”これまでで一番”手応えのある発表会でした SCEワールドワイド・スタジオ プレジデント吉田氏インタビュー【gamescom2012】

ゲーム プレイステーション3 ニュース PS Vita
ソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパ(SCEE)がカンファレンスを行った翌日(2012年8月15日)、gamescom2012の開催初日に、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のワールドワイド・スタジオ プレジデント、吉田修平氏にお話を聞いた。

●吉田修平氏にPSフォーマットの現状と未来を直撃!

01.JPG

 欧州最大のゲームイベントgamescom2012に合わせて、2012年8月14日にカンファレンスを開催したSCEE。新規タイトルを含めて多くの最新情報が公開されたが、その手応えや今後の展望などについて、SCEのワールドワイド・スタジオ プレジデント吉田修平氏にお話を聞いた。

──最初に、昨日行われたSCEEカンファレンスの手応えをどう感じているか、お聞かせください。
吉田修平氏(以下、吉田) そうですね。非常に大きな手ごたえを感じています。過去にE3などさまざまなイベントでプレスカンファレンスを行ってきましたが、今回についても、大変ポジティブなフィードバックを得られ、皆さんにとても喜んで頂けたと感じています。ワールドワイド・スタジオだけでも新規に5タイトルを発表できましたし、PlayStationRVita(PS Vita)を前面に押し出してフィーチャーした部分も、強い手応えがありました。とくに、『リトルビッグプラネット』を制作したMedia Moleculeの新作『Tear Away』は大きな反響がありましたね。

──新たに発表されたタイトルに関して、日本での発売はどうなるのか、気になっている日本のファンも多いと思います。
吉田 SCEジャパンスタジオの2タイトル(『rain』と『PUPPETEER』)に関しては、日本でも発売します。その他のタイトルに関しては、現時点ではお答えできませんが、時期が来たらお伝えできるのではないかと思います。日本での対応が未発表の”クロスバイ”は、現時点では欧州向けのサービスということになります。

──プレイステーションが強いと言われる欧州市場ですが、現状をどう分析されていますか?
吉田 そうですね。欧州の経済状況等、様々な厳しい要素がある環境の中、欧州の
プレイステーションは非常に健闘していると思います。

──欧州でプレイステーションブランドが確立した理由をどうお考えですか?
吉田 まず、SCEは欧州にもリージョンの本社を持って、地域に合わせたローカルな活動を広く継続的に行っているということがあると思います。また、ワールドワイド・スタジオとしましても、欧州でのゲーム開発を活発的に行っていて、ファーストパーティーのタイトルサポートという面でも欧州市場に向けたタイトルが提供できているのではないかと考えています。

──期せずして、今年のgamescomはプラットフォーマーの出展はSCEのみとなりました。
吉田 驚きましたね(笑)。非常に熱気があり盛り上がっているイベントですので、我々としては、gamescomは欧州のゲームファンに大きくアピールすることができる場だと考えており、今年も出展させていただきよかったなと感じています。

──新ハードのPS Vitaに関してはいかがですか?
吉田 欧州に限った話ではありませんが、やはりいまPS Vitaに一番求められているのは、タイトルラインアップの充実であることは理解しています。欧州では発売から約半年ですが、ハードウェアとしての完成度に関しては、購入された方からいいフィードバックを頂いています。求められている点は、やはりコンテンツや機能の充実になりますね。同梱版などコンテンツを組み合わせて、同じ値段でもより大きなバリューを持たせされるような取り組みでアピールしていく予定です。

──プレイステーション3は充実した収穫期を迎えていると思いますが、続々と新規タイトルが出てくるなど、まだまだ現役で活躍してもらうハードだとお考えですか?
吉田 そうですね。ハードのポテンシャルは非常に高いものがありますし、いまになってできること、例えばPS Vitaとの連動やワンダーブックなども増えています。

──噂の絶えない”次世代プレイステーション”については……?
吉田 これに関しての回答はできませんが(笑)、ひとつ言えるのは、現在PS3が非常にいい状態です。今年も来年も良質なタイトルが続々と出てきますので、ユーザーの皆さんにはご期待頂きたいと考えています。

──では最後に、日本のファンへメッセージをお願いします。
吉田 はい。カンファレンスは日本時間で観ていただくには厳しい時間になってしまい申し訳ありませんでしたが、プレイステーションの新しいコンテンツやサービスを数多く発表することができました。これをどのようにして日本市場にも届けていくかというのをこれから検討して、順次お伝えできるようにがんばりますので、楽しみに待っていていただければと思います。


[関連記事]PS Vita、PS3の新作も続々発表に! ソニー・コンピュータエンタテインメントカンファレンスリポート【gamescom2012


ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

iOSの『パズドラ』のアイコンが変わったのはどうして?

本日(11月24日)のアップデートから、iOS版『パズドラ』のアプリアイコンが変更されているはご存知?

めっちゃ長い! けど、めっちゃ楽しい! コラボ満載の音楽イベント“ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA supported by スカパー!”

2014年11月22日(土)、神奈川県の横浜アリーナにて、“ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA supported by スカパー!”が開催された。アニメ、ゲームの楽曲を歌う全20組のアーティストが集い、横浜アリーナをアニソンでアツく震わせた。

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その3 脇役編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の脇役編をお届け。

VRとARが未来のゲームを変える? SCEの講演2本をリポート【SAPPORO CEDEC 2014】

2014年11月21日(金)、22日(土)の両日、TKP 札幌カンファレンスセンターにて、SAPPORO CEDEC 2014が開催。ここでは、その開催2日目に行われた、ソニー・コンピュータエンタテインメントによるふたつのセッションの模様をお届けしよう。

「作ったのは、量産品ではなくキャラクター」 『シャイニング・レゾナンス』3Dモデルの魅力とは? Tony氏&フライトユニット松本氏インタビュー

『シャイニング・レゾナンス』のキャラクターデザインを手掛けたTony氏と、3Dキャラクターモデルを手掛けたフライトユニットの松本氏のインタビューをお届け。

アニメ『シドニアの騎士』が2015年3月6日より劇場公開決定――『BLAME! 端末遺構都市』の特別映像放送も!

テレビアニメ『シドニアの騎士』(原作:弐瓶勉)が再構成されて劇場映画として公開されることが決定した。

初心者だらけの講習会! 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』BOOT CAMPリポート

2014年11月22日~23日、東京・品川のソニー・コンピュータエンタテインメントにて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の操作方法やプレイのノウハウを、“BOOT CAMP”と銘打ち、懇切丁寧に初心者に教える体験イベントが催された。

“はらみー”こと、声優・原由実さんの“バースデーライブ2015(仮称)”の先行販売が開始

声優・歌手として活躍する原由実さんが、地元・大阪で凱旋ライブを開催決定。しかも、バースデーライブ! そのチケット先行販売が開始されたので、気になる人は要チェック。

『たまごっち』の誕生日をフルーツポンチ&ドン小西がお祝い! 歴代『たまごっち』をトレンドで振り返るファッションショーも

初代『たまごっち』の誕生日である2014年11月23日、ダイバーシティ東京 プラザにて“たまごっち誕生祭2014”が開催。お笑いコンビ・フルーツポンチやドン小西がお祝いに駆け付けたスペシャルステージをリポート!

『ワンピース ダンスバトル』システム解説 フンドシ締めてダンスを黙って見届けろ!!!

バンダイナムコゲームスから配信されたばかりのリズムゲーム『ワンピース ダンスバトル』。本作をこれからプレイする人向けにゲームシステムについて解説する。

特集記事

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク