『大逆転裁判1&2』販売本数100万本突破! 3DS向けに発売された2作品をまとめてHD化したお得な1本

更新
『大逆転裁判1&2』販売本数100万本突破! 3DS向けに発売された2作品をまとめてHD化したお得な1本
 2024年5月22日、カプコンは自社サイトの“ミリオンセールスタイトル”紹介ページを更新。『大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟-』の累計販売本数が100万本を突破したことが明らかになった。

広告
[IMAGE]

 本作は2021年7月29日に発売されたアドベンチャーゲーム。2015年に発売されたニンテンドー3DS向けソフト『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』と2017年発売の『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』を1本にまとめてNintendo Switch、プレイステーション4、PC(Steam)向けに改めて発売された。

 『逆転裁判』シリーズの主人公・成歩堂龍一のご先祖である成歩堂龍ノ介を主人公として、19世紀末明治時代の日本と大英帝国・倫敦を舞台にアツい法廷バトルがくり広げられる。移植にあたりグラフィックがHD化されたほか、自動でゲームが進行しドラマを観るように物語を楽しめる“ストーリーモード”など、さまざまな新要素が搭載された。

 なお、公式サイトの表記によると、原作2本の販売本数は含まない数字の模様だ。

 また、2019年2月21日に発売された『逆転裁判123 成歩堂セレクション』も累計販売本数が330万本を突破している。
[IMAGE]※販売本数、画像はメーカー発表のもの。
      この記事を共有

      本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

      週刊ファミ通
      購入する
      電子版を購入