プラチナゲームズ10周年パーティーをリポート! 神谷英樹氏、橋本祐介氏、稲葉敦志氏のインタビューもお届け

2016年2月26日に行われた、プラチナゲームズ10周年パーティーをリポート。また、会場を訪れていた神谷英樹氏、橋本祐介氏、稲葉敦志氏にお話をうかがった。

●祝・プラチナゲームズ10周年!

 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』シリーズや『メタルギア ライジング リベンジェンス』などを手掛けてきたことで知られる開発スタジオ“プラチナゲームズ”が、2016年2月2日に創立10周年を迎えた。

 これを記念し、2016年2月26日、東京都内にて“PLATINUMGAMES 10th ANNIVERSARY PARTY”が開催。代表取締役社長の三並達也氏を始めとするスタッフが集い、プラチナゲームズの10年間を支えたユーザーや関係者らへの感謝の意を表した。また三並氏は、大阪でのユーザー向けイベント開催を計画中だと明かした。


01 02
03 04

▲プラチナゲームズ 代表取締役社長 三並達也氏。

▲三並氏は、10年を支えたスタッフにも感謝の言葉を伝えた。

05 06

▲パーティーの冒頭で流れた、プラチナゲームズがこれまで手掛けてきたタイトルを振り返るムービー。

07

▲フィル・スペンサー氏ら、マイクロソフトスタッフからのメッセージも。

 三並氏がシェフに扮して料理を振る舞ったり、ものまねタレントの“ゆうぞう”がショーを行ったりと、終始盛り上がっていた10周年パーティー。最後に、三並氏が今後の発展を願ってダルマの開眼を行い、パーティーは幕を閉じた。


08 09

▲来場者への感謝の気持ちを込めて、ローストビーフを切り分ける三並氏。

10 11

▲ゆうぞうさんも「おいしい!」と太鼓判。

▲記者もいただきましたが、とてもおいしかったです。

12 13

▲黒色のクールなダルマに目入れ!

●プラチナゲームズのクリエイターにインタビュー!

■ディレクター 神谷英樹氏
(文中は神谷)


14

――10周年を迎えた、いまのお気持ちを教えてください。
神谷 10周年を迎えたんですけど、僕、まだ2作品しか作っていないんですよ。『ベヨネッタ』と『The Wonderful 101(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン)』と。「これはペースを上げなあかんな」と思いました(笑)。『ベヨネッタ』と『101』のあいだに、開発がうまくいかなかったタイトルがありまして。時間を使ってしまったな、と。

――10年という時間は、長いと感じましたか、それとも短いと感じましたか?
神谷 あっという間でしたね。最近、ユーザーの方から「今年、『大神』が10周年ですね」と言われて、「えっ、もうそんなに経つの!?」と思ったり。何年か前には「『ビューティフル ジョー』が10周年ですね」と言われて、それも驚きましたね。3ヵ月くらい前にアップした気がするんだけどなあ、って。本当に時間が経つのが早くて。

――では、今後の抱負を教えていただけますか?
神谷 2作品作って、10年か……と最近考えることがあって。僕たちは、あまり“何年”という区切りで考えないので、ひとつ作って、つぎの作品を考えて、また作って……とやっているうちに時間が経っちゃった。僕ももう45歳ですし、仕事をしていられるあいだに、あと何本作れるんだろう? と。これまで僕は、「つぎのゲームのアイデアはすぐに湧くんですか?」と聞かれたとき、よく“歯磨き粉のチューブ”になぞらえて話をしてきたんです。1回終わったら、チューブを机の角でギューっと押して、「ああ、もう1回分出た」という感じで作ってきたので、やりたいことのストックはなかったのですが、最近は「あれもやりたいな、これもやりたいな」というアイデアがあるんですよ。

――実現したいアイデアが続々湧いてくる、と。
神谷 あるんですけど、我々は単なるデベロッパーなので、お金をいただかないことには開発できないので、「お金がないなあ……」と(笑)。この記事を見た方、お金をください(笑)。アイデアはありますので。僕たちは、ゲームキッズたちに対して、新鮮な驚きと喜びを与えるのが使命だと思っているんですね。その期待に、これからも応えていきたいな、と。

――ところで神谷さんと言えば、Twitterで“プラチナゲームズ”を“プラチナゲームス”と書き間違えている方に、よく「「プラチナゲームズ」ですね……」と指摘していらっしゃいますが、そのパトロールは今後も行うのでしょうか?
神谷 はっきりと言っておきたいのですが、プラチナゲームズだろうかプラチナゲームスだろうが、正直、どうでもいいんです(笑)。なぜあのパトロールをしているかというと、僕がTwitterで暴言を吐き続けたばっかりに、ユーザーの皆さんと交流するために始めたはずのTwitterで、誰も僕に触れなくなったんです(笑)。そこで、僕のほうから行くスタイルに変えようかなと。ただ、僕もコミュニケーションがちょっと苦手なので、まずは会話のとっかかりを作ろうと、「「プラチナゲームズ」ですね……」と言っているんです! それで話のラリーが始まるかな……と思ったら、なかにはすごく怒っちゃう人もいたりして。そりゃ怒るだろうとは思いますが(笑)。

――ラリーが続いていることは、あまりないですよね(笑)。
神谷 恐縮されたらされたで申し訳ないですし。でも、そうでもしないとコミュニケーションができないんですよ! 僕、寂しいんです。でも、「質問なんでも受け付けます」とも言えないし。僕の心情を察してほしいんです、聞きたいことをほどよく聞いてほしいんです!

――「来週の…ゲーム雑誌に…」と答えることも多いですよね。
神谷 あれは、来週のゲーム雑誌に、他社さんのおもしろいゲームの情報が載ったらいいな、と思って書いているだけなんですよ(笑)。みんな「ガタッ」と言うんですけど。このあいだも、僕に「『デビル メイ クライ 5』は出ないんですか?」と聞いてきたユーザーがいたので、「来週の…ゲーム雑誌に…」と言ったら、それが200リツイートくらいされてしまって(笑)。カプコンの人間じゃない俺がなんでわかるんだよ、デタラメだってわかるだろ! と思うんですけど。そういうのも含めて、僕はTwitterを非常に楽しんでいるので、怖がらずに話しかけていただければ。そんなに怖い人じゃないですよ!