公式タイムアタック大会も白熱! “モンスターハンターフェスタ’16(名古屋大会)”リポート

2016年2月11日、愛知県のポートメッセなごやにて、行われた、モンスターハンターフェスタ’16(名古屋大会)の模様をリポート。

●天候に恵まれた絶好の“モンフェス日和”!

 2016年2月11日、愛知県のポートメッセなごやにて、日本5都市を股にかける『モンスターハンター』(以下、『MH』)の祭典“モンスターハンターフェスタ’16”の名古屋大会が開催された。当日は天候に恵まれ、前日に比べて気温も上昇。会場には全国から多くのハンターが詰めかけ、『MH』尽くしのイベントを楽しんでいた。ここでは会場内のメインステージにて行われたイベントの様子を中心に、当日の会場の模様をお届けしよう。


01
02
03
04
05

▲『MH』シリーズの貴重な資料やイラストを観覧できる“MH アートミュージアム”。漫画家・真島ヒロ先生たちが描いたイラストの前には人だかりが!

06
07

▲ゆでたまご先生の『キン肉マン』と『MH』のコラボイラストも! コラボイラストが描かれたTシャツは物販コーナーでも販売され、人気を博していた。へのつっぱりはいらんですよ!

08

▲公式タイムアタック大会の予選会場では、参加チームどうしが静かに火花を散らす!

●コアなネタも満載のステージイベント!

 会場内のメインステージでは『MH』シリーズプロデューサー辻本良三氏、『MHX(クロス)』プロデューサー小嶋慎太郎氏、『MHX(クロス)』ディレクター一瀬泰範氏、『MHX(クロス)』プランナー市原大輔氏、『MHストーリーズ』世界観ディレクター藤岡要氏たち開発陣に加え、豪華ゲストが多数登壇。さまざまなイベントを実施し、ステージ前に詰めかけた来場者を楽しませた。


09

▲開発陣のあいさつとともに行われたグッズ紹介では、辻本プロデューサーが『MHX(クロス)』の4大モンスターをモチーフにしたまんじゅうをパクリ。「餡がいっぱい入っていて……口の中の水分をすべて持っていかれるくらいのまろやかさですね」とのこと。

10

▲絶賛稼動中のアーケードゲーム『MH スピリッツ』を紹介するコーナーでは、解説役として開発を務めるマーベラスのプロデューサー井上和則氏が登場。来場者の中からステージに上がってディノバルド討伐に挑戦した少年の、あまりのやり込みっぷりに驚きを隠せなかった。

11

▲スマートフォンアプリ『パズル&ドラゴンズ』の生みの親、山本大介氏が登場。週刊ファミ通の大塚角満とチームを組んで狩王決定戦予選に参加していたらしく、自信満々に「地区大会決勝をお楽しみに」とコメント。気になる成績は……?

●開発者チャレンジクエスト

 『MH』開発陣がクエストに挑戦するモンスターハンターフェスタの恒例企画。辻本プロデューサー、小嶋プロデューサー、一瀬ディレクター、市原プランナーの4人がラージャン討伐に挑み、チャレンジ成功時には『MHX(クロス)』でアイテムが配信される。ちなみに、これまでの3会場での成績は1勝2敗。果たして今回のチャレンジ結果は……?

名古屋大会の目標:ラージャンの討伐(制限時間9分20秒)
目標達成報酬:強走薬グレート30個

 前回の福岡大会での成功に気分をよくしたのか、辻本プロデューサー以外の全員がニャンター、さらに辻本プロデューサーは回復薬と回復薬グレートを未所持という条件を設けて挑戦スタート。しかし、クエストが始まると小嶋プロデューサーと一瀬ディレクターが途端に無口に……。なんとミスにより、ふたりのサポート行動が設定されていないことが明らかになる。このアクシデントで、いつもは身内のジャマばかりしている辻本プロデューサーも、今回はまじめに奮闘。しかしミスを取り戻すことはできず、あえなくタイムオーバーとなってしまった。挑戦は失敗となったが、“フェスタ史上最悪の放送事故”(辻本プロデューサー談)を見せてしまったということで、一瀬ディレクターと市原プランナーの個人データのハチミツ、回復薬、秘薬などに加え、辻本プロデューサーと小嶋プロデューサーの薬草をすべて売却することを条件に、強走薬グレート30個といにしえの秘薬50個の配信が決定した。なお、各会場でのチャレンジ報酬は、仙台大会終了後にまとめて配信される予定だ。


12

▲ミス発覚と同時に無口になる開発陣。ステージ上の悲惨なムードとは裏腹に、来場者からは笑いが漏れていた。

●『モンハンラジオ良三の部屋』公開収録

 辻本プロデューサーのお部屋にゲストを招いてのんびりとトークをくり広げるWebラジオ番組『モンハンラジオ 良三の部屋』の公開収録を実施。辻本プロデューサー、アシスタントのウサミス(宇佐美友紀さん)、小嶋プロデューサーに加えて、ゲストの井上聡さん(次長課長)、藤田憲右さん(トータルテンボス)、加藤貴博さん(チャド・マレーン)が登場。『MH』大好き芸人らしい、ディープで笑いに溢れたトークを披露した。各人のプレイ状況は以下の通り。ちなみに、この日の収録内容は3月3日から放送される予定。過去分の放送も聞けるので、気になる人はチェックしよう。

[井上さん]
 現在は闘技場ソロでのSランク獲得を達成し、勲章集め中。闘技場ではホロロホルル討伐が劇的に難しく、これまで以上にきつかったという。最小サイズのモンスター討伐を始めており、矛砕ダイミョウザザミの最小サイズ討伐は6日目に突入。狩猟笛とヘヴィボウガン以外の武器を使って狩りを楽しんでいる。

[藤田さん]
 HR166、プレイ時間は290時間。井上さんと同じく勲章集めを始めた。オンライン集会所で二つ名持ちモンスターを狩っているが、最初に討伐できるモンスターを無視して装備集めを優先したら、大雪主ウルクススなどのクエストに誰も来てくれないと嘆く。『MH4G』から使い始めた狩猟笛を本作でも使っていたが、村クエストで限界を感じ、大剣(エリアル)で無事クリアー。その後、『MHX(クロス)』で初めてハンマー(エリアル)を使用開始。グーグーベアを使ってモンスターを拘束しまくっていると、楽しそうに語った。

[加藤さん]
 ふだんは井上さんといっしょにプレイしているという加藤さんは『MH4G』からシリーズを遊び始めたという。井上さんから「お前は棍を5万回くらい振れ」と言われて以来、操虫棍ひと筋だったが、『MHX(クロス)』では「チャアク(チャージアックス)を5万回くらい振れ」と言われ、チャージアックスを使っている。井上さんの言葉通りチャージアックスを使い続け、HRは200オーバー。しかし、実力はHR4相当(井上さん談)で、エネルギーブレイドは100%外すとのことだ。


13

▲井上さんは1月に行われた東京大会以来、2度目の登場。以前よりもさらに『MHX(クロス)』をやり込んでいた。

14

▲勲章を取るのに命を懸けているという井上さんは、「モンスターの“サイズの見極め”というスキルがほしい」、「記録更新時以外にも討伐したモンスターの大きさが知りたい」と、辻本プロデューサーに要望を出していた。

15

▲辻本プロデューサーとゲストで挑んだ荒鉤爪ティガレックス討伐。全員ベテランということで危なげなく討伐成功するも、加藤さんがエネルギーブレイドを外す、ブランゴにどつかれるといった見せ場もしっかりと提供!

●『MHX(クロス)』スペシャルステージ

MHX(クロス)』を深く掘り下げるイベント。開発陣による世界観の解説や、占いタレントゲッターズ飯田のモンスター占いなどが行われた。“MHX 世界観講座”のコーナーでは、小嶋プロデューサーと一瀬ディレクターが『MHX(クロス)』の世界設定を解説。名古屋大会のお題はユクモ村、渓流、泡狐竜タマミツネだった。


16

▲白衣姿で現れる登壇者たち。

[ユクモ村]
 山間の谷に湧きでた温泉を中心に栄えた村で、人里離れた奥地に位置している。歴史は古く、古い文献にも名前が出てくるという。村には平地が少なく、谷に沿って建物が並ぶ。温泉を中心とした産業のほかに林業も盛んで、周辺の山で取れる良質な木材を都市に送り出している。


17

[渓流]
 ユクモ村の近くにあるフィールドで、高地にあるキャンプから、渓流を挟んだ山地一帯のことを指す。フィールドは集落跡、ほこら、吊橋など、かつて人が住んでいた痕跡が残っているのも特徴。


18

[泡狐竜タマミツネ]
 タマミツネの全身を覆う毛は鱗が進化したもので、デッキブラシのような触感の剛毛になっている。また、腹部などの白い鱗部分には凹凸があり、体液が残留しやすくなっている。この体液による保湿効果によって、地上での長時間の活動が可能。さらに、体液をこすり合せて泡を発生させる。タマミツネは滑走する際、爪を使って身体をコントロールする。この爪は体毛を梳く櫛のような役割も持つ。タマミツネの特徴である泡や潤滑性の高い体液は、外敵に対してトラップとして使って足止めしたり、食料となる小型モンスターを弱らるのに使ったりする。ゲーム中に出てくるタマミツネはじつは雄の個体。雄は単独で行動し、雌は群れを形成する傾向があるが、子どもが小さい時期はオスが守る役割を担う。タマミツネは警戒心が強く、基本的に争いを避ける。だが、子や巣を守るときは外敵を排除するために戦いを挑む。


19
20

 続いて、“日本で唯一モンスターを占える占い師”のゲッターズ飯田さんが、モンスターの運勢を占う。今回は、雷狼竜ジンオウと金雷公ジンオウガの姓名判断、ライゼクスの足相占いを行った。


21

[雷狼竜ジンオウガの姓名判断]
 ジンオウガという名前は、冒険心があっていい。苗字の雷狼竜と合わせると、凶を吉に変え、天運をつかむすばらしい名前になる。追い込まれると強くなるので、「もう別れる」、「これを失敗したらクビ」などと言って精神的に追い込むといい。


22

[金雷公ジンオウガの姓名判断]
 勤勉で地道のがんばるコツコツタイプ。数字に強いので、営業とかで活躍する。恋愛の記念日とかも忘れず、彼女にもマメ……だけど、それが原因で振られる重いタイプ。


23

[ライゼクスの足相]
 相がないという難題だが、足(手)の大きさで性格を判断。大きい足を持つライゼクスは、かなり優柔不断で電撃を出すタイミングも迷っている。また、守りが強く戦いは好まない性格で、相手が来るからしかたなくビリビリしているそうだ。ちなみに、手の小さい人は短気。手の小さい人には「ひと目ボレです」などと、早めに告白するとなんとかなる可能性があるとのこと。レッツ告白!


24

●狩王決定戦、親子&女子ハンター日本一決定戦の名古屋地区代表が決定!

 各地方大会では公式タイムアタック大会が開催され、優秀な成績を残したチームは3月27日に開催される決勝大会へと進出できる。ここでは、名古屋大会で行われた狩王決定戦、親子&女子ハンター日本一決定戦の結果をお届けしよう。なお、これらの激戦の模様はゲーム配信チャンネルtwitchにて配信されている。気になる人は見てみるといい。

<狩王決定戦、親子&女子ハンター日本一決定戦 名古屋地区大会予選>

 狩王決定戦と女子ハンター日本一決定戦はホロロホルル討伐、親子ハンター決定戦はドスマッカオ討伐(ニャンター専用クエスト)の結果によって地区大会決勝に進むチームが決定する。狩王決定戦が上位8チーム、親子&女子ハンター日本一決定戦はそれぞれ上位2チームが地区大会決勝戦へと進出可能だ。各部門の上位チームのタイムは以下の通り。

・狩王決定戦 名古屋大会予選クリアータイム(※地区大会決勝進出は上位8チームまで)
1位 クロスタイル 1分14秒06
2位 ひめってぃあ 1分17秒26
3位 大須チャガンマン 1分19秒60
4位 again 1分20秒20
5位 0150 1分22秒16
6位 シーソーbyしーがる 1分22秒80
7位 チームゴジモン 1分26秒76
8位 電話レンジ(狩) 1分30秒86

9位 ウエカラDXボンバー 1分36秒51
10位 におどぶるー 1分36秒96

・親子ハンター日本一決定戦 名古屋大会予選クリアータイム
1位 ディノリ隊 2分13秒16
2位 チームまつもと父娘 2分18秒63

・女子ハンター日本一決定戦 名古屋大会予選クリアータイム
1位 あのにゃむ太郎さん 1分17秒63
2位 リア充を哲学する会α 1分32秒63


25

▲山本大介氏&大塚角満チームの予選結果はコチラ。……残念!

<狩王決定戦 名古屋大会決勝>

 狩王決定戦名古屋大会の決勝はライゼクス討伐で行われ、クリアータイム上位3チームが決勝大会へと進出できる。どのチームも「オチないようにがんばります」と謙虚な姿勢で臨んだが、ふたを開けてみると終始ライゼクスの動き封じるハイレベルな攻防の連続。使用武器が全体的にばらけたこともあり、最後まで結果がわからない接戦が展開された。

・狩王決定戦 名古屋大会決勝クリアータイム(※決勝大会進出は上位3チーム)
1位 ひめってぃあ 2分51秒23 使用武器:チャージアックス&操虫棍
2位 クロスタイル 3分10秒70 使用武器:チャージアックス&操虫棍
3位 シーソーbyしーがる 3分22秒86 使用武器:チャージアックス&チャージアックス
4位 大須チャガンマン 3分51秒25 使用武器:片手剣&ランス
5位 0150 3分52秒65 使用武器:操虫棍&操虫棍
6位 電話レンジ(狩) 4分00秒80 使用武器:ランス&チャージアックス
7位 チームゴジモン 4分15秒20 使用武器:片手剣&チャージアックス
8位 again 4分15秒50 使用武器:操虫棍&操虫棍


26
27

<親子ハンター日本一決定戦 名古屋大会決勝>

 親子ハンター決定戦名古屋大会決勝はイャンクック討伐(ニャンター専用クエスト)のクリアータイムを競う。おなじみのモンスターが相手でもニャンターでの討伐となると勝手は別……なのだが、さすが地区大会決勝まで進出した実力者たち。イャンクックを手玉に取り、ブーメランをつぎつぎと命中させる。
 ブーメランを主軸に攻めるチームまつもと父娘、ボマーが鬼人笛の術などでコレクトをサポートするディノリ隊の勝負は、大会初参加だというディノリ隊の勝利!

・親子ハンター日本一決定戦 名古屋大会決勝クリアータイム
1位 ディノリ隊 5分16秒13 サポート:コレクト&ボマー
2位 チームまつもと父娘 6分43秒83 サポート:コレクト&コレクト


28

<女子ハンター日本一決定戦 名古屋大会決勝>

 女子ハンター日本一決定戦名古屋大会決勝の課題は、リオレウス討伐。どちらのチームもひとりは大剣を選択するが、ペアとなる武器に作戦の違いが出る。リア充を哲学する会αは睡眠属性持つスラッシュアックスでリオレウスを寝せてからの大ダメージ狙い、あのにゃむ太郎さんチームはチャージアックスの火力で押し切りを狙う。この作戦の違いが結果につながったのか、軍配はあのにゃむ太郎さんチームに上がった!

・女子ハンター日本一決定戦 名古屋大会決勝クリアータイム
1位 あのにゃむ太郎さん 3分12秒51 使用武器:チャージアックス&大剣
2位 リア充を哲学する会α 7分50秒66 使用武器:スラッシュアックス&大剣


29

●決勝大会進出チームのコメントをお届け!

 公式タイムアタック大会の各部門で決勝進出を果たした5組のチームにインタビューを実施! 各出場チームの喜びの声をお届けしよう。


<狩王決定戦 名古屋大会1位>
チーム名:ひめってぃあ
(写真左・操虫棍担当:hime、写真右・チャージアックス担当:tear)


30

――himeさんは、過去に親子大会で日本一になったことがあるんですね。

hime はい。2部門制覇を目指します。

――いままでに2部門を制覇した人はさすがにいないですね。前回いっしょに参加された息子さんは?

hime 息子は高校1年生になったんですが、前回でてっぺんを取ったので、いったん卒業ということで。

――それで、今回はtearさんと組んで狩王決定戦に出ることになったわけですね。

hime 彼(tearさん)は前回出ようとしていて、相方が見つからず出られなかったです。それで嘆いていたんですが、「俺でいいなら……」と。

――おふたりは、もともと『MH』仲間だったんですか?

hime 今回2位だった、クロスタイルのゆうた君のフレンドどうしだったんです。

――おお、そんなつながりが! 地区大会決勝戦の武器の組み合わせはどうやって選ばれたんですか?

hime ライゼクスの動きを止めて安定させたくて、操虫棍棒の乗り、チャージアックスのめまいで動きを封じて、それから麻痺にもできればいいかなと思って選びました。

――ライゼクス討伐のベストタイムが2分20秒と聞いたんですが、今回のタイムはいかがでいたか?

hime 2分台で落ち着いていたので、だいたい平均タイムですね。

――作戦はtearさんが考えられたんですか?

tear そうですね。もともとあった作戦を少しずつ変えていった感じです。

――練習はどのようにやられていたんですか?

tear 通話しながらオンラインでやっていました。

hime じつは、今年1月の3~4日くらいに、クロスタイルのみんなもいっしょにウチに集まって、4人で練習してたんですよ。

――ほほー!

hime 昼飯とか全部、俺が提供して(苦笑)。

クロスタイル・ゆうた そこは、年長者だから(笑)。

hime ウチは子どもも3人いて、たいへんなのに(笑)。

――あはは(笑)。では、最後に決勝大会の抱負をお願いします。

tear 初出場でここまでこれてうれしかったので、決勝大会でも優勝したいです!

hime 親子ハンター日本一決定戦は前回優勝したので、今回は狩王決定戦の制覇を狙います! もし優勝できたら、性転換して女子ハンターに出場ですかね(笑)。


<狩王決定戦 名古屋大会2位>
チーム名:クロスタイル
(写真左・チャージアックス担当:ゆうた、写真右・操虫棍担当:Melon)


31

――おふたりはどういった関係なんですか?

Melon 『MH』友だちですね。Twitter経由で知り合って。

――練習はどれくらいされましたか?

Melon それぞれホロロホルルが900体くらい、ライゼクスは500体くらい討伐しました。

――地区大会決勝は各チームの使用武器がばらけていた感じですが、チャージアックス&操虫棍という組み合わせは、すんなり決まりましたか?

Melon いや、かなり迷いましたね。操虫棍&操虫棍でやったり、ランス&操虫棍でやったりもしてたんですが、ライゼクスの行動にいちばん対応しやすい組み合わせを選んだ結果、チャージアックス&操虫棍に決めました。

――ちなみに、ライゼクス討伐のベストタイムは?

Melon 2分29秒です。

――早いですね! 今回のタイムはいかがですか?

Melon 2分台は出したかったですね。でも、2位になれてよかったです。

――大会にはこれまでにも出られたことがあるんですか?

Melon 僕が2回目ですね。

ゆうた 僕は初めてです。

――ゆうたさんは、初参加でいい結果を残せたわけですね。

ゆうた 本当は1位になりたかったです(笑)。

――決勝ではぜひ1位に! そんな決勝大会への意気込みをお願いします。

Melon 決勝大会までは1ヵ月しかないので、作戦をしっかりと組みたいと思います。

ゆうた 地区大会決勝では運がなくてライゼクスを麻痺にできなかったんで、決勝大会までに運を蓄えたいです(笑)。


<狩王決定戦 名古屋大会3位>
チーム名:シーソーbyしーがる
(写真左・チャージアックス担当:ゆとり、写真右・チャージアックス担当:はれるや)


32

――ステージで前回、前々回ともに地区大会6位だったとおっしゃっていましたね。

ゆとり 前々回は名古屋大会に出て、前回は福岡大会に出ました。

――おふたりはお友だちですか?

はれるや はい、Twitterで『MHP 3rd』のときに知り合って。

――長い付き合いなんですね。

ゆとり そのときは僕は別の相方と大会に出て、予選で落ちちゃったんですよね。で、はれるやがフェスタに興味がありそうだったから「出ない?」って誘いました。

――パートナーを見つけるのはたいへんですよね。

ゆとり やる気とかも合わないときついですかたらね。

――決勝大会ではチャージアックスで打ち上げをうまく使っていたのが印象的でした。

ゆとり あれは、本当は開始直後のジャンプ攻撃を外してしまって……。

はれるや そこで打ち上げを使って相方を乗らせたんです。

――ああ、そうだったんですね。武器の組み合わせはどうやって決めたんですか?

ゆとり ライゼクスはよく飛ぶので、チャージアックスの閃光玉の存在が大きかったです。怒っているときは納刀して攻撃せずに、飛ぶのを待ったりしてました。

――なるほど。ちなみに、ライゼクス討伐のベストタイムはどれくらいですか?

ゆとり 2分半くらいです。なので、今回はちょっとやっちゃったなというところもありました。

――でも、今回は念願かなって決勝大会に行けますからね。決勝の課題が発表されるまではどうすごされますか?

はれるや 課題になりそうななモンスターを狩ります。

ゆとり あと、ふつうのクエストがあまりやれていないので、ちょっと楽しもうかなと。

――最後に決勝大会の抱負をお願いします。

ゆとり 決勝大会に行けるということ自体がうれしいんですが、ここまで来たらもう上位目指してがんばりたいと思います。

はれるや 優勝を目指します!


<親子ハンター日本一決定戦 名古屋大会1位>
チーム名:ディノリ隊
(写真左・コレクト担当:天狐、写真右・ボマー担当:きみねえ)


33

――これまでに大会に参加されたことはあるんですか?

きみねえ いえ、今回が初めてです。去年、参加しようと思ってたんですけど、応募の締め切りを過ぎちゃって。

――息子さんはおいくつですか?

天狐 22歳です。

――いつも、親子でいっしょにプレイされてるんですか?

きみねえ いつもやってますけど、ケンカばっかりで。息子のほうがうまいもんだから、いろいろ言われたりして。

――でも、大人になっていっしょにゲームできるのはいいですよね。

きみねえ お父さんはゲームをやらない人だから「いい加減にしろ」、「いつまでケンカしてんだ」って言ってくるんですけど、「ケンカじゃない!」って言い返したりしてます(笑)。

――きみねえさんは、ゲームは長く遊んでらっしゃるんですか?

きみねえ ファミコン世代ですから、もう長いですね。ただ、この子が生まれる前ぐらいからはしばらくはやめていました。子どもには幼稚園くらいのときに買い与えたんですが、私はしばらく空白期間があります。

――『MH』はいっしょに遊び始めたんですか?

きみねえ いえ、私がプレイステーション2の『MHG』を買ってきたら、子どもがやりたいって言って持って行っちゃって。

天狐 いっしょに遊び始めたのは『MHP 2ndG』からですね。

きみねえ この子が、狩友が周りにいなかったというので、誘われて始めました。

――気軽に誘える存在が近くにいるというのはいいですね。大会には去年も出ようとされたとのことですが、出場のきっかけはなんですか?

きみねえ 以前の大会の予選突破タイムよりも、自分たちのベストタイムのほうが速かったんですよ。なので、出れば勝てるんじゃないかとヨコシマな考えです(笑)。あとは、自分のレベルが知りたいということもあって。

――さすが根っからのゲーマーですね(笑)。

きみねえ 子どもも同じ考えで、「思い出にもなるし、1回出てみよう」と。実際に出てみたら予選決勝ともに不本意なタイムだったんですけど、勝ち残っちゃたんで、運がよかったのかなと思います。

――練習はどれくらいされました?

天狐 ドスマッカォは150~170体くらい、イャンクックは50体くらい狩りましたね。

きみねえ 本当は1000体狩るつもりだったんですけど。自分がグダグダになって子どもにリカバリーしてもらい、半分怒られながらやりましたね。『MH』では子どもが師匠ですね。人生の師匠は私ですけど(笑)。

――なるほど(笑)。では、決勝大会に向けて意気込みをお願いします。

天狐 いけるところまでいきたいですね。

きみねえ 緊張しますが、どんな結果であれ楽しみながらやりたいです。結果も残せればベストですね。


<女子ハンター日本一決定戦 名古屋大会1位>
チーム名:あのにゃむ太郎さん
(写真左・大剣担当:スコ太郎、写真右・チャージアックス担当:にゃむ)


34

――これまでに大会に参加されたことはあるんですか?

にゃむ 前回、北海道大会に別の相方と参加して、惜しくも3位だったんです。

――前回は北海道で、今回は名古屋なんですね。おふたりはどこにお住まいなんですか?

にゃむ 東京です。ただ、地元が東京だからといって東京大会に出ようとすると、練習期間があまり取れなくて、予選のホロロホルルのタイムに自信が持てなくて。それから、名古屋大会の課題のリオレウス討伐は誰も選ばないと思って、今回は名古屋大会に出ることにしました。

――こだわってますね。

にゃむ 完成度の低いまま勝ってもうれしくないので(笑)。

――おふたりはどういった関係なんですか?

スコ太郎 もともと『MH4G』をオンライン通信でいっしょに遊んでいて。

にゃむ 途中で相手が闘技場を遊んでいる女の子だということがわかって、珍しいなと。で、ちょうど私が今回の大会に出る相方を捜していたので声をかけました。

スコ太郎 ナンパされました(笑)。

――練習はどれくらいされました?''

にゃむ ホロロホルルはソロも合わせて1400体、リオレウスは600体くらい狩りました。

――ずっと練習漬けの日々を送ってこられたわけですね。決勝大会の課題が発表されるまではゆっくりされるんですか?

にゃむ いえ、毎日やり込みます。

――ストイックですね! では、最後に決勝への意気込みをお願いします。

にゃむ 決勝大会までは1ヵ月しかないですけど、やれる限りやって勝ちたいです!

スコ太郎 ベストを尽くします!