹”付近でもルーンは稼ぎやすい。敵の数は少ないものの狭い場所に密集しているので、攻撃範囲の狭い戦技であってもまとめて撃破できる。

武器の強化素材を購入するための鈴玉の入手方法

 武器強化の際にルーンと同時に必要になるのが、武器の強化素材となる“鍛石”や“喪色の鍛石”。フィールド探索や雑魚ドロップなどでも入手できるが、大量に入手するには特定の鈴玉を入手し、円卓の“双子の老婆”に鈴玉を捧げて購入するのがオススメだ。
[IMAGE]
 “鍛石”は“鍛石掘りの鈴玉”、“喪色の鍛石”は“喪色掘りの鈴玉”を老婆に捧げると、ルーンさえあれば無制限に購入できるようになる。各鈴玉の入手方法を記載するので、これを参考に強化素材を集めよう。

 なお最大強化の際に必要になる“古竜岩の鍛石”、“古竜岩の喪色鍛石”は、1周で入手できる数に限りがあるので、使用の際は注意しよう。

鍛石掘りの鈴玉の入手方法
鈴玉【1】(鍛石【1】【2】が購入可能)
 →湖のリエーニエ“レアルカリアの結晶坑道”のボス“結晶人”撃破
鈴玉【2】(鍛石【3】【4】が購入可能)
 →アルター高原“封印された坑道”の宝箱から入手
鈴玉【3】(鍛石【5】【6】が購入可能)
 →巨人たちの山嶺“ザミエルの廃墟”の宝箱から入手
鈴玉【4】(鍛石【7】【8】が購入可能)
 →崩れゆくファルム・アズラのボス“神肌のふたり”撃破

喪色掘りの鈴玉の入手方法
鈴玉【1】(喪色の鍛石【1】【2】が購入可能)
 →ケイリッド“サリアの結晶坑道”のボス“降る星の獣”撃破
鈴玉【2】(喪色の鍛石【3】【4】が購入可能)
 →アルター高原“アルター坑道”のボス“結晶人(×2)”撃破
鈴玉【3】(喪色の鍛石【5】【6】が購入可能)
 →巨人たちの山嶺の祝福“第一マリカ教会”付近の遺体
鈴玉【4】(喪色の鍛石【7】【8】が購入可能)
 →崩れゆくファルム・アズラの祝福“竜巻を望む霞台”付近の遺体
鈴玉【5】(喪色の鍛石【9】が購入可能)
 →崩れゆくファルム・アズラの祝福“大橋梁の脇”の下にある遺体

汎用性の高いオススメ武器

 ここからは扱いやすいオススメ武器をいくつか紹介していく。基準としてはリーチが長い、ソロ攻略に役立つ固有戦技がある、など汎用性の高い武器をピックアップして紹介していく。2周目のプレイヤーも、自分のプレイスタイルに合っている武器で未使用のものがあれば使ってみてほしい。

 なお、武器名の横の能力値はその武器を扱ううえで優先的に伸ばしておきたいステータスとなっている。

冒涜の聖剣(筋力、信仰)

[IMAGE]
入手方法
  • 円卓の指読みエンヤから、“冒涜の君主の追憶”を消費して交換

 固有戦技“略奪の炎”のリーチが非常に長く、敵をダウンさせられるので単体相手にも複数相手にも強い武器。

 また武器本体の性能効果で、敵撃破時にHPが回復する。戦技にも攻撃命中時にHP回復効果があるため、多くの敵を巻き込むとかなりのHPが回復できる。とくに攻略において安定感が非常に高くなるので、初見攻略に活用できるはず。

 ただし戦技が炎属性なので、炎耐性を持つ敵には効果的にダメージを与えにくいのが弱点。同じ筋力+信仰武器であるマリケスの黒き剣や神の遺剣と使い分けるといいだろう。

 “冒涜の君主の追憶”はアルター高原のレガシーダンジョン“火山館”のボス“冒涜の君主、ライカード”を倒さなければ入手できないので、入手までやや手間なのが難点。

神の遺剣(筋力、信仰)

[IMAGE]
入手方法
  • 指読みエンヤから、“エルデの追憶”を消費して交換

 固有戦技“黄金波”は、発生がやや遅いものの前方広範囲を攻撃可能。

 基本的にはモーグウィン王朝などでのルーン稼ぎに役立つ武器で、複数の敵を攻撃できるため開けた場所では非常に強力。攻略にも役立つので、冒涜の聖剣などと使い分けるといい。

 入手タイミングが“エルデの獣”撃破後なので、周回プレイ開始時は持っている人も多いはずだが、エルデの追憶で別の武器であるマリカの槌を作成した場合は、入手までかなり手間なのが難点。追憶を交換する際は、各地の霊廟で追憶を複製することも視野に入れたい。

巨人砕き(持久力、筋力)

[IMAGE]
入手方法
  • アルター高原の祝福“外廊の幻影樹”の南にある馬車の宝箱から入手

 巨人砕きは全武器中でもトップクラスの重量と火力を誇る特大武器。重厚派生で筋力補正がSになるうえに、攻撃力と強靭削りが非常に強い。

 この武器を使う場合は、二本持ち+ジャンプ攻撃を前提として、ヒット&アウェイで戦うのがオススメの戦術だ。二本持ち+ジャンプ攻撃であれば、弱点である攻撃速度の遅さがネックにならずに高火力を発揮できる。もし巨人砕きを二本持っていない場合は、積石の槌や遺跡の大剣といった筋力補正の高い武器で代用するといい。

 非常に立ち回りがシンプルなので、どんな相手にも対応しやすく初見攻略に便利。基本的に打撃属性で運用するので、苦手な相手が少ないのも強み。

 難点としては最低でも筋力を60まで伸ばす必要がある点に加えて、二本持ちのために持久力をかなり高める必要があること。可能な限り持久力を伸ばし、防具もカット率が高いものを採用すると強引に攻めやすくなるのだが、全部を満たそうとすると、レベルがどうしても高くなってしまう。

 戦技は、片方に回避に役立つ“猟犬のステップ”、もう片方に範囲攻撃が可能な“トロルの咆哮”を付け、状況に応じて左右の武器を持ち分けるのがオススメだ。

長牙 or 打刀(技量)

[IMAGE]
入手方法
  • 血の指の狩人、ユラのイベントを最後まで進めるか、殺害(長牙)
  • 素性“侍”の初期装備か、リムグレイブの“死に触れた地下墓”の遺体から入手(打刀)

 長牙は、非常に長いリーチを誇る武器。広範囲の敵も攻撃しやすいので、攻略時は汎用性が高め。また戦灰の付け替えによって攻撃属性を派生させることも可能なので、状況に応じて属性を使い分けられるのも魅力。

 初期戦技“牙突き”はそれほど使い勝手がよくないので、“居合”や“二連斬り”などに付け替えるのがオススメ。とくに戦技を“二連斬り”にすると、屍山血河と使用感が似るので、過去に屍山血河を使っていたプレイヤーでも使いやすいはず。

 なお、使用感の似ている打刀と比べると、火力は打刀のほうがやや高いものの、リーチは長牙が上。好みで使い分けるといい。打刀は序盤のダンジョンで入手できるうえに素性“侍”の初期装備なので、すでに持っている人も多いかもしれない。

 また技量系の武器としては猟犬の長牙も扱いやすい。こちらはリムグレイブの主なき猟犬の封牢で“猟犬騎士ダリウィル”を倒すことで手に入るため、比較的物語の序盤から使えるのも魅力だ。

名刀月隠(技量、知力)

[IMAGE]
入手方法
  • ケイリッドの“ゲール坑道”のボス“溶岩土竜”を撃破

 横への範囲攻撃と長射程攻撃を使い分けられる固有戦技“束の間の幻影”が便利な武器。戦技の対応力が高く、集団戦では戦技+R1(RB)ボタンで横斬り、ボスなどの単体相手には戦技+R2(RT)ボタンで長射程攻撃、と使い分けできる。

 戦技で発生する光波の威力は知力依存なので、技量と知力を重点的に伸ばしていくと火力を発揮できる。

オススメの魔術・祈祷・遺灰・タリスマン

 最後に、攻略に役立つ魔術・祈祷・遺灰・タリスマンについて紹介。

魔術

 魔術では、火力の高い“ほうき星”がボス戦では便利。汎用性という点では詠唱速度の短い“輝石の大つぶて”や、敵が回避行動を行わない“夜の彗星”もオススメだ。

 前方に強力なビームを放ち続ける“彗星アズール”も強力で、非常に射程が長く、動きが鈍い相手であれば一方的に撃破できる。ただ使用条件として高い知力が求められるほか、相性の悪い敵もいるので注意。
[IMAGE]
ほうき星
効果:強力なほうき星を放つ。連続使用可能で、タメ使用で強化。
入手方法:湖のリエーニエで、魔術学院レアルカリアの祝福“討論室”近くの本棚の隠し扉を進んだ先の宝箱から入手
輝石の大つぶて
効果:大きな魔力のつぶてを放つ。連続使用可能。
入手方法:湖のリエーニエで、イリス教会近くに落ちている“学院のスクロール”をNPCに渡してから購入
夜の彗星
効果:魔力の彗星を放つ
入手方法:ケイリッドの魔術街サリアの建物の中にある宝箱から入手
彗星アズール
効果:極大の彗星を放つ魔術。長押しでFPが続く限り放ち続ける
入手方法:アルター高原のゲルミア火山にいる魔術師アズールと会話

祈祷

 祈祷は近接戦闘を補助する効果を持つものが多い。とくに“黄金樹に誓って”は自身と仲間の与ダメージを高めつつ、被ダメージも抑えるので非常に使いやすい。

 出血武器や炎属性武器を使う場合は“血炎の刃”も有用だが、神秘が最低10必要になる点は要注意。

 武器の戦技の射程が短い場合には、補助的な攻撃手段として攻撃系の祈祷を用意するといい。なかでも発生が早く、敵にスリップダメージを与える“黒炎”が使いやすい。
[IMAGE]
黄金樹に誓って
効果:自身と味方の攻撃力と防御力を高める
入手方法:アルター高原の“死体臭のボロ家”の遺体から入手
血炎の刃
効果:武器に出血の状態異常を蓄積する
入手方法:湖のリエーニエの“バラ教会”の北西にいるスカラベがドロップ
黒炎
効果:スリップダメージを与える炎の弾を投げる。タメ使用で威力がアップし、爆発するようになる
入手方法:ストームヴィル城の、昇降機側の部屋の南東地下。石剣の鍵を使った先で入手できる“神肌の祈祷書”を聖職者コリンに渡してから購入

遺灰

 遺灰はプレイヤーの能力をコピーして召喚できる“写し身の雫”が、耐久力が高くやられにくいのでオススメ。FPではなくHP消費で召喚できるので、使用タイミングには注意が必要なものの、それほど精神力を高めなくても使いやすい点も強みだ。

 それ以外の遺灰では、回避能力が高い“黒き刃ティシー”が役立つ。やられにくく囮になるうえに、戦技で敵にスリップダメージを与えられる点も強力。
[IMAGE]
写し身の雫
効果:褪せ人(プレイヤー)と同じ装備、戦技や魔術・祈祷を使う霊体を召喚する
入手方法:シーフラ河で、“永遠の都ノクローン”の夜の神域の宝箱から入手
黒き刃ティシー
効果:最大HP減少+継続ダメージを与える霊体を召喚する
入手方法:湖のリエーニエの“月光の祭壇”にある“刃の長の封牢”で“黒き刃の長アレクトー”を撃破する

タリスマン

 汎用的な効果を持つタリスマンとしては、戦技のダメージを上昇させる“アレキサンダーの破片”が最もオススメ。“星砕きのラダーン”撃破後、下記のフローチャートを参考に戦士の壺、アレキサンダーのイベントを進めて入手しよう。

戦士の壺、アレキサンダーのイベントフローチャート
  1. “星砕きのラダーン”撃破後に会話する
  2. 湖のリエーニエの、カーリア書院の南で救出する
  3. アルター高原の祝福“煮え立ち川の終端”の南にある溶岩の滝付近で会話
  4. 崩れゆくファルム・アズラの祝福“竜の聖堂、昇降機前”から南西にある瓦礫で会話
  5. 会話後に敵対し、勝利すると“アレキサンダーの破片”を入手
[IMAGE]
 ほかには、物理カット率を上昇させる“竜印の大盾のタリスマン”も有用。装備重量が不足している場合は、“大壺の武具塊”や“黄金樹の恩寵+2”も使いやすい。

 魔術を主体に戦う場合は、魔術師塊のタリスマンのように魔術の威力を高めるタリスマンも用意しておこう。

 またルーン稼ぎやアイテム集めに役立つ“金のスカラベ”と“銀のスカラベ”も、DLCエリアに行く前に入手しておくといいだろう。

アレキサンダーの破片
効果:戦技の威力を上昇させる
入手方法:戦士の壺、アレキサンダーのイベントを進行する(上記参照)
竜印の大盾のタリスマン
効果:物理カット率を大幅に上げる
入手方法:ミケラの聖樹の祝福“排水路”から先へ進み、昇降機がある建物の上で入手
黄金樹の恩寵+2
効果:最大HP、スタミナ、装備重量を上昇させる
入手方法:アルター高原の“灰都ローデイル”で、爛れた樹霊がいる広場のガレキを登った先の遺体から入手
大壺の武具塊
効果:装備重量を大幅に上昇させる
入手方法:“シーフラ河の井戸”から昇降機で地上に出た先、ケイリッドの大壺の付近にある3つの赤サインを調べて連続で勝利し、大壺と会話する
魔術師塊のタリスマン
効果:魔術の威力を大きく高める
入手方法:聖別雪原のしろがねの魔術師塔の宝箱から入手
金のスカラベ
効果:敵を倒した際のルーン獲得量が増加する
入手方法:ケイリッドの“廃棄洞窟”で、ボス“マレニアの貴腐騎士”を撃破する
銀のスカラベ
効果:発見力を上昇させる
入手方法:“聖樹への秘路”で透明な隠し通路を進み、隠し壁を攻撃した先の宝箱から入手

DLCを全力で楽しむためのムックが6月17日発売!

 なお、『SHADOW OF THE ERDTREE』の配信に物語的な意味で備えたいという場合には、『エルデンリング』本編の膨大なアイテム・会話・イラストをテーマ別に抜粋・要約して掲載した、事前ムック『The Overture of SHADOW OF THE ERDTREE ELDEN RING fan book』を一読するのもいいだろう。このムックは6月17日に発売。かつて狭間の地であったことやゲーム体験を振り返るほか、もちろんDLCの関連情報も収録。DLCのパッケージアートをあしらった、B2ファブリックポスターが付録に付いてくる。

 ぜひゲーム本編の体験や設定を思い出し、影の地での新たな冒険を全力で楽しむために役立ててほしい。

[IMAGE]
【書名】The Overture of SHADOW OF THE ERDTREE ELDEN RING fan book
【発売日】2024年6月17日(月)
【定価】2750円[税込]
【付録】B2ファブリックポスター
[IMAGE]
      この記事を共有

      本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

      週刊ファミ通
      購入する
      電子版を購入