虚淵玄氏が台湾の人形劇“布袋劇”を王道ファンタジーで描く! 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』発表会リポート

虚淵玄氏の新プロジェクトを公開する発表会にてお披露目された、2016年夏放送開始予定の日台合同映像企画『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルトファンタジー)東離劍遊紀』。本記事では、発表会の模様と作品の詳細をお届けする。

●テーマは「すばらしい伝統芸能をいかに認知してもらえるか」

 ニトロプラスは、本日2016年2月5日、都内にて同社所属作家・虚淵玄氏の新作タイトル発表会を開催。その中で、同氏が原案・脚本・総監修を務める日台合同映像企画『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルトファンタジー)東離劍遊紀』が発表された。

[関連記事]虚淵玄氏の新プロジェクトは台湾人形劇! 日台合同映像企画『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』今夏放送決定


DSC_1118_R

 かねてより“虚淵玄新プロジェクト”として告知されていた企画は、なんと台湾の伝統的な人形劇“布袋劇(ほていげき)”を題材にした武侠ファンタジー。既報の通り、2016年夏よりテレビシリーズとして放送されることが決まっている。発表会には、虚淵氏を始め、キャラクターデザインを担当するニトロプラス、造型アドバイザーとして名を連ねるグッドスマイルカンパニーなどからプロジェクトメンバーが登壇し、本作に向けた意気込みなどを熱く語った。


DSC_0898_R

▲左から、グッドスマイルカンパニー代表・安藝貴範氏、ニトロプラス代表・小坂崇氣氏、原案・脚本・総監修 虚淵玄氏、霹靂社会長・黄強華氏、霹靂社副社長 エグゼクティブプロデューサー・黄亮勛氏、大霹靂社社長 プロデューサー・陳義方氏

 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』を制作するのは、台湾布袋劇で随一の知名度とクオリティーを誇る制作会社、霹靂國際多媒體 股フン有限公司(略称“霹靂社”)。本プロジェクトは、2年前、台湾を訪れた虚淵氏が偶然博覧会で“布袋劇”と出会い、衝撃を受けたことから実現したもの。台湾ではこの“布袋劇”が10年以上にもわたり放送されており、虚淵氏は「こんな鮮烈な映像作品が日本で知られていないことに、悔しさ、もったいなさを感じた」と、強い思い入れを吐露。一方の霹靂社も本プロジェクトには意欲を見せ、会長の黄強華氏は「台湾、日本の異なる文化が混ざり、火花を散らす作品になっている」と自信を滲ませた。


 長い歴史を誇る“布袋劇”を日本に紹介するにあたって、その一部を切り取るのではなく、まずは日本人でもとっつきやすい形にする必要を感じたと語る虚淵氏。本作は“武侠ファンタジー人形劇”と銘打たれている通り、宝探しや仲間集めなど、日本人にもなじみの深い王道ファンタジーの要素が多く取り入れられている。ヒロインも登場し、恋愛要素もあるようだ。

 本作のテーマを訊かれた虚淵氏は、「1にも2にも、すばらしい伝統芸能をいかに認知していただけるか。『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』で興味を持っていただいた方には、霹靂社のアーカイブに触れて、“布袋劇”のさらに深い世界に入っていただきたい」と熱弁。言葉や文化の違いはあれど、「おもしろいものを見て泣いて笑って、楽しむ気持ちは同じ。あまり意識することはないかな、というのが僕の感覚」(虚淵氏)と語った。

 そして本作の要である人形のキャラクターデザインを担当したのは、ニトロプラス所属のデザイナー陣。“でじたろう”の名前でもおなじみの同社代表・小坂崇氣氏によれば、デザイナーがそれぞれ得意な分野で絵を描き、それを台湾の人形師がリファインして完成したとのこと。“布袋劇”の人形は首と肘から先しかなく、文字通り胴体部分は“袋”になっているため、胴体にボリュームを出すための装飾が要される。「基本、盛ってくれますよね」(小坂氏)という、華麗な装飾のディテールにも注目しよう。


DSC_0809_R DSC_0818_R

▲会場には実際に制作で使われている人形たちが。思わずまじまじと眺めてしまう美しさ!

 発表会では放送枠などの詳細は明かされなかったが、1話あたり30分形式で制作しているとのこと。登壇した大霹靂社 社長・プロデューサーの陳義方によると、台湾では日本とほぼ同時期にテレビ放送が予定されているという。

 加えて、東京ビッグサイトにて開催予定の“AnimeJapan 2016”において、3月26日(土)16時20分~のREDステージにて、本作のステージイベントが開催予定。主題歌を担当するT.M.Revolutionのほか、鳥海浩輔さん、諏訪部順一さんが出演する。


DSC_0992_R DSC_0994_R
DSC_1013_R DSC_1035_R
DSC_1043_R DSC_1073_R

▲発表会の最後には、“布袋劇”の実演も行われ、虚淵氏が惚れ込んだドラマチックなアクションがお披露目された。

 つぎのページでは、多数の場面写真とともに、作品の詳細をお届けしよう。


前のページへ
  • 1
  • 2
次のページへ