『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』新キャラクター・ルミナ登場! 公開された新画像を独占掲載

スクウェア・エニックスのプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』。フランス・パリでのメディア向けイベントに合わせて公開された新画像を一挙掲載!

●セラに似た謎の少女、ルミナの正体は?

 スクウェア・エニックスのプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』(以下、『LRFFXIII』)は、『FFXIII』と、その続編である『FFXIII-2』の完結編となる作品。1作目で主役を務めたライトニングが、人々の魂を導く“解放者”として最後の戦いに臨む。

 ファミ通.comでは、2013年1月11日(現地時間)、フランス・パリにて開催された本作のメディアイベントに合わせて用意された、多数の新素材を日本独占入手。本記事では、それらを一挙掲載する!

※メディア向けイベントのリポートは→こちら
※開発スタッフインタビューは→こちら

■新キャラクター ルミナ
「ったく解放者様ときたら、いったい何様なんだかね」


ライトニングや世界をおもちゃにして遊ぶ、小悪魔のような少女。
神出鬼没でさまざまな場面に出没し、気まぐれな行動でライトニングを翻弄する。
手助けをしたり、邪魔をしたりと、その行動にはまったく一貫性がない。
ライトニングの妹であり、『FFXIII-2』の主人公でもあるセラとよく似ているが……?


■イベントシーン


▲ライトニングの手助けをするというルミナだが、何かたくらんでいる様子。

▲終わりゆく世界に取り残された人々を救える唯一の存在“解放者”。それがライトニングだ。

▲不敵な笑みを浮かべるルミナ。ライトニングの行く先々に突如現れる彼女の目的とは?

▲ときには道を示し、ときには陥れ、ルミナはまるで子どもの遊びのようにライトニングを誘う。

▲ライトニングの解放者としての冷静な行動の背景には、妹のセラを救うという強固な想いが存在するようだ。

▲剣を向ける相手への強い眼差しからは、解放者として戦いに臨む決意が感じられる。

■ムービーシーン


■光都ルクセリオの風景


▲朝方のルクセリオ南駅前広場。日中は多くの人でにぎわう憩いの場所。

▲南駅近くの繁華街。宿屋や飲食店が立ち並び、人通りも多い。店はライトニングも利用できる。

▲夜のビジネス街。建物に明かりが灯り、昼間とは雰囲気が一変する。モンスターが活発になるため、人通りは少ない。

▲ルクセリオの墓地。夜の墓地には人が寄りつかない。怪しい影を見たという噂も。

■クエスト
本作では、ルクセリオのみならず各大陸でクエストを受けることができる。クエストをクリアーすることで、ギルやアイテム、その他さまざまな報酬を獲得できる。


▲街の中で人々からクエストを受けると、インフォメーションで難易度や依頼人などを確認できる。

▲街の住人からクエストを受けるだけでなく、簡単なクエストであれば、このように掲示板に貼り出されることもある。

■ウェア
ライトニングの衣装は“ウェア”と呼ばれ、それぞれパラメーターが異なる。ウェアには、対応する武器と盾、アクセサリ、そしてアビリティをセットでき、それらをひとつの“スタイル”として登録しておける。バトルでは3つのスタイルを切り換え、ウェアにセットされた武具やアビリティを使いこなして戦う。
なお、スタイルを切り換えると、ウェアのビジュアルが反映される。好みの衣装でフィールドを探索することも可能だ。


ウェア:ダークミューズ

ウェア:砂塵の孤影

▲最初から装備しているウェア“アンビバレンス”。パラメーターのバランスがいいウェアだ。

▲ウェアを“ダークミューズ”に切り換えることで、そのウェアに割り当てた武器やアビリティを使用できる。

▲敵の攻撃をガードすることで、ダメージを最小限に抑えられる。なお、ガードや回避はアビリティの一種で、ウェアにセットすることで使用可能になる。

▲回避に割り当てたボタンを入力し、敵の攻撃をタイミングよく回避! 敵が体制を立て直す前に反撃しよう。

▲魔法やアビリティには属性がついている。弱点属性の攻撃を連発して、敵をひるませることも可能。

▲過去作に登場した魔法が使えるように。目新しいアビリティも多数登場するという。



(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA ※画面は開発中のものです。