『金色のコルダ4』キャストインタビュー 現役高校生の声優・武内駿輔さんに聞く、「須永巧の大人の色気を出せているかどうか、ワクワクしています」

コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作で須永巧役を演じる武内駿輔さんにお話を伺った。

●ワクワクしつつも「どうなるかな……」という気持ちで揺れ動いている

 コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作は、2010年に発売された『金色のコルダ3』の“その後”の物語を描くシリーズ最新作だ。舞台は夏から秋冬に移り、この季節ならではの文化祭、クリスマス、大晦日などのイベントが展開し、新たな恋模様を楽しむことができる内容となっている。

 ここでは、『金色のコルダ4』の出演者たちによる、本作への想いや、ご自身の片想いのエピソードなどをお届けする。今回は、須永巧役の武内駿輔さんにお話を伺った。


IMGP1556

――アフレコを終えてのご感想をお願いいたします。
武内駿輔さん(以下、武内) 本当すごく充実したアフレコをさせていただきました。自分よりも実年齢が高くて、ちょっと大人の余裕を見せていくキャラクターでしたので、何度かつまずいてしまう点もあったんですけど、そういうところもご丁寧に指導してくださいました。なので、終えられてホッとひと安心な気持ちと、彼の大人の色気に対する期待に応えられているか、ワクワクしつつも「どうなるかな……」という気持ちで揺れ動いているのがいまの感想です(笑)。

――武内さんは現役高校生ということですが、ご自身が先生キャラクターを演じる上で気をつけたことなどはありますか?
武内 立場を意識するようにしました。というのも巧くんは“生徒”、“教師”という立ち位置をしっかりさせるのではなく、生徒と同じような視点に立っている人だったんです。“ザ・教師”というような視点は小倉さんなので、巧くんはどちらかというと、ちょっとくだけつつも、生徒から憧れられるような人なので、いま僕自身が持っている生徒の気持ちを使いつつ、そのなかで教師らしい一面を見せる。実際に自分が先生に教えてもらっているときに、「先生はどういう目線に立って話してくれたかな?」って考えなら演じました。


WU_01_須永巧_通常

――本作に登場する学生キャラクターには片想いのシステムが入っておりますが、それにひっかけて、武内さんの片想いについてのエピソードをお聞かせください。
武内 小学校の4年生くらいのときにすごく好きな女の子がいました。いっしょに遊んだりするような仲だったんですけど、その子にはほかに好きな子がいて、応援しつつも告白とかもしましたね。でも、やっぱり実ることもなく、中学3年まで好きでいました。いま思えばいい思い出の1枚だなって思います。

――本作は、いままで『金色のコルダ』シリーズを遊んだことがない方でも楽しめるということを伺っています。武内さんと同じく本作で初めて『金色のコルダ』シリーズをプレイしてみたいと考えている方へ、とくに見てほしいポイントなどがありましたら教えてください。
武内 すごく“ロマンチックさ”を感じる作品だということはいろんな方々からお伺いしていて、実際に役として作品に触れさせていただき、本当にシーンにつねに音楽が流れているような感じがしました。人物が音符になっていて、その人物を通してひとつの音楽を奏でているような優雅さや、夢を感じる作品だと強く思いました。キャラクター全員が揃って『金色のコルダ』という楽曲になっていると自分は感じ取ったので、皆様にもそういったものを感じ取っていただけたら役者として参加した自分としても幸いです。

――今作の季節が秋冬へと変わったということで、ちょうどいまくらいの時期だと思いますが、もし演じられているキャラクターとどこかへ行くとしたらどちらに行きたいですか?
武内 なんでも付き合ってくれそうな気はしますね。すごく面倒見がいい人なので、ベタですけど温泉旅行とか。あとは単純に紅葉を見に行っても、楽しいと思います。きっと彼も好きだと思うんですよね。日々の大変なこととか、楽しいことを「大変だね」、「それはよかったね」ってにこやかに話しながら散歩できたらいいと思います。ふたりともけっこうしゃべって、受け止め合えるような感じになる気がします(笑)。

――最後に、ファンの方々へ向けてのメッセージをお願いいたします。
武内 ネオロマンス作品という歴史のあるシリーズに若輩者の自分が参加させていただいたことが本当に恐縮なのですが、皆様のご期待に応えられるように精いっぱい巧くんを演じました。昔から応援してくださっているファンの方々には何卒温かく見守っていただけたらうれしいという思いと、新しく『金色のコルダ4』を通じて始められる方には本当にロマンチックや夢が1シーン、1シーンに詰まっていて、すごく幸せになる作品なので、ぜひ『金色のコルダ』の世界観とキャラクターたちを通して作品を楽しんでくれたらと思います。


ゲーム画面1

■『金色のコルダ4』キャストインタビュー
宮野真守さんに聞く、天宮静が持つ魅力の変化とは?
増田ゆきさん演じる七海宗介は前作とは一転して“そっけない”態度に!?
森田成一さんに聞く、片想いをする火積司郎の印象とは?
水橋かおりさん水嶋悠人に対する新たな発見は「ハルは少し大人になったかな……」
石川英郎さんに聞く、土岐蓬生の変化とは?
伊藤健太郎さんに聞く、八木沢雪広が持つ魅力の変化
如月響也役の福山潤さんに聞く 響也はちゃんと地に足のついた形で成長している
日野聡さんに聞く、新たな関係が築かれる冥加玲士に注目してほしい
如月律役の小西克幸さんに聞く 「律はどういう風に恋愛していくのかな?」と悩んだ
岸尾だいすけさん演じる水嶋新は、より個性が際立つキャラクターに!?
榊大地役の内田夕夜さんに聞く、「“片想い”システムにより新しい発見があったかな」