『虫姫さま』、『怒首領蜂 最大往生』について、ケイブのキーマン・浅田誠氏と池田恒基氏が語る!

2012年5月24日に発売されるXbox 360用ソフト『虫姫さま』と、2012年4月20日に稼動開始したアーケードゲーム『怒首領蜂 最大往生』。これらの新作と、今後の事業展開について、ケイブの浅田誠氏と池田恒基氏に話を聞いた。

●ケイブの過去、現在、そして未来に迫る!

 2012年5月24日に発売されるXbox 360用ソフト『虫姫さま』と、2012年4月20日に稼動開始したアーケードゲーム『怒首領蜂 最大往生』。これらの新作と、今後の事業展開について、ケイブの浅田誠氏と池田恒基氏に話を聞いた。


01.JPG

左:ケイブ 執行役員兼プロデューサー 浅田 誠氏
ケイブのXbox 360用シューティングゲームを10作以上手掛けている。ファミ通Xbox 360ではコラムを連載している。

右:ケイブ 執行役員 池田恒基氏
アーケード版の『虫姫さま』、『虫姫さまVer1.5』を開発。“IKD”のコードネームで知られる。

●アーケード版は“東亜プラン系への原点回帰”がコンセプト

03.JPG

――Xbox 360版についてうかがう前に、まずはアーケード版『虫姫さま』について振り返っていただきたいと思います。アーケード版『虫姫さま』(2004年稼動)は、どのようなコンセプトで作られたのでしょうか?
浅田 アーケード版の開発時は、自分はまだケイブにはいませんでしたね。
池田 当時はですね……『虫姫さま』の前の基板が、性能がちょっと低かったので、「新しい基板を作ろう!」という話になったんです。では、新基板の第1弾タイトルとして、何を作るか。ケイブとしては、それまで弾幕系のシューティングゲームを作ってきていましたが、私は東亜プラン系……シンプルで弾が少ない、ストイックなシューティングゲームのニーズが市場にあるのではと思っていて。そこで、原点回帰を目指して作り始めました。

――独特のファンタジックな世界観は、どのようにして思いつかれたのですか?
池田 じつは、最初は超リアル系の、「ヘリと戦車しかない!」みたいな世界観で作ろうとしていたんです。ところが、どうやら同時期に『雷電』の新作が出るらしいという情報が入ってきて。これは太刀打ちできないだろうという判断に至りまして、真逆の世界観にすることにしました(笑)。グラフィックリーダーの若林に、「ミリタリーじゃなくなったから、何か考えて」と言ったら、ファンタジー系のイメージボードを持ってきたので、「それでいこう」ということになりました。

――ファンタジー系のシューティングゲームが出るということで、当時のユーザーは驚いたのでは?
池田 言うほど「えーっ!?」とは言われませんでしたね。タイトルについては「なんじゃこりゃ」って言われましたけど(笑)。ロケテストを実施したときは、「やっとハードのスペックがまともになったな」という意見を多くいただきました(笑)。

――ところで、主人公のレコ姫って……はいてないんですか?
池田 はい。

――えっ、オフィシャル設定で、はいてないんですか?
池田 はい。
浅田 はいてないって、トイレに行ったら、そのまま用を足せるってこと?
池田 トイレをどうしているかの設定は決めていませんが、物理的にはそうです。

――そ、そうだったんですか! ……ええと、気を取り直して、『虫姫さま』のポイントを教えてください。
池田 最初にも申し上げましたが、「いかにシンプルなシューティングゲームを作るか」というのがコンセプトであり、ポイントでした。2004年のあのタイミングで、東亜プランの『究極タイガー』(1987年稼動)のような、弾のスピードは速いけど数は少ないという、ストイックなゲームが受けいれられるのかな……という懸念はあったのですが、当時の現代流の味付けを加えながら作って。「これなら勝負できるかな」というデキになったのですが、やっぱり不安で、ストイックな“オリジナル”モードに加えて、弾数の多い“マニアック”を作って(笑)。結果、ユーザーさんに受け入れてもらえて、安心しました。

――当時、オリジナルとマニアックは、どちらが人気だったのですか?
池田 ロケテストではオリジナルのほうが人気でしたね。マニアックは、「名前の通り難しいんでしょ?」って思う方が多かったようで。リリースした後は、同じぐらいの人気になっていましたね。

――難度の高い“ウルトラ”は、リリース時はオープンになっていなかったんですよね。
池田 はい。後から解禁される仕組みにしていました。
浅田 どうして隠したんですか?
池田 サプライズ要素があるべきだろうと思ったんです。ゲームセンターのゲームって、リリースしてから最初の3ヵ月でユーザーが離れてしまう傾向にあるんですよね。ですので、3ヵ月後ぐらいに新要素を解禁すれば、皆さんゲームセンターに戻ってきてくれるのではないかと思ったんです。それに、皆さんがゲームに慣れてクリアーできるようになってきて、「物足りないな、もっとかかってこいよ!」と思っているときに解禁されるといいな、と思いまして。

――ユーザーのプレイ実績が一定値を超えると、解禁されるように設定されたんですよね。
池田 はい。その形式なら、盛況なお店から解禁されますよね。そのほうがクチコミで拡がるのでは、と考えたんです。もちろん、解禁方法を書いた紙は、すべてのお店にファックスで送ったんですけどね。
浅田 もしかすると、ファックスを見逃したお店では、永遠に解禁されなかったかもしれないってこと?
池田 その懸念もありましたので、ユーザーさんにも解禁方法を公開しました。
浅田 新しいですね、ユーザーが解禁って。
池田 ケイブのゲームは全部そうだよ(笑)。解禁してもらえなかったらユーザーさんが困るでしょ?


●満を持して『虫姫さま』Xbox 360で登場!

WA3_4122.JPG

――そんな『虫姫さま』がHD画質になって、Xbox 360で2012年5月24日に発売されますね。
浅田 『鋳薔薇』か『虫姫さま』、どちらを移植するかで悩みましたね。

――Xbox 360版は、浅田さんが手掛けられたんですよね。
浅田 そうですね。とはいえ、開発当初は『インスタント ブレイン』にかかりっきりで。そちらが一段落したので、よし『虫姫さま』をやるぞ、と状況を確認したら……これはヤバそうだな、と思って巻きで行動し始めたんです(笑)。でも、全体を通してみると、いまだかつてないほど順調な開発でしたね。
池田 うん、つつがなく進んだね。

――移植のノウハウが培われていたからでしょうか?
浅田 それもありますし、個々で前倒して動いていたものがあったおかげで、スムーズに進みました。

――本作には3つのモードが収録されているほか、初回生産分特典として“虫姫さまVer.1.5”が遊べるダウンロードカードが付いてきますよね。それぞれのモードについて、解説していただけますか?
浅田 まず、アーケードを基準にして、HD画質化したものが“Xbox 360”モードです。処理落ちも、アーケード版をそのまま再現できていると思います。

――処理落ちも、ですか。
浅田 処理落ちしないと、弾が避けられなくなりますから(笑)。すべてアーケードに準じて作っています。

――続いて“ノービス”モードですが、これは初心者向けのものですね。
浅田 そもそも、ケイブがなぜ初心者向けモードを作るようになったかというと……『デススマイルズ』のアーケード版を出したとき、難易度のレベルが1から3まであったのですが、プレイ中ずっと1を選び続けることができないので、クリアーできないという人がけっこういたんですよね。そこで、Xbox 360版では、全ステージでレベル1を選べるようにしたんです。それで「クリアーできるようになった」というお声もいただいて。それから、『デススマイルズ』でシューティングゲームに入った人がほかの作品もクリアーできるよう、初心者向けモードを入れるようになったんです。それに、やっぱりワンコインクリアーって楽しいじゃないですか? ですので、初心者の方には、最初にノービスモードでその楽しさを味わってもらって、それからほかのモードで地獄を見てもらおうと思ったんです(笑)。

――(笑)。では、“アレンジ”モードについて教えてください。
浅田 これはプレイステーション2版『虫姫さま』に収録されていたアレンジモードに、少し改良を加えたものです。プレイステーション2版のアレンジモードは評判がよかったとのことなので、それをどう発展させようか? と考えながら再調整しました。また、楽曲をアレンジモード用に作り直していただいたので、そこも楽しんでいただけるかと。

――プレイステーション2版をプレイした人も、違う感覚で楽しめるのですね。
浅田 そうですね。今回、アレンジモードの調整にあたって、上手なプレイヤーさんにあらためてプレイしてもらい、「どこがヌルい?」と聞いたんです。ですので、そこそこ難しくなっているかと思いますが、クリアーできないほどではないかと……。これがクリアーできないなら、シューティングゲームはやめちゃいましょう!(笑)
池田 いやいや、それはない!(笑) それはノービスモードの話!(笑)

――やめちゃいましょう、は言い過ぎですよ(笑)。最後に、初回生産分特典として付いてくる“虫姫さまVer.1.5”ですが、これはもとは池田さんが開発されたものですよね。
浅田 昨年“虫姫さまVer.1.5”という基板を、ケイブオンラインショップで2日間の限定で販売したんです。業務用として販売したので、遊んでいないユーザーさんも多いだろうと思い、収録することに決めました。でも池田は当初、収録に前向きではなくて……。
池田 基板を買ってくださった方に申し訳ないな、と思ったんです。もちろん、多くのユーザーさんに遊んでいただけるのはうれしいのですが……。
浅田 ところがプログラマーの市村が、ゴーサインが出る前に、勝手に“虫姫さまVer.1.5”のデータを解析して入れていたんです(笑)。じゃあ動くから入れちゃえ、って。
池田 どうして社内で解析なんてやってるのか、意味がわかりませんよね(笑)。
浅田 プレイできていない方が多いだろうとも思いましたし、昨年亡くなられた作曲家の梅本竜さんがこの“虫姫さまVer.1.5”のために作ってくださった曲があったので、ぜひ聴いていただきたかったんですよね。考えてみると、Xbox 360版の『虫姫さま』は、3バージョンも楽曲があるんです。すごいですよね。

――“虫姫さまVer.1.5”は、どんなところが“Ver.1.5”なのですか?
池田 原点回帰を目指して作った『虫姫さま』ですが、あらためて振り返ってみたところ、「なんて敵が少ないんだろう」と感じてしまいまして。当時はそれが狙いだったんですけどね。そこで、敵の数と配置を変えて、得点が稼げる要素を付け加えたのが、“虫姫さまVer.1.5”です。今風のケイブのバージョンと言いますか。

――おふたりのお気に入りは、どのモードですか?
浅田 自分はアレンジですね。“なんとなくでも進められる”難易度になっていて、プレイしていて楽しかったです。“Xbox 360”モードのウルトラについては、「作ったの誰だよ!」なんて思いましたけど(笑)。1面、クリアーできます?
池田 うーん、どうだったかなぁ……。
浅田 1面はかろうじてクリアーできましたよ、自分。もうね、受注会で「ウルトラをプレイしてください」と言われたりするんですが、恥ずかしいですよ? 「こんなものか」って思われて(笑)。
池田 社内でウルトラをクリアーできる人間はいないですね……。もちろん、理論的にクリアーできるように作ってはいますが、当時から「中途半端な難易度の上げかたはぜったいにおもしろくない」と考えていたんです。もう笑うしかないぐらいの難易度にしなければダメ、「始まって5秒で終わっちまった(笑)」って笑ってもらえなければダメかな、と。

――池田さんのお気に入りのモードは?
池田 私は、やっぱり最後に作った“虫姫さまVer.1.5”ですね。
浅田 でも、あれを作ってるときの池田さん、辛そうな顔してましたよ。
池田 いや、じつは楽しかったんだよ、あれ(笑)。

――(笑)。ところで、これがケイブのXbox 360最後のパッケージ作品になりそうとのことですが……?
浅田 パッケージ作品としては、おそらく最後かと思います。これからは、スマートフォンを始めとするさまざまなハードでの展開を考えていく……という感じですね。


●ついに稼動! 『怒首領蜂 最大往生』

――先月、『怒首領蜂 最大往生』が稼動しましたね。
浅田 僕はサウンドぐらいしか関わっていないんですよね。並木学さんに依頼するというぐらいしか……。
池田 『怒首領蜂 最大往生』のサウンドについては、歴代のシリーズ作でも作曲してくださった、並木さん以外は考えられませんでした。

――ユーザーからの反応はいかがですか?
池田 想像していたより、かなりよいですね。ロケテストのときも、正直不安だったのですが、よい反応をいただけて、リリース後もさらに高評価をいただけて。本当にうれしいです。
浅田 一時期は、開発中止の危機すらあったんですけどね。無事リリースできてよかったです。
池田 それ、言っていいのかな?(笑)
浅田 無事にリリースできたから、いいじゃないですか(笑)。

――そんな危機があったのですか。
浅田 無事に乗り越えましたが……。でも、この基板でアーケードゲームを発売するのは、これが最後でしょうね。
池田 もう単純に基板の部品がありません。とはいえ、これでアーケードゲームをスッパリ止めるというわけではありません。

――NESiCAでの提供などの可能性は?
池田 そうですね、視野には入れておりますが、いま具体的にお話できることはありません。


02.JPG

●ケイブの今後の展望

――御社の今後の展開について、教えていただけますか?
浅田 自分は、これまではXbox 360メインで作ってきたのですが、今後は少し目線を広くして取り組んでいこうかなと考えています。

――具体的に動いている企画はあるのですか?
浅田 個人的に、いくつか考えていますけどね。スマートフォンで考えている企画が、そろそろ発表できるかな……と思いますので。ご期待ください。

――池田さんの今後のご予定は?
池田 ひとりで楽しむゲームというより、誰かとつながって遊ぶゲームに取り組んでいかなければならないと、会社全体で考えています。いままでとはちょっと違った形のゲームを制作することになると思いますが、ユーザーさんの心に刺さるものにしたいと思っていますので、楽しみにしていてください。


●『怒首領蜂 最大往生』のポスターをプレゼント!

 池田氏・浅田氏のサイン入り『怒首領蜂 最大往生』B1サイズのポスターを抽選で1名様にプレゼント! 欲しい人は、こちらの記事からどしどしご応募ください!


怒首領蜂最大往生B1ポスター.jpg a.JPG b.JPG

▲迫力満点のB1ポスター。こちらに両名のサインを入れていただいたものがプレゼントされます!

▲「アーケードは死なず!!」と熱いメッセージを書き込む池田氏。

▲とあるキャラクターを描いた浅田氏。どんなキャラクターなのかはご想像にお任せします。