『ドラゴンクエストヒーローズII』主人公たちの強さのヒミツとは? マルチプレイの詳細情報も到着!

『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』本作の主人公であるラゼル&テレシアの強さのヒミツや、注目のマルチプレイに関する詳細情報が公開された。

●主人公は“転職”も可能に!

 スクウェア・エニックスが、『ドラゴンクエスト』シリーズ30周年記念タイトルとして、2016年5月27日(金)に発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』。本作の主人公であるラゼル&テレシアの強さのヒミツと、注目のマルチプレイに関する詳細情報が到着!

 また本作は、4月8日(金)15時よりキャストなどの最新情報も満載のニコニコ生放送番組“ドラゴンクエストヒーローズ・ザ・LIVE!”第2回を配信。詳細は公式サイトでチェックしよう。


●経験を積んでレベルアップ、さまざまなスキルを習得

 主人公たちはバトルに勝利して経験を積むことで、攻撃力や守備力などのパラメータが上がり、強くなっていく。さらに、レベルアップ時に獲得できる“スキルポイント”を振り分けることで、さまざまなスキルを習得できる。戦うほどにチカラがついて、バトルがより楽しくなるのだ。


DQH2_160310_01 DQH2_160310_02

▲巨体を誇るおにこんぼうなど数々の強敵が立ちはだかる。チカラをつけて撃破しよう!

▲戦闘経験を積んでレベルアップ! レベルアップ時にはパラメータが上昇するほか、スキルポイントが獲得できることも。

DQH2_160310_03 DQH2_160310_04

▲覚えた呪文や特技はスキルメニューでセットしよう。強力な攻撃だけでなく、回復や補助に役立つものもあるぞ。

▲ライデインの呪文で敵を攻撃! スキルを使いこなすことで、強敵との戦いも優位に進められるようになる。

●テンションをためて必殺技をくり出せ!

 戦闘中に敵を攻撃したり、敵から攻撃されたりすると、テンションが上がっていく。テンションはメンバーの顔イラストの左側のゲージで示され、満タンになるとハイテンションになってパワーアップ。ハイテンションになっているときは“必殺技”をくり出すことができる。


DQH2_160310_05

▲ハイテンションになると、身体がピンク色の光に包まれる!

DQH2_160310_06 DQH2_160310_07
DQH2_160310_08

▲剣に雷のチカラをまとわせてなぎ払う、ラゼルの必殺技“ギガブレイク”。

DQH2_160310_09 DQH2_160310_10
DQH2_160310_11

▲剣から雷を放ち、敵を一掃するテレシアの必殺技“ギガスラッシュ”。

●ヒーローたちが新たなチカラに目覚める!?

 本作では、敵にダメージを与えると、装備した武器種ごとに武器の扱いの習熟度を示す“熟練度”が上がる。熟練度が上がると、スキルポイントで身につけるものとは別に、その種類の武器を装備しているときに使える呪文や特技、特殊な効果を習得できる。


DQH2_160310_12 DQH2_160310_13

▲熟練度は、ゼビオンの城下町にいる師範に確認しよう。十分に武器の熟練度が上がっている者には新たな呪文や特技、特別な効果のあるスキルを授けてくれるぞ。

▲ラゼルが双剣の武器スキル“フリーズブレード”を習得! スキルポイントで覚える呪文や特技と同様、スキルメニューでセットして戦闘中にくり出すことが可能だ。

●転職を活用して、主人公を自分好みに育てよう!

 主人公・男女には、ほかのヒーローたちと異なるトクベツな能力がある。それは“転職”と“武器種の変更”。職業ごとに能力値や習得可能なスキル、装備できる武器種は異なり、戦いかたにも大きな違いが生まれる。強力な剣技を操る戦士を目指すもよし、仲間を癒す僧侶を目指すもよし、自分好みの育成が楽しめるぞ。


DQH2_160310_14
DQH2_160310_15 DQH2_160310_16

▲最初は“戦士”の職業についているラゼルとテレシア。双剣・片手剣・オノを装備できる。

DQH2_160310_17 DQH2_160310_18

▲ゼビオンの城下町にある転職所。職業ごとにレベルやスキルポイントは別々なので、新たな職業で再び経験を積もう。

▲僧侶に転職すると、装備できる武器がスティック・ヤリ・棍へとガラリと変わった。新たな武器を使いこなそう。

●鍛えたキャラクターでマルチプレイに集え!

 プラットフォームの垣根を越えて、友だちと“マルチプレイ”を楽しめる本作。プレイステーション4版、プレイテーション3版、プレイステーション Vita版の、どの機種どうしでもクロスプレイでいっしょに冒険をすることが可能。さらに、セーブデータをそれぞれの機種で共有するクロスセーブも可能なので、家ではプレイステーション4版でマルチプレイを大画面で楽しみ、外出先ではプレイステーション Vita版でレベルアップに励む……といった楽しみかたもできる。

 ストーリー中のバトルにいっしょに挑戦する“協力プレイ”や、ひとり~最大4人で遊べる“時空の迷宮”で強敵に挑むなど、楽しみかたはさまざま。最大4人が参加しての“時空の迷宮”の冒険は、鍛えたキャラクターのチカラを活かす絶好の舞台だ。マルチプレイでもヒーローを目指せ!


DQH2_160310_19

▲“時空の迷宮”の受付場所となるリッカの宿屋では、参加人数などの条件を設定できる。

DQH2_160310_20 DQH2_160310_21

▲身近な友達やインターネットを介して集ったプレイヤーと時空の迷宮での冒険に挑もう。最深部にはどんな強敵が!?

▲強敵が出現するだけでなく、メタルスライムがたくさん現われるといったトクベツな迷宮もあるようだ。



(C) 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※画面はすべてプレイステーション4版の開発中のものです。