PS Vita/スマホ版『ロマサガ2』のクオリティーに驚いて、ジェラールの名を冠したウィスキーに舌鼓。『サガ』発表会&試飲会リポート

2015年12月15日に行われた、PS Vita/スマホ版『ロマンシング サガ2』と、信濃屋×『サガ』シリーズ コラボウィスキーの発表会&試飲会の模様をお届け。

●現代の技術で蘇った『ロマサガ2』をアピール!

 2015年12月15日、銀座B.E.HOUSEにて、プレイステーション Vita/スマートフォン(iOS/Android)ゲーム『ロマンシング サガ2』と、信濃屋×『サガ』シリーズ コラボウィスキーの発表会&試飲会が行われた。
[関連記事]スマートフォン、PS Vita版『ロマンシング サガ2』が今冬配信決定! 『サガ』コラボウィスキーや『サガ』オーケストラアレンジCDの発売も決定

 銀座B.E.HOUSEは、銀座のど真ん中にある日比谷Barグループのバー。雰囲気たっぷりのカウンター席に現れたのは、『エンペラーズ サガ』などを手掛けるスクウェア・エニックスのプロデューサー、市川雅統氏。


01

▲スクウェア・エニックス 『サガ』シリーズプロデューサー 市川雅統氏。

 つねに新しいことにチャレンジしている『サガ』シリーズ。そのシリーズの25周年を祝うため、佐賀県との異色のコラボ“ロマンシング佐賀”シリーズなどを手掛けてきた市川氏は、「25周年のため、まだまだ何か企画を実施したい」という思いから、プレイステーション Vita/スマートフォンゲーム『ロマンシング サガ2』や、コラボウィスキー作りに乗り出すことに。

 さて、今回発表されたプレイステーション Vita/スマートフォンゲーム『ロマンシング サガ2』は、スーパーファミコン用ソフト『ロマンシング サ・ガ2』(発売は1993年12月10日。なんと22年前!)のリマスター版とも言える存在。“いま、スーパーファミコンの『ロマンシング サ・ガ2』が最先端のハードで出たらどうなるか?”がコンセプトで、開発状況は80パーセントとのこと。グラフィックはすべて一新しているが、ドットの懐かしさはそのままで、「ファンの方はぜったいに納得できるものになっている」と市川氏。


02 02-b

▲“ロマンシング佐賀”の題字を書いた佐賀県出身の書家、江島史織氏が書いた“2”!

03 04

▲敵グラフィックは、ドットだけれどもアニメーションする仕様に。

05 06

▲大きなモニターで表示しても遜色ないほどのグラフィック。

07

▲こちらは実機プレイ。クジンシーもぬるぬる動く。

 また、本作には、2010年に配信されたモバイル版から登場したダンジョンや、クラス“忍者”、“陰陽師”も収録。さらに、オリジナル版に近いバージョンと、モバイル版に近いバージョンを、選択してプレイできるように調整中だという。「2016年の早いタイミングで出したい」とのことなので、配信を楽しみに待っていよう。


●コラボウィスキー3種類は、どれもキャラクターにぴったりの味

 ここからは、『サガ』シリーズのエグゼクティブ・プロデューサーである河津秋敏氏と、信濃屋食品 スピリッツバイヤーの北梶剛氏を交えて、信濃屋×『サガ』シリーズ コラボウィスキーについて語ることに。


08 09

▲皆さんご存じ、『サガ』の生みの親である河津秋敏氏。

▲信濃屋食品 北梶剛氏。信濃屋食品は、ウィスキーやワイン、輸入食品を扱っている企業。北梶氏はウィスキーやウォッカなどのスピリッツを担当しているバイヤーだ。北梶氏は子どものころに『ロマサガ2』をプレイしていたそうで、まさか自分がスクウェア・エニックスと仕事をすることになるとは思っていなかったとか。

 このコラボウィスキーについては、「25周年だし、25年モノのウィスキーなんてあったらいいよね」という話から企画が生まれたものの、実現までの道のりは長く、今回の発表までに1年以上かかっているそうだ。

 そして北梶氏は、今回の企画の立役者。「ラベルに描かれている各キャラクターに合わせたテイストにしたい」というスクウェア・エニックスからのリクエストに応え、3種類のウィスキーを選び出した。


11 10 12

 ひとつ目は『ロマサガ2』の皇帝“ジェラール”の名を冠するウィスキー。熟成年数が25年のウィスキーで、“ウィスキーの聖地”と呼ばれるスコットランドのアイラ島で作られたもの(アイラ島は、小さな島でもあるにも関わらず、蒸留所が8つもあるそうだ)。北梶氏は、このウィスキーを飲んだときに、「これが皇位継承に合う味だ!」と思ったという。

 ふたつ目は、『アンリミテッド:サガ』のキャラクター“イスカンダール”のウィスキー。ラベルには、豪華絢爛なイスカンダールのイラストが描かれている。これは北アイルランドで作られた、中期熟成のよさを持つウィスキーで、かなり華やかでフルーティーな味とのこと。食前に飲んでもいいし、食後に飲んでもいい、いつ飲んでもおいしい“オールラウンダーな1本”、と北梶氏。

 そして3つ目は、2016年発売予定のシリーズ完全新作『サガ スカーレット グレイス』のキャラクター“ファイヤーブリンガー”(以前の表記は“ファイアブリンガー”だった気がするが、変わったのだろうか?)。最新作のキャラクターということで、若いウィスキーの中でも力強くてはっきりした味のものを選んだ、と北梶氏。こちらもアイラ島で作られたもので、スモーキーで塩辛い味が特徴。ファイヤーブリンガーを紹介されたとき、北梶氏は“(選ぶなら)こういう味のものしかない”と感じたという。

 ここで、スクウェア・エニックス 執行役員 橋本真司氏が登場。『ファイナルファンタジー』シリーズや『キングダム ハーツ』シリーズを手掛けていることで知られる橋本氏だが、今日は『サガ』の応援団としての参加だ。


13 14

▲スクウェア・エニックス 執行役員 橋本真司氏。

 橋本氏と河津氏はジェラール、北梶氏はイスカンダール、市川氏はファイヤーブリンガーを試飲。橋本氏は、芳醇な香りに感動し、「飲むのがもったいないほど」とコメント。河津氏は、もちろん以前にも試飲しているのだが、今回は久しぶりに飲んだとのことで、「モルト好きにはたまらない味」、「“ジェラール”は別格でおいしい」と語った。北梶氏も久しぶりに飲んだとのことで、「飲んで、また(イスカンダールにふさわしい、と)納得した」と頷いた。市川氏は「すごく飲みやすくて驚いている」と述べ、しかし「のどを通りすぎるときに燃えるように熱い」と、ファイヤーブリンガーのイメージにぴったりだとアピールした。

 このコラボウィスキーの発売日は、2016年1月15日を予定。信濃屋ショップ店頭での予約は2015年12月23日から受付開始。信濃屋WEBショップでの予約受付開始は2016年1月8日正午となっている。価格は下記の通り。ふだんウィスキーを飲まない人は「高い」と思うかもしれないが、ウィスキーの相場を考えると、この値段はかなりオトクなのだとか!

・ブナハーブン1990 25年 ジェラール
価格:22500円[税抜]

・クライヌリッシュ1996 17年 イスカンダール
価格:17500円[税抜]

・カリラ2006 9年 ファイヤーブリンガー
価格:15500円[税抜]

 また、このウィスキーを、日比谷Barを始めとする、さまざまなバーに卸す企画もあるという。市川氏からは「飲みながら語れるようなコラボを企画中」という発言もあったので、続報に期待したい!


●オーケストラアレンジCD「サガオケ!」はチェコ・プラハで収録

 PS Vita/スマホ版『ロマサガ2』、コラボウィスキーに続き、『サガ』ファンにはうれしい発表が! シリーズ初の本格オーケストラアレンジCD「サガオケ!The Orchestral SaGa - Legend of Music -」が、2016年春発売予定であることが明らかに。

 収録はチェコ・プラハで行われ、70人以上のオーケストラが演奏。指揮はアダム・クレメンス氏、オーケストレーションは山下康介氏が担当。植松伸夫氏、伊藤賢治氏、笹井隆司氏、藤岡千尋氏、浜渦正志氏らの協力のもとに制作が進められているそうだ。これは楽しみ!


15
16 17

▲パイプオルガンを使った楽曲もあるとか!

▲プラハでの収録には伊藤賢治氏が参加。

 『魔界塔士Sa・Ga』が発売されたのは、1989年12月15日。“25周年”を祝い、2013年12月15日から2015年12月15日までの2年間、さまざまな企画が実施されてきたが、今日でそれもひと区切りとなる。とはいえ、『サガ』シリーズはまだまだ続くし、市川氏も河津氏も「これからもいろいろなことをやっていきたい」と意気込みは十分。『エンペラーズ サガ』も『インペリアル サガ』も、今後アップデートを控えているし、新作『サガ スカーレット グレイス』も鋭意開発中だ(『サガ スカーレット グレイス』については、もう少しお時間いただきたい、と河津氏。橋本氏は「熟成中です!」とコメント)。『サガ』シリーズは、2016年も我々を楽しませてくれるに違いない、と期待が高まった発表会だった。


18
19 19-b

▲発表会の後は、お待ちかねの試飲会! 河津氏に「3種類飲むしかないですよね!」と言われたので3種類飲みました。ウィスキーに関しては素人ですが、どれもおいしかったです。初心者には、飲みやすいイスカンダールがオススメ。

▲おつまみが陣形を習得している……!? インペリアルクロスとアマゾンストライク、ですかね? B.E.HOUSEのスタッフさん曰く、華やかなイスカンダールにはチョコレートやドライフルーツがオススメ。アイラ島のウィスキーには、ウィスキーと同じくスモーキーなおつまみが合う、と教えていただきました。

20 21 22

▲見惚れるほど美しいラベル。じつは、ラベルの裏面には、河津氏と北梶氏のコメントが記されています。とても素敵な内容なので、ぜひ手に取って読んでいただきたいです。

▲「試飲会らしい写真を撮りましょう」というカメラマンの甘言と、お酒の勢いに乗って、記念写真を撮らせていただきました。本当にありがとうございます。