『ファイナルファンタジーVII リメイク』北瀬佳範氏&野村哲也氏に訊く分作の意図――バトルはATBありのアクションに!?【PSX2015】

PlayStation Experience 2015初日となる5日、Keynote(発表会)にて『ファイナルファンタジーVII』フルリメイク作品(仮題)改め『ファイナルファンタジーVII リメイク』の最新PVが公開。登壇を終えた北瀬佳範氏と、野村哲也氏にお話をうかがった。

●北瀬佳範氏と野村哲也氏に訊く『ファイナルファンタジーVII リメイク』

 ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカは、現地時間2015年12月5日、6日の2日間、アメリカ・サンフランシスコでプレイステーションの祭典“PlayStation Experience 2015”を開催。5日のKeynote(発表会)にて、スクウェア・エニックスのプレイステーション4用ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク』(以下、『FFVII リメイク』)の最新PVが発表されたのは既報の通りだ。

[関連記事]【動画追加】『ファイナルファンタジーVII』フルリメイク作品のバトルシーンを収録した最新PVが公開! 正式タイトルも発表【PSX2015】
[関連記事]『ファイナルファンタジーVII リメイク』は分作として制作が進行! 公式リリース到着

 そのKeynoteでの登壇を終えたプロデューサーの北瀬佳範氏と、ディレクターの野村哲也氏に、出国までのわずかな時間を割いていただきインタビューを実施した。上記関連記事のリリースの通り、本作は1作では完結せず、分作の形を取る。その理由や制作体制、バトルについてなど、必見の内容なのでぜひご一読を。合わせて、会場の模様を撮影した動画も公開するので、現地の雰囲気も感じ取っていただけるはずだ。

 なお、本インタビューは簡易版となっている。追加取材分を加えたインタビュー完全版は、週刊ファミ通2015年12月17日発売号に掲載予定。8ページの特集を組んでいるのでお楽しみに!


■ストレートなタイトルと分作の理由

――Keynoteの手応えは、いかがでしたか? 会場は相当に盛り上がっていましたね。

北瀬 不安ではあったんですが、PVが流れているときに裏で待機していたら、バレットの登場で歓声が聞こえ、障害物をくぐっているゲームシーンやバトルなどでも、会場にいる方の大きな盛り上がりを感じて。そういうリアクションをいただけて、ほっとしています。


――野村さんも登壇されました。サードパーティーの中でトップバッターということもあって、緊張されたのでは?

野村 じつは、登壇順を知らされたのは当日、会場入りしてからだったんです(苦笑)。直前にコメントを差し替える必要が出てきたりもして、非常にハラハラしながら登壇したのですが、映像に大きな反響をいただけてよかったなと。

――そんな舞台裏があったとは……! 本作発表時の野村さんへのインタビューでは、橋本(真司)さんと話したうえで、北瀬さんがリメイクへの着手を決めた、とうかがいましたが、北瀬さんはなぜこのタイミングで“覚悟を決めた”のでしょうか。

北瀬 これまで長いあいだ「リメイクはまだか」とたくさんの方々からご期待いただき、その思いは感じていました。そんな折、『FF』25周年のイベントでシリーズを改めて振り返り、同時にこれからのことも考える機会があって、そのときから「『FFVII』をリメイクするならいましかないのでは」と考えるようになったんです。『FFVII』のリメイクは、私が生きているうちにやっておきたかったことで、それは橋本も同じでした。

野村 橋本は本気か冗談か、「もう定年だから」と、それまでに手掛けたい旨をくり返し言っていたので、根負けした部分もあるかもしれません(笑)。

――いろいろなタイミングが合わさっていたのですね。タイトルは『FFVII リメイク』に決定されたとのこと。かなり直球で、サブタイトルなどがつかないのが意外でした。
 
北瀬 “リメイク”のほかに、ストーリー系に寄ったサブタイトルを付ける案もあったのですが……。

野村 サブタイトルを付けると、外伝や続編のような印象になるので、それは避けたいというのがありました。

北瀬 今日のKeynoteの発表時、冒頭の映像に、ティザー映像を観た方のリアクションを撮った動画が使われていましたよね。彼らは最初は半信半疑なんですが、“REMAKE”と出たところで、「外伝ではなく、『FFVII』が帰ってくるんだ」と確信して、すごく興奮してくれています。サブタイトルが出ていたら、そうはいかなかったでしょう。そのため、正式タイトルとしても、“リメイク”という言葉の持つわかりやすさを取りました。


11

――なるほど。そして……今回は、1作で終わらず、分作にされるとか。

北瀬 はい。そもそも、これまでリメイクをしなかった理由に、『FFVII』をいまの技術で正面から作り直すのは相当にたいへんで、踏み切れなかったというのが少なからずありました。きちんと『FFVII』の“密度感”を保ったまま、HDでリメイクすると、とうてい1作では収まらないボリュームになります。

野'村 1作に収めようとするなら、いろいろなところをカットして、『FFVII』のダイジェストにするしかありません。それではやる意味がないし、たとえば今回はオリジナル版では行けなかった、ミッドガルのさまざまな場所を探索できたりするのですが、やるからにはそういったことまで入れ込んで濃密に描き切りたい。もちろん、さまざまな理由でオリジナル版からカットする部分もあるでしょうが、そうした今作ならではの描写の追加をしていき、かつこのディテールの作りだと、結局は全体的なボリュームも増える見込みです。皆さん、スケジュールも心配でしょうし、自分たちも早く遊んでいただきたい。その線引きのためでもあります。

――そこまで凝っているがゆえの分作なのですね。現在、北瀬さん、野村さん、野島(一成)さん、そして橋本さんのお名前が出ていますが、ほかにはどのような方々が参加していて、制作はどういった体制で行っているのでしょうか。

北瀬 モデルについては、たとえば弊社ヴィジュアルワークスのディレクターが監修していたり、データに手を入れたりということをやっています。

野村 デザインは、今回公開となったビッグスたち3人など、サブキャラクターを中心に手掛けているフェラーリ(・ロベルト氏)がいるほか、プログラマー、企画等のコアメンバーが、外部の協力会社さんと密に進めて行く感じです。

北瀬 そうしたコアメンバーが集結して監修すると同時に、現在では当たり前の制作手法となっていますが、複数の制作会社さんにもご協力いただいています。『FFVII Gバイク』でお世話になったサイバーコネクトツー(以下、CC2)さんも、そのうちの1社になります。

――CC2! 

北瀬 CC2さんはアクションゲームの経験が豊富でノウハウをお持ちですし、映像演出のセンスに光るものがあると感じていました。ただ、演出のテイストが微妙に弊社の作品とは違っている部分があったので密にやり取りをして。今回のPVについても哲(野村哲也氏のこと)がうるさく言って(笑)、弊社のスタイルに近づけていただきました。