『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-(ギルティギア イグザード レベレーター)』の家庭用が発売決定! 新キャラクターとして琴 慧弦が参戦

アークシステムワークスは、週刊ファミ通2016年2月4日号(2016年1月21日発売)にて、『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-(ギルティギア イグザード レベレーター)』の家庭用情報を公開した。

●ついに家庭用が発売決定!

 アークシステムワークスは、週刊ファミ通2016年2月4日号(2016年1月21日発売)にて、好評稼動中のアーケードゲーム『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-(ギルティギア イグザード レベレーター)』の家庭用(プレイステーション4版・プレイステーション3版)の情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。



 2015年8月より全国のゲームセンターで絶賛稼動中の『ギルティギア イグザード レベレーター』の家庭用版が、新キャラクターを追加してついに登場する。今回は、家庭用版の新規追加キャラクターである琴 慧弦の情報を中心にお伝えするぞ。これまでの登場キャラクターとは異なる性能を持つ琴 慧弦の登場により、戦いはさらにヒートアップ!!


GG_01

琴 慧弦
声:手塚秀彰
 気の巡りを自在に操る“調律師”の末裔である、琴家の当主。琴 慧弦は女性だが、その事実を知る者はなく、ふだんは人型の義体“全力琴(ジヨンリヨククム)”に乗り活動している。気の流れを整える能力は琴家の限られた人間しか使えず、世界でも希少な存在とされている。

GEAR_05 GEAR_06

全力琴は、大きな髭を携えた老年の格闘家の姿をしているぞ。その見た目にふさわしく、激しい格闘術の数々を駆使して闘うことができるようだ。

攻撃を受けると、うっかり女の子の姿が見えることも。細かなグラフィックにも注目。

GEAR_07 GEAR_08

ゲージを消費してくり出す覚醒必殺技。そのひとつは、気合の入った掌底打ちで挟み込む大技だ。

ヒットさせると相手を吹き飛ばし、追撃が与えられる“ダストアタック”では、空間に文字が出現する演出も。攻撃範囲がかなり広そう?

●大人気対戦格闘ゲームシリーズ最新作

 『ギルティギア』は、1998年に第1作が発売された人気格闘ゲームシリーズ。2014年にすべてをリニューアルした『ギルティギア イグザード サイン』が発売され、さらなる盛り上がりを見せている。本作の家庭用版に搭載されるストーリーモードでは、どのような展開を見せるのかにも注目したい。


GEAR_02 GEAR_04

チュートリアルもパワーアップしてさらに遊びやすく!!

ストーリーでは衝撃の展開が!?

 アークシステムワークス公式通販サイト“阿々久商店”では、限定セット“ファミ通DXパック”の予約が開始! セット内容はゲームソフトに加え描き下ろしB2タペストリー、“ジャック・オー”マグカップ、キャラクターブロマイド 20種セットが付属。さらに、人気キャラクターの“カイ・キスク”の3Dクリスタルが付いた豪華版“ファミ通DXパック 3Dクリスタルセット”も予約受付中!

※予約はコチラ!



※記事の詳細は週刊ファミ通2016年2月4日号(2016年1月21日発売)をチェック!



GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-(ギルティギア イグザード レベレーター)
メーカー アークシステムワークス
対応機種 プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日 2016年5月26日発売予定
価格 各6800円[税抜](各7344円[税込]
ジャンル 対戦格闘
備考 限定版は各9800円[税抜](各10584円[税込])、ゼネラルディレクター:石渡太輔

(C) ARC SYSTEM WORKS ※画面は開発中のものです。