『ロボティクス・ノーツ』6月上旬を目途に体験版配信決定! 『ロボノ』&5pb.ライブイベントリポート【マチ★アソビ vol.8】

ゲーム アニメ ニュース
2012年5月3日~5月5日の期間、徳島県徳島市で開催されているアニメやゲームなどのエンターテインメントイベント“マチ★アソビ vol.8”。ここでは、2012年5月3日に新町橋東公園で行われた、『ロボティクス・ノーツ』&5pb.ライブイベントのリポートをお届け。

●南條愛乃と徳井青空が来徳!

 2012年5月3日~5月5日の期間、徳島県徳島市で開催されているアニメやゲームなどのエンターテインメントイベント“マチ★アソビ vol.8”。ここでは、2012年5月3日に新町橋東公園で行われた、『ロボティクス・ノーツ』&5pb.ライブイベントのリポートをお届け。


robo/01.JPG

▲来場者に元気よく挨拶する南條(左)と徳井(右)。

 5pb.とニトロプラスのコラボレーションによってリリースされている、科学アドベンチャーシリーズの第3弾『ロボティクス・ノーツ』(プレイステーション3・Xbox 360用ソフトとして2012年6月28日発売予定)。マチ★アソビ会場では、本作の主人公・八汐海翔役の声優・木村良平、瀬乃宮あき穂役の南條愛乃、大徳淳和役の徳井青空がパーソナリティーを務めるWebラジオ「ロボティクス・ノーツRADIO~リアルロボ部 少年少女たちの夢~」(配信サイトは→こちら)のマチ★アソビ出張版が行われた。

 ステージに登場したのは、南條愛乃と徳井青空。木村良平は残念ながら今回は欠席となった。南條は徳島に来るのはこれが初めてとのことで、「徳島は温かい街ですね。タクシーの運転手さんも、おいしいお店を教えてくれました。満喫したいです」と語った。


robo/01a.JPG

 挨拶の後にふたりが行ったのは、しんまちボードウォーク内・プロダクション I.Gのパラソルショップで販売されているグッズの宣伝。『ロボティクス・ノーツ』のA3クリアポスター、科学アドベンチャーシリーズではもはやおなじみの“ダイバージェンスメーター”柄のiPhoneケース、『シュタインズ・ゲート』牧瀬紅莉栖柄のiPhoneケースが紹介された。クリアポスターについては、徳井は「水に強いからお風呂に貼ろうかな」、南條は「私は窓に貼ろうかな。6月28日発売! とか書いちゃって(笑)」とコメントした。


 ここで、ゲストとして『ロボティクス・ノーツ』の宣伝を担当している、番馬バン氏が登場。なんと番馬氏は、マスターアップ直前のXbox 360版のロムを持参し、序盤のゲームプレイを見せてくれたのだ!

 最初は、主人公である八汐海翔の独白からスタート。その後、コクピットのような場所に海翔がおり、その主人公が乗っていると思われる機械を起動させるため、仲間たちと海翔が会話をする。番馬氏いわく、これは「ロボ部にとっての大切な瞬間」であるという。


robo/02.JPG

 この機械(?)は起動するのか? と続きが気になるところだが、「それは製品版でのお楽しみということで……」とスキップさせられてしまった。続いて表示されたのは、瀬乃宮あき穂。「かなり力を入れた」という、生き生きとした3Dモデルで表現されている。

 本作の物語の中には、“ポケコン”と呼ばれるデバイスが登場する。このデバイスを通して見た風景には、さまざまな情報が付加される。画面内の相手に猫耳をつけたりすることも可能なのだ。猫耳姿のあき穂が表示されると、会場からは歓声が上がった。


robo/03.JPG
robo/04.JPG

 また、番馬氏は海翔が作中でプレイしている架空のゲーム“キルバラッドON-LINE”(通称“キルバラ”)も紹介。ここで、実際に徳井が“キルバラ”をプレイすることに。制限時間内にコマンドを入力させるというシステムで、徳井はみごと入力を成功させた。ちなみに“キルバラ”の難度はゲームが進むにつれ高くなるようで、開発当初は難しくしすぎてスタッフの誰もクリアーできなかったとか。


 マスターアップ直前ロムによるプレイは、ここで終了。「まだまだ遊びたい! 体験版は出ないの?」というパーソナリティーからの問いに、番馬氏はなんと「じつはすでに制作していて、現在審査中。6月上旬には、プレイステーション3・Xbox 360の両方で配信できると思います」とコメント。これはファンにはうれしいニュース! 配信を楽しみに待とう。

 と、ゲーム発売に向けて盛りあがる『ロボティクス・ノーツ』だが、じつはフジテレビの“ノイタミナ”枠でのアニメ化もすでに決定している。ここで、アニプレックスの井上氏と、プロダクション I.Gの洞(ほら)氏がゲストとして登場し、制作進行中のアニメについて語った。


robo/05.JPG

▲アニプレックス井上氏(左)とプロダクション I.Gの洞氏(右)。

 洞氏は、『ロボティクス・ノーツ』アニメスタッフの寄せ書きを持参。まだスタッフ等、詳細は発表されていないアニメ版だが、寄せ書きに描かれたクオリティーの高いイラストを見れば、期待も膨らむというものだ(ちなみに、こちらで公開しているゲーム版オープニングムービーの“ガンヴァレル”のシーンは、プロダクション I.Gが手掛けたもの)。

 井上氏は、本当はここでアニメの絵コンテを見せようと思っていたのだが、なんとホテルに忘れてきてしまったという。これには会場中からブーイングが! 残念だが、つぎにアニメの情報が公開される機会を待とう。

 ゲーム、アニメの最新情報を紹介したところで、「ロボティクス・ノーツRADIO~リアルロボ部 少年少女たちの夢~」マチ★アソビ出張版は終了。南條と徳井は、物語の舞台である種子島の方言、「のっちよ~」(「さようなら」という意味)という挨拶とともにイベントを締めくくった。


●Zweiと彩音の歌声が夜の新町川に響き渡る!

 「ロボティクス・ノーツRADIO~リアルロボ部 少年少女たちの夢~」マチ★アソビ出張版の後は5pb.のアーティストによるライブ! 最初に登場したのは、ボーカルのAyumu、ベースのMeguのふたりによるユニット“Zwei(ヅヴァイ)”。5pb.のXbox 360用ソフト『メモリーズオフ ゆびきりの記憶』のオープニング曲「小指のパラドックス」、アルケミストのプレイステーション3用ソフト 『うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~』の主題歌「イナンナの見た夢」、そして『ロボティクス・ノーツ』のオープニング曲「拡張プレイス」を歌いあげた。


robo/06.JPG robo/07.JPG
robo/08.JPG robo/09.JPG

 続いて登場した彩音は、初徳島、初マチ★アソビということで、昨晩は興奮して寝られなかったという。彩音が披露したのは、5pb.のXbox 360用ソフト『イレブンアイズ クロスオーバー』のオープニング曲「Endless Tears…」、2012年6月20日に発売予定の最新シングルの表題曲「cry out」、そして自身にとって大切な曲であるという「ロマンシングストーリー」の3曲。伸びやかな歌声でステージイベントの最後を飾った。


robo/10.JPG robo/12.JPG
robo/13.JPG DSC_1187.JPG

▲最後は全員で「ロマンシングストーリー」を合唱!

robo/14.JPG

この記事の関連URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

『たまごっち』の誕生日をフルーツポンチ&ドン小西がお祝い! 歴代『たまごっち』をトレンドで振り返るファッションショーも

初代『たまごっち』の誕生日である2014年11月23日、ダイバーシティ東京 プラザにて“たまごっち誕生祭2014”が開催。お笑いコンビ・フルーツポンチやドン小西がお祝いに駆け付けたスペシャルステージをリポート!

『ワンピース ダンスバトル』システム解説 フンドシ締めてダンスを黙って見届けろ!!!

バンダイナムコゲームスから配信されたばかりのリズムゲーム『ワンピース ダンスバトル』。本作をこれからプレイする人向けにゲームシステムについて解説する。

【レポートマンガ】特別編 ダンボールなめこが新作持参で編集部襲来『なめこのおさんぽ』

『なめこ栽培キット』シリーズでおなじみのキャラクター“なめこ”が活躍する新作をレポートマンガにてお届け。

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

特集記事

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク