ドワンゴとワタナベエンターテインメントがマネジメント会社を設立、ニコニコで活躍するゲーム実況者らをプロデュース

ドワンゴとワタナベエンターテインメントは、2016年2月12日(金)、合弁会社“株式会社ワタナベアマダクション”を設立した。

●“ネット”のスターを、“リアル”の次世代スターに育成

 ドワンゴとワタナベエンターテインメントは、2016年2月12日(金)、合弁会社“株式会社ワタナベアマダクション”を設立した。

 ワタナベアマダクションでは、動画サービス“niconico”で活躍するゲーム実況者を始めとしたユーザーのマネジメントおよびプロデュースを行い、ネットに加えリアルの場での活動を広げるサポートをしていくとのことだ。

 以下、リリースより。



 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)と、株式会社ワタナベエンターテインメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺ミキ)は2月12日(金)、合弁会社 「株式会社ワタナベアマダクション(本社:東京都中央区、代表取締役社長:土居大樹)」 を設立しました。

・“ネット”のスターを、“リアル”の次世代スターに育成
 ワタナベアマダクションでは、ドワンゴが提供する動画サービス『niconico』で活躍する「ゲーム実況者」をはじめとしたユーザーのマネジメントおよびプロデュースを行い、ネットに加え、リアルの場での活動を広げるサポートをしていきます。
 いまや国内外で注目されているゲーム実況者ですが、その盛り上がりをインターネット内に留めず、テレビやラジオ、イベントなど、リアルのメディアにも展開していくことで、エンターテインメント業界を活気づけていきたいと考えています。そして、日本を代表するコンテンツ・文化として、両社の強みを活かしながら、新たなエンターテインメントビジネスの構築を目指します。
 また、ワタナベアマダクションでは、ワタナベエンターテインメント所属タレントの『niconico』を使った新たな企画・制作も行い、リアルとネットに親和性のある次世代スターをプロデュースしていきます。

■合弁会社の概要
<会社名>株式会社ワタナベアマダクション
<所在地>東京都中央区銀座4‐12‐15(歌舞伎座タワー内)
<代表者>代表取締役社長:土居大樹 (ワタナベエンターテインメント)
<役 員>取締役員:大森健司(ドワンゴ)
執行役員:加藤永吉(ワタナベエンターテインメント)
執行役員:青山雄一(ドワンゴ)
<資本金>2000万円/株式会社ワタナベエンターテインメント(50%)、 株式会社ドワンゴ(50%)
<設立日>2016年2月12日

<両社について>
●株式会社ドワンゴ
 会員数5320万人を抱える日本最大級の動画サービス『niconico』をはじめ、ニコニコ超会議や闘会議などのイベント、モバイル向け音楽配信サービス、ゲームソフトおよびオンラインゲームの企画開発などを手がけ、多彩なエンターテインメントコンテンツを提供しています。

●株式会社ワタナベエンターテインメント
 中山秀征、ホンジャマカ、ネプチューン、中川翔子、城田優、イモトアヤコ、林修ら多くのアーティストのマネージメントの他、TV番組や舞台などのコンテンツ制作を手掛ける総合エンターテインメント企業。