”Highスペックマシン;Lowスペックマン”『ロボティクス・ノーツ』特別編【よりぬきXbox 360 6月号】

Xbox 360の情報が満載の月刊誌『ファミ通Xbox 360』。その注目記事をよりぬきでお届けしていく本記事。今回は志倉千代丸氏の連載コーナー”Highスペックマシン;Lowスペックマン”の前半部分をよりぬき。

●『ロボティクス・ノーツ』の真実に迫る!?

0507_highspec_前編/ph_profile.jpg

志倉千代丸
MAGES.代表取締役社長でありながら、音楽プロデューサーとしても活躍。また、『カオスヘッド』、『シュタインズ・ゲート』を代表とする、アドベンチャーゲームの企画・原案を手掛けるほか、ラジオのパーソナリティーを務めるなど、マルチな才能を発揮している。

今回の当コーナーも『ロボティクス・ノーツ』特別編。しかもいつもより1ページ多い、3ページの拡張版です! 前2ページで掲載し切れなかった絵素材も交えながら、企画・原案の志倉さんに鋭く迫っていきますよ。ただし、真実を隠すために"ウソ"も混じっています。じっくり読めばすぐにわかると思いますが、うっかり早合点しないようにご注意を。コミカライズで序盤のストーリーも明らかになり、体験版が配信される日も近い!?

<島民の夢が詰まった構図!? 通常版パッケージイラスト>

──通常版のパッケージイラスト[A]が公開されました。この構図にはどのような意味が込められているのでしょう?
志倉 前から何度か言っている通り、"青空"というキーワードがまずひとつあります。それと、種子島の島民も含めた登場人物たちには、最初はこんなに一体感はありません。もしかしたらこういう未来があるかもしれない、というひとつの可能性を示したシーンでもありますね。ある意味では理想形ですけど、実際にこうなるかはわかりません。ゲームを始めた当初でいえば、夢の一場面みたいなものですね。だから、ここには故人である君島コウもいるし、愛理なんかロボットのてっぺんで天を仰いでいるし。この絵に関しては限定版のパッケージのような、生活感のあるワンシーンを切り取った構図とはちょっと違ったコンセプトになっています。


0507_highspec_前編/A.jpg

[A]通常版パッケージイラスト

──タネガシマシン3と試作1号機のほかに、藤田鉄治の横にもロボットがいますね。これはなんでしょうか?
志倉 確かにロボットが3体いて、これはちょっと昔っぽいですよね。このじいさんにとって、思い出深いロボットなのかもしれませんね。

──背景にある文字は"チュウタネロ"と読めますが、これにはどんな意味が?
志倉 中央種子島高校ロボ部の略称で、"中種ロボ部"です。ちなみに、"おじゃりもうせ"は"いらっしゃいませ"という意味の種子島の方言ですね。とにかく、この絵で表したかったのは群像感です。ひとりの主人公の物語というよりは、みんなの物語であるということですね。

──背景にバルーンがたくさん上がっていますね。これも物語に関係が? というのは深読みしすぎですかね(笑)。
志倉 これは軌道エレベーターで間違いないです、たぶん。バルーンに見えるけど、衛星軌道上にあるものがクッキリ見えているんだと思います。2019年ですからね。まあ、あの……深読みしすぎです(笑)。この絵は試作1号機がいる時点でちょっとネタバレですね。最初はかっこいいガンヴァレルだけ出しておいて、ロボ部が作ったロボットの除幕式みたいなところで初めてプレイヤーに見せて「ええー!」ってなるような展開も考えていました。ただ、ネタとして大きすぎてそこまで引っ張れないので、逆にパッケージに出していく手法を取っています。

<9年後の天王寺綯も登場! まだまだ増えるサブキャラクター>

──今回も新たなサブキャラクターが出ました。前回聞けなかった日高宏武[B]を含めましてお聞きします。まずは、エグゾスケルトン社の澤田敏行ですが?
志倉 彼はアンドロイドですよ。教頭先生といっしょに作られたアンドロイド姉弟で、悪の手先として生を受けたんです。300人委員会に作られたものですから、『ロボティクス・ノーツ』の中でいちばん性能のいいロボットですね。これもう完全ネタバレです、スイマセン[C]。

──いいんですか! そんな核心に触れるようなことを言ってしまって(笑)。
志倉 まあしょうがないです。こいつが出てきたときに耳を澄ませば、ウィンウィンって機械音がちゃんと聞こえますよ。

――まさか本当……じゃないですよね?
志倉 はい(笑)。彼が属しているエグゾスケルトン社は、ロボティクスを医療や介護に役立てて社会貢献をしているすばらしい企業です。でも、ちょっと裏では何かありそうに見えたり、けれどそう思わせて何もないかもしれない。人相を見て何かあると思うなよってことです(笑)。


0507_highspec_前編/00_日高宏武.jpg 0507_highspec_前編/01.jpg

[B]日高宏武
昴の父で、昔ながらのガンコオヤジ。種子島の漁業組合に所属し、漁師を営む。ふだんは寡黙だが、怒ると激昂して手が出てしまう!?

[C]澤田の会見
記者会見に臨むエグゾスケルトン社の幹部・澤田敏行。ここでじっくり耳を傾けると不思議な駆動音が……聞こえません(笑)。

──そのあたりは実際にプレイして確かめたいと思います。つぎに、昴の父・日高宏武はいかがでしょうか?
志倉 漁師ですけどテキ屋のオヤジみたいで、見ての通りきびしい人です。「この親にしてこの子が生まれるか?」っていうくらい昴とはギャップがありますね。ジェネレーションギャップもそうだし、興味を持つポイントが違っていて、昴は反面教師にしている部分もあったりする。昴もある意味屈折しているんですけど、このオヤジは昴がロボティクスの道に進むことに大反対なんですよ。まあ悪い人ではないのですが、昴にとっては怖いお父さんです。

──父子の絡みも多そうですね。
志倉 あります。昴が正面からぶつからなければいけないこともあるし、親にコソコソしてやっていてバレちゃうとか。いろいろ反対されているので難しいけど、昴はロボティクスの天才なので本当はやらせないともったいない。それに気がついて、全身全霊をかけて息子を応援しているという、そうなったらいいなという妄想がパッケージイラストに描かれているわけです。

──わかりました。では、今回の目玉と言える、綯ちゃんについて伺えますか?
志倉 ファンサービスとして『シュタインズ・ゲート』から誰かを出そうというわけではなくて、JAXAの職員として綯は必要なキャラクターなんです。『シュタインズ・ゲート』の開発中の段階で、すでに『ロボティクス・ノーツ』に綯を出すことは僕の中では決まっていましたから。

──林さんは屈指の綯好きだと伺っています。そのせいで出すことになったわけではなかったんですね(笑)。
志倉 その嗜好性は林がロリコンだからでしょう(笑)。だからこの綯ちゃんはたぶん好きじゃないですよ、大人になっちゃったので(苦笑)。『シュタインズ・ゲート』では、岡部以外のラボメンは秋葉原で何が起こったのかを明確にはわかっていない。でも、天王寺裕吾や綯なら"何か"を知っているかもしれない。『シュタインズ・ゲート』の中でも、そういう不思議なポジションにいたんですよね。で、秋葉原にいた幼い綯ちゃんが9年後に種子島にいる可能性は十分あるし、シュタインズゲート世界線の延長線上にある綯がどうなったのかも気になるじゃないですか。世界線大分岐の年は2000年問題の2000年、2009年渋谷、2010年秋葉原ときて、2019年種子島が来るわけですが、その大分岐の年と場所に、綯ちゃんは2回いることになるんです。なぜそれが綯なのかに意味があるのかもしれないし、ただの偶然かもしれない。登場シーンは意味深で怪しい感じにしてほしかったんですけど、やたらかわいらしいんですよ[D]。「え、これ綯なの!」っていう衝撃を与えるものを僕は妄想していたんですけどね。まあ、いろいろ名残は残っていますし、ただのチョイ役ではなくてけっこう物語にも関わってきますのでご期待ください。


0507_highspec_前編/02.jpg 0507_highspec_前編/03.jpg
0507_highspec_前編/04.jpg 0507_highspec_前編/05.jpg

[D]天王寺綯 設定画&イベントCG
衣装は3着!? 目的のために手段を選ばないことがあり、"暴走娘"や"暴走小町"の異名を持つ。「目が笑ってない」とよく言われることがコンプレックス。

ファミ通Xbox 360 6月号に掲載の連載インタビュー後半では、『ロボティクス・ノーツ』アニメ化の反響やオープニングに込められた意味などを、志倉さん自身に語っていただいているぞ!


ファミ通Xbox 360 6月号
■表紙&特集:『Halo 4
2012年でいちばんの注目作『Halo 4』を表紙&巻頭8ページの大特集!
開発スタジオへ取材に行き、実際にプレイしてたっぷり話を聞いてきた!
画面写真とともに、新生『Halo』を君の目で確認してほしい!

■特別付録1:Xbox 360 プラチナコレクションカタログ
人気タイトルをお求めやすい新価格で発売しているXbox 360 プラチナコレクション。
すでに100本以上リリースされているこれらを1冊にまとめたオールカタログ!

■特別付録2:『Kinect: スター・ウォーズ』ダウンロードコード
Kinect専用ゲーム『Kinect: スター・ウォーズ』の"ジェダイ デスティニー"モードにて、
女賞金稼ぎのオーラ・シングが使用可能となるダウンロードコードが付録だ。
ファミ通Xbox 360でしか入手できないキャラクターだ。
(※ファミ通Xbox 360 5月号に添付した付録と同じものです)

■特別企画:海外ゲームマニアックス for Kinect
日本では発売されていないKinect専用&対応タイトルをご紹介!
ユニークなタイトルをたっぷり紹介するため、今月は特別に7ページ!

●新作&攻略ゲーム
重鉄騎
バイオハザード6
ドラゴンズドグマ
デッド オア アライブ 5
ロリポップチェーンソー
ロボティクス・ノーツ
マックスアナーキー
虫姫さま
マックス・ペイン3
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
モンスターハンター フロンティア オンライン
ルートダブル - Before Crime * After Days -
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ
ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング
ほか

●連載
Valhalla FREAKS [板垣伴信]
Highスペックマシン;Lowスペックマン [志倉千代丸]
実績解除愛好会
Xbox LIVE アーケード 新作ラインアップ+ミニレビュー
Windows PhoneでXbox LIVEゲーム

ほか