挙動をコントロール可能なスマート尻尾“in-tail”でキミも尻尾を生やそう【CES 2016】

CESには大企業が中心に集まるメイン会場であるコンベンションセンターからちょっと離れた場所に、フレッシュすぎる企業が集まったエリアが存在する。そこで見つけたのが尻尾。ええ、尻尾です。

●尻尾を生やしたいと思ったことはないか?

 ゲームやアニメなんかで登場する尻尾つきのキャラが好きな人は多いと思うのだが、自分にも尻尾を生やしてみたいと思ったことはないだろうか? え、ない? それはともかく、アメリカのネバダ州はラスベガスで開催中の家電ショー“CES”で発見した、3Dプリントを活用して作られた尻尾“in-tail”を紹介しよう。


DSC_9491

▲「尻尾に興味があるのかい?」とブースにいたお兄さんがおもむろに立ち上がると……ずっと装着してたのか、アンタ!

 尻尾専門ベンチャーであるin-tailがCESで発表したのは、Bluetooth接続したiPhoneから挙動モードを切り替えられ、さらに使用者の動きに応じて自然にヒョロヒョロ動く電動型の尻尾“in-tail: digital”。今風に言えばスマート尻尾だ。価格は499ドルを予定している。


 値段を聞いて高いと思った人もいると思うが、そんなあなたに朗報。電動&プログラム要素をなくしたアナログ版“in-tail: analog”はすでに発売中で、当初より値下げして199ドル。それでもまだ高いという人のために、analogのパーツだけが送付されてきて自分で組み立てるキットが70ドルで販売予定。ちなみにdigitalの方も自作キットを検討しているそうだが、サーボや電子パーツを組むのは結構大変かも。
 というわけでスマートTVやスマートウォッチの次に来たり来なかったりするかもしれないスマート尻尾、ケモノキャラに求愛しなければいけない時などに備えて、ご家庭に一本いかがだろうか。


DSC_9490

▲アナログ版は199ドル。公式サイトではさまざまな交換カバーも販売中。