開発中止されたPSPソフト『Saints Row: Undercover』のプログラムが発掘のうえ、なんと半公式に無料公開される

オープンワールドクライムアクション『セインツロウ』シリーズの幻のPSP版『Saints Row: Undercover』が開発元Volitionで発掘され、紆余曲折あってなんとプログラムの入ったファイルが公開に。

●開発のためのデザインドキュメントなども興味深い!

 『グランド・セフト・オート』よりもバカ方面に振り切った内容でファンも多い、オープンワールドクライムアクション『セインツロウ』シリーズ。倒産したパブリッシャーTHQで企画され、開発中止された幻のPSP版『Saints Row: Undercover』が、PSPの開発キットごとシリーズの開発元Volitionで発掘された。

 そして発見したスタッフの尽力のもと、スタジオが公開しているビデオシリーズ“Inside Volition”にフィーチャーされ、一方では当時のデザインドキュメント(開発を進める上での指針となる設計資料)なども公開。さらに、なんと内部スタッフによりプログラムの入ったISOファイルが作成され、さまざまな開発中止ソフトに関する資料を収集している海外サイト“Unseen64”で公開されている。


 ファイルの実行にはPSPの開発キットが必要な模様……なのだがそんなものは普通持っていないので、PC上で動作するエミューレーターソフトを用意すればプレイ可能(公式筋で公開されているファイルなので、特に法的にも問題はないハズ)。
 普通に起動してチュートリアルからゲーム本編を遊ぶことができるのだが、なんせ開発途中のままの状態なので、仮テキストや仮素材などがそのままの上、進行がかなり辛いレベルでバグも多数。ちゃんと遊ぶというよりは、かつてあったかもしれないソフトの幻影を楽しむぐらいがいいだろう。

 個人的には英語が読める人は、デザインドキュメントをチェックしてみるのをオススメしたい。(やや古い時代のものとはいえ)海外スタジオがどんな設計資料で開発を進めているのかわかる各要素の内容や方針は当然のこと、エンディングまでのストーリーミッションの概要も記載されている。
 また最序盤がどんな内容なのかについては、デザインドキュメントと同じURLでウォークスルー(進行表)がスクリーンショット入りのPDFで公開されている。バグの山を前にしてに進めるのを諦めた人は、こちらをチェックされたし。


ULUS12345_00003

▲動作にはPSPの開発キット、またはエミュレーターソフトが必要。

ULUS12345_00004

▲開発中の仮素材のままなので、インターフェースもこの簡素ぶり。

ULUS12345_00005

▲ゲームをスタートするとキャラクターメイキングから始まる。体型、人種、ちょっとした髪型の選択などが可能。

ULUS12345_00007

▲タイトルにUndercover(潜入捜査)と入っている通り、犯罪組織に潜入する話だった模様。というわけでチュートリアルは警察署でのブートキャンプから始まる(そしていきなりキャラの表示がバグってる)。

ULUS12345_00011

▲組み手だっつうのに暴れすぎ。

ULUS12345_00013

▲チュートリアルが終わると街に出られる。ただしクルマが回転しながらブッ飛び始めたり、なかなかのカオス。

ULUS12345_00017

▲ハコ乗りを超えたエクストリームドライビングを披露する警察官(右で轢かれてるっぽい人が操縦者)。

ULUS12345_00015 ULUS12345_00019

▲テキストが入ってなかったり、逆に仮素材が入ったままになっているところも多数。本来は出荷前に差し替えになるもの。

ULUS12345_00023

▲クルマを運転することもできるが、挙動も衝突判定もおかしいのですぐに回転して飛び始める。まともにゲームをプレイするのは諦めよう。