『龍が如く6 命の詩。』国内及びアジア地域で50万本突破、シリーズ累計出荷本数は900万本に

セガゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『龍が如く6 命の詩。』について、日本国内及びアジア地域(台湾・香港・東南アジア)の累計本数(パッケージ版、ダウンロード版合算)が50万本を突破したことを発表した。

●全世界でシリーズ累計出荷本数が900万本を突破

ryu6_package

 セガゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『龍が如く6 命の詩。』について、日本国内及びアジア地域(台湾・香港・東南アジア)の累計本数(パッケージ版、ダウンロード版合算)が50万本を突破したことを発表した。

 以下、リリースより。



PlayStation4『龍が如く6 命の詩。』が国内及びアジア地域で50 万本突破
2005年12月から続く「龍が如く」は全世界でシリーズ累計900 万本突破
 2016 年12 月8 日(木)に発売したPlayStation®4 用ソフトウェア『龍が如く6 命の詩。』において、日本国内及びアジア地域(台湾・香港・東南アジア)の累計本数(パッケージ版、ダウンロード版合算)が50 万本を突破しました。また、2005 年12 月に初作となるPlayStation®2『龍が如く』が発売されて以降、全世界でシリーズ累計出荷本数が900 万本を突破しました。

 2005 年12 月にPlayStation2 用ソフトウェアとして登場した『龍が如く』第一作は、大人向けのエンターテインメントとして大きな話題を呼びました。骨太な人間ドラマを描いたストーリーや、これまでのゲームでは考えられなかった豪華キャスト陣の参加。そして、巨大歓楽街“神室町”を舞台に繰り広げられる数多のサブストーリーや遊び応え満点のプレイスポット、さらには爽快感溢れる迫力のケンカバトルなどが人気を博し、廉価版を含めて100 万本を突破するヒットを記録しました。
 翌2006 年12 月にPlayStation®2 用ソフトウェア『龍が如く2』が発売、2007 年3 月には『龍が如く 劇場版』(監督:三池崇史氏、主演:北村一輝)を公開するなどその勢いは続き、若年層をターゲットとした『クロヒョウ』シリーズでは、ゲームをモチーフとしたテレビドラマ作品を展開、この他にも遊技機やグッズなど、作品を重ねるごとに様々なチャレンジを行い、人気シリーズとしての地位を確立しました。
 最新作『龍が如く6 命の詩。』では、ビートたけしさんをはじめとした史上最も豪華なキャスト陣を迎え、山下達郎さんによる楽曲提供が実現。PlayStation®4 専用ソフトに舵を切ったことにより、新ゲームエンジン“ドラゴンエンジン”を駆使した、PlayStation4 のスペックをフル活用した極上のゲーム体験がお楽しみいただけます。シリーズファンはもちろん、全てのPlayStation4 ユーザーに向けて自信を持ってお届けできる、ドラマや映画を越えた、かつてない極上の感動体験が訪れるエンターテイメント作品です。

 セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、この度の『龍が如く6 命の詩。』の国内及びアジア地域での累計本数50 万本突破を通過点とし、今後も本作、並びに『龍が如く』シリーズの益々の拡販に努めてまいります。『龍が如く』シリーズの今後の展開にご期待ください。


龍6_01 龍6_02
龍6_03 龍6_04


(C)SEGA