『金色のコルダ4』キャストインタビュー 榊大地役の内田夕夜さんに聞く、「“片想い”システムにより新しい発見があったかな」

コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作で榊大地役を演じる内田夕夜さんにお話を伺った。

●よりリアルな恋愛になった感じがします。

 コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作は、2010年に発売された『金色のコルダ3』の“その後”の物語を描くシリーズ最新作だ。舞台は夏から秋冬に移り、この季節ならではの文化祭、クリスマス、大晦日などのイベントが展開し、新たな恋模様を楽しむことができる内容となっている。

 ここでは、『金色のコルダ4』の出演者たちによる、本作への想いや、ご自身の片想いのエピソードなどをお届けする。今回は、榊大地役の内田夕夜さんにお話を伺った。


ファミ通ドットコム_内田様

――アフレコを終えてのご感想をお願いいたします。
内田夕夜さん(以下、内田) やっぱり楽しかった。終ってしまって「ちょっと寂しいな」、という気持ちがあります。あとは新しい大地が演じられた感じもあるので、それはうれしく思っています。

――『金色のコルダ4』では、舞台が夏から秋冬へと進み、さらに“彼からの片想い”、“主人公からの片想い”という新要素が加わりました。ご自身が演じられているキャラクターに新たな発見などはありましたか?
内田 片想いという要素が加わったことによって、いままでの大地よりも、よりリアルな恋愛になった感じがします。台本に“主人公からの片想い”、“大地からの片想い”と書かれているので、演技をする前に一瞬止まって、それを確認してから演じるという。いままでよりも演技の要素がより細かくなったので、新しい発見ができたかなと思います。あと、大地にはいろいろな表情があるのですが、今回新しい表情を付け加えていただいたので、その部分でも新しい大地を感じ取っていただけるかと思います。大きな表情の変化なので、楽しみにしてください。

――本作から新規キャラクターとして先生たちが増えていますが、第一印象はいかがでしょうか?
内田 大地は、先生方と直接絡んでいるシーンは、ほぼないに等しいです。オケ部をもう卒業しているということもあるので、直接会話をするというよりは、ふたりの状況を伝え聞くということが多かったです。正直なところ、大地としてより吉羅として、「なんでこのふたりを採用したんだろう?」というところが一番気になりますね(笑)。どのポイントでこのふたりだったんだろう。ゲームの収録はひとりひとりなのですが、そのおふたりの収録の様子を聞き及ぶにつけ「こりゃ、楽しみだ」と思いました。もしイベントなどでお会いできる日があったら、間違いなく全員でいじり倒すだろうなと!(笑) それだけは確信を持って言えます。みんな手ぐすね引いて待っていますよー。


03_WU_大地冬制服演奏

――内田さんの片想いのエピソードをお聞かせください。
内田 僕の場合は、お友だちの段階から「いいな」って思って、好きになって、我慢できなくなって玉砕するっていうか……。けっこう自分から言うタイプなので、成功するにしろ、玉砕するにしろ、結果が出ないとダメですね。そこで諦めるとか、もう一回アタックするとか、つぎの段階にすぐに行きたいほうなので、片想い期間は長くないかもしれないです。具体的な片想いのエピソードは、ここでは語れませんね(笑)。

――本作は、いままで『金色のコルダ』シリーズを遊んだことがない方でも楽しめると伺っています。本作で初めて『金色のコルダ』シリーズをプレイしてみたいと考えている方へ、とくに見てほしいポイントなどありましたら教えてください。
内田 『金色のコルダ』シリーズはどれもオススメですが、今回からプレイされる方はすごくラッキーなのかなと思います。さっきも言いましたが、恋愛がよりリアルに描かれているので、たぶんご自身の体験されてきた恋愛の経験が、垣根なく、スッと入っていくのではないかなと。もちろん、ゲーム性もあります。そして、初めてプレイされるのでしたら、大地から攻略してほしいです! 少なくとも、土岐よりも先に大地から攻略してほしいですね(笑)。大地は全キャラクターを通して、誰よりもあなたに「かわいい」を連発しますよ。「おはよう、今日もかわいいね」とか、完全に「おはよう」の枕詞に「かわいい」がなっているみたいなので(笑)。沈んでいるときとか、「かわいい」という言葉を聞きたいというときには、ぜひ大地をプレイしていただけると、気分が上がるんじゃないかなと。


WU_03_大地演奏服_通常

――今作では、季節が秋冬へと変わったということで、ちょうどいまくらいの時期だと思いますが、もし演じられているキャラクターとどこかへ行くとしたらどちらに行きたいですか?
内田 横浜を歩きたいですね。僕も神奈川の住人で、大地はもちろん横浜に昔から住んでいるということなので、お互いが知っている横浜を、ああだ、こうだと言い合いたいですね。「今度、ひなちゃんを連れてくるなら、ここがいいんじゃないか」とか言って、“えの木てい”のチェリーサンドを食べながら語りたいですね。本当にラッキーなことに、出てくる地名や建物が地理的にわかるので、それはすごくありがたいです。前作の夏のコンサートである横浜みなとみらいホールはもちろんですが、それ以外の横浜の場所でも「あ、あれね」って立体的にわかるのは得な部分ですね。大地とは行きたいところとか意外と合いそうなので、うれしいです。

――最後に、ファンの方々へ向けて、一言メッセージをお願いします。
内田 まず、ありがとうございますと、よろしくお願いしますということ。笑顔の人には「かわいいね」と、笑顔じゃない人には「痛いの痛いの飛んでいけー」と大地が言ってくれるんじゃないかと思っています。本作は秋冬なので、情景からしていままでと違います。景色が違うし、服装がガラリと違うし、新しい恋愛システムも加わり、新しい表情などもできたので、きっとご期待以上のものをコーエーテクモゲームス様がお届けしてくださると思います。僕も楽しみにしていて、絵とかを見たときに「うわ!」となったので、その「うわ!」を皆さんと共有できることがうれしく思います。


■『金色のコルダ4』キャストインタビュー
宮野真守さんに聞く、天宮静が持つ魅力の変化とは?
増田ゆきさん演じる七海宗介は前作とは一転して“そっけない”態度に!?
森田成一さんに聞く、片想いをする火積司郎の印象とは?
水橋かおりさん水嶋悠人に対する新たな発見は「ハルは少し大人になったかな……」
石川英郎さんに聞く、土岐蓬生の変化とは?
伊藤健太郎さんに聞く、八木沢雪広が持つ魅力の変化
如月響也役の福山潤さんに聞く 響也はちゃんと地に足のついた形で成長している
日野聡さんに聞く、新たな関係が築かれる冥加玲士に注目してほしい
如月律役の小西克幸さんに聞く 「律はどういう風に恋愛していくのかな?」と悩んだ
岸尾だいすけさん演じる水嶋新は、より個性が際立つキャラクターに!?