【カプコン決算】『モンハン』シリーズが累計販売本数1億本突破、『モンハンワールド』は今期だけで280万本販売。『バイオハザード7』は8期連続で100万本以上達成

更新
【カプコン決算】『モンハン』シリーズが累計販売本数1億本突破、『モンハンワールド』は今期だけで280万本販売。『バイオハザード7』は8期連続で100万本以上達成
 2024年5月9日、カプコンは2024年3月期の決算資料を公開した。
広告
 2024年3月期通期実績では、売上1524億円(前年比+21%)、営業利益570億円(同+12%)といずれも過去最高の結果となった。売上はデジタルコンテンツ事業が1198億円、アミューズメント施設事業が193億円、アミューズメント機器が90億円、その他が42億円となっており、大部分がデジタルコンテンツ事業が占めている。『ストリートファイター6』などの新作発売の影響で、上期偏重に。
[IMAGE][IMAGE]
 売上の大半を占めたデジタルコンテンツ事業の実績として、15タイトル(前期9タイトル)が100万本以上の販売を達成。『モンスターハンター』シリーズは累計販売本数1億本を突破している。シリーズで1億本を突破するのはふたつ目で、『バイオハザード』シリーズが1億5700万本を超えている。

 2025年3月期には、 『バイオハザード』、『モンスターハンター』、『ストリートファイター』、『ドラゴンズドグマ』など、主力ブランドを中心にリピートの継続拡販を狙うようだ。また、2025年3月期発売の主力タイトルについて鋭意制作中とのことで、こちらは続報に期待しよう。
[IMAGE][IMAGE]
 そのほか注目したい点としては、過去作品の売り上げだ。2018年に発売された『モンスターハンターワールド』は、発売から約6年経っているが2024年3月期でも280万本販売されている。累計販売本数は2530万本で、カプコン史上最高本数を更新中とのこと。『バイオハザード7 レジデント イービル』は発売後8期連続で100万本以上販売しており、どのシリーズも根強い人気を誇っていることが分かる。
[IMAGE]
    この記事を共有

    本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合があります

    週刊ファミ通
    購入する
    電子版を購入