『怒首領蜂 最大往生』の浅田プロデューサーはXbox Smart Glassに興味アリ【Xbox 360『大』感謝祭】

ゲーム Xbox 360 ニュース
2012年8月24日と25日に東京で、同年9月1日に大阪で開催される日本マイクロソフトのイベント“Xbox 360『大』感謝祭 2012 夏”。会期1日目に行われた、『怒首領蜂 最大往生』ステージの模様をお届けしよう。

●浅田氏のはからいで、急遽プレイアブル出展が決定

 2012年8月24日と25日に東京で、同年9月1日に大阪で開催される日本マイクロソフトのイベント“Xbox 360『大』感謝祭 2012 夏”。会場では国内初プレイアブルを含め、Xbox 360の注目タイトルが数多く出展されているほか、さまざまなステージも実施されている。


WA3_7919.jpg

▲浅田誠プロデューサー。

 東京会場の初日に行われたケイブのステージでは、発表されたばかりの『怒首領蜂 最大往生』(2013年春発売予定)に関する情報が、プロデューサーの浅田誠氏より明かされた。サプライズ発表となった『怒首領蜂 最大往生』だが、それもそのはずで、移植決定が決まったのはなんと8月頭のこと。「それから急ピッチでイベントのために準備したので、いまはなんとか間に合った、という気分ですね(笑)」と浅田氏。ちなみに、同氏は過去にXbox 360でのシューティングゲーム展開は、今年5月に発売された『虫姫さま HD』で最後という旨の発言をしていた。今回なぜ、その考えを覆してまで『怒首領蜂 最大往生』は発売されることになったのか? 浅田氏は日本マイクロソフトの熱心な説得に加えて、「最後の後押しになったのは、ユーザーの評価が高かったこと」と説明。「本当にユーザーさんに支えられている部分が多い。その気持ち応えられる、いい作品が提供できればと思います」とファンへの感謝を述べるとともに、今回の『怒首領蜂 最大往生』は、近年ニッチな印象を抱かれがちなシューティングゲームというジャンルの裾野を広げる挑戦である、という決意を語った。

 移植に当たっては新モードが収録されることはすでに報じられているが、ステージではそこに一歩踏み込む発言も飛び出す。ひとつは、弾幕シューティングと呼ばれ初心者が手を出しづらい状況を変えるために、初心者でも遊べるモードを用意するというもの。しかし、「ただ簡単にすればいいというわけではないと思っている」と浅田氏は語っており、難易度を下げる以外のアプローチも期待できそうだ。また、「Xbox Smart Glassでも何かやりたい。新しい遊びができないか、いちおうは考えています」と新サービスへの関心も見せる。浅田氏はすぐに「実現できなかったらごめんなさい(笑)」と付け加えたが、ケイブは過去に『インスタントブレイン』に収録のおまけゲーム版『怒首領蜂』で、シューティングをKinect(キネクト)で遊ぶという実績を残しているだけに、Xbox Smart Glassを取り入れた遊びが実現する可能性も決して低くはなさそうだ。なお、新キャラクター“ELEMENT DOLL EXTRAD”の声優については「実力がある人を揃えている」と自信を見せ、具体的に誰が担当するかは「おいおい発表します」と説明。ビジュアルに関しては9月中に発表予定とのことだ。

関連記事:『怒首領蜂最大往生』弾幕シューティングの最高峰がXbox 360に移植決定!――画面写真も公開
 


WA3_7949.jpg

 ステージの途中では『怒首領蜂 最大往生』に登場するキャラクターのひとり“朱理”を演じた、声優のゆかなも登場した。収録には、マスターである主人公に対して「できるだけ対等。戦友みたいな気持ちで当たっていければいいなと思いました」という考えで臨んだそうで、「マスターを勝利に導くために全力を尽くせました(笑)」とコメント。今回発売が決定したXbox 360版『怒首領蜂 最大往生』については、「マイルドなバージョンを楽しみにしています。そういう入り口があるのは、すごくいいと思いますね」と話していた。

 ステージの最後では、アーケード版をXbox 360実機で動かしたプレイデモを披露。じつはこのバージョン、今回のために作られたものではない。浅田氏いわく、アーケード版『怒首領蜂 最大往生』を開発した際、並行してすでにXbox 360版も作られていたというのだ。そのときのXbox 360版はおもにアーケードのデバッグ用として使用されていたが、今回意外な形で陽の目を見ることとなった。さらに浅田氏は来場者へのサービスとして、当初映像のみ出展予定だった『怒首領蜂 最大往生』をプレイアブル解放。こちらは、会期2日目もプレイアブル解放されるとのことなので、興味がある人はぜひチェックしてみてほしい。


WA4_3253.jpg WA4_3399.jpg

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH4G』第16回

『モンスターハンター4G』プレイまんが第16回。超えられるか、ウカムルバス!

【ホリ伝説ドットコム第21回】4期TOPANGA Aリーグ応援感謝!激闘プレイバック【sako回】

ホリの製品を一歩踏み込んで紹介するブログ。今回はチームホリのプロゲーマーsako選手が登場し、TOPANGA Aリーグを振り返ります。

『新生FFXIV』「音の“静と動”」ファンフェス2日間のスペシャルライブをリポート 〜エンディングでは吉Pも涙

2014年12月20日から21日の2日間、東京ビッグサイトで行われた“ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2014”。本稿では、両日のラストに行われたスペシャルライブをリポートする。

みんなのアニキ・竹内力も登場! 『龍が如く0 誓いの場所』大阪体験会リポートその(1)

2014年12月22日、大阪・道頓堀のとんぼりウォークにて、『龍が如く0 誓いの場所』のスペシャル体験イベントが開催された。その場には、本作の出演者である竹内力氏も登場!

“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition/真島吾朗 Edition”がソニーストア限定で発売決定 アナタはどちらを選ぶ?

『龍が如く0 誓いの場所』のプレイステーション4版の発売を記念して、“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition”と、“PlayStation 4 龍が如く0 真島吾朗 Edition”が、ソニーストア限定で発売されることになった!

【先出し週刊ファミ通】あなたの1票が2014年のナンバーワンのゲームを決める! “ファミ通アワード2014”ただいま投票受付中!(2014年12月25日発売号)

2015年12月15日発売の週刊ファミ通で、2014年のナンバーワンのゲームを決める“ファミ通アワード2014”の投票を受付中!

【話題】新オフィスとその周辺

本日(2014年12月22日)公開された記事の中で、とくに話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

今回のプレゼントは……? 原由実さん5thシングル『Crossover』発売記念握手会&お渡し会リポート

2014年11月23日に5thシングル『Crossover』の発売を記念して行われた、原由実さんの握手会&お渡し会の模様をリポート。

【新作】ローグライクRPGとして新生した『ウィザードリィ』シリーズ最新作がAndroidで配信開始

タイトーは、事前登録を実施していた新作タイトル『ウィズローグ―ラビリンス オブ ウィザードリィ―』のAndroid版の配信を開始した。

【事前登録】『ブレイブリー』シリーズ初のスマホ向けタイトル配信決定! 事前登録は本日(12月22日)より

スクウェア・エニックスは、本日(2014年12月22日)完全新作のスマートフォン向けタイトル『BRAVELY ARCHIVE D’s report(ブレイブリーアーカイブ ディーズレポート)』を発表、これに合わせて事前登録も開始した。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク