【速報】ビートたけしが『龍が如く6(仮題)』に出演決定!!!!【TGS2015】

東京ゲームショウ2015のセガゲームスブース、『龍が如く』の特設シアターで上映された映像内で、『龍が如く6(仮題)』のものと思われるワンシーンが公開。ビートたけしがゲーム内の登場人物として出演することを示唆する内容が明らかになった。

●『龍が如く』×ビートたけしの夢コラボがついに実現!!

 2015年9月17日より幕張メッセ(千葉県)にて開催中の東京ゲームショウ2015。同イベントに出展しているセガゲームスのブース、『龍が如く』のクローズドシアターで上映された映像内で、『龍が如く6(仮題)』のものと思われるワンシーンが公開された。特筆すべきは、ビートたけしが本作の登場人物として出演することを示唆する内容だったこと。ビートたけしといえば、日本を代表するコメディアン/俳優/映画監督。自身も極道を題材とした作品を手がけているだけに、『龍が如く6(仮題)』にどのような役柄の人物として登場するのか注目が集まる。


OgreF_logo_RGB.jpg

 なお、特設シアターでは、会場でしか見ることができない『龍が如く』10周年を記念した見どころ満載の映像が上映。『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏をプレゼンター、俳優の中野英雄氏をナビゲーターに、先般情報が公開されたばかりの『龍が如く 極』に関する作り手の想いが明かされていく(もちろん、ゲーム紹介の映像もあり!)。

 前述の『龍が如く6(仮題)』のものと思われるシーンは、流される映像の終盤に登場。ぜひとも特設シアターに足を運んで、『龍が如く 極』および、『龍が如く6(仮題)』の映像を目撃してほしい。とくにビートたけしが登場するワンシーンは、「プレイステーション4オンリーの新たなゲームエンジンはこんなにも違うのか!」とひと目でわかるはず!


●『龍が如く 極』&『龍が如く6(仮題)』とは?

 両作品に関する最新情報は2015年9月15日に開催されたSCEJA Press Conference 2015にて公開されているが、ここで改めて情報を整理しておこう。まず、『龍が如く 極』(“極”の読みかたは“きわみ”)は、2016年1月21日発売予定のプレイステーション4/プレイステーション3ソフト(各6490円[税別])。2005年12月に発売された初代『龍が如く』を最新の開発環境で作り直したタイトルで、ゲームシステムやバトルスタイルが刷新されるほか、ベースとなる物語はそのままに、多数の新規エピソードが追加されることが判明している。

 一方の『龍が如く6(仮題)』は、『龍が如く』シリーズ初となるプレイステーション4専用ソフト。タイトルの詳細は未定だが、2016年秋の発売が予定されており、前述の『龍が如く 極』には、『龍が如く6(仮題)』の先行体験版ダウンロードコードが封入されるとのこと。始まったばかりの東京ゲームショウ2015でさらなる情報更新があるのかは不明だが、両作品の動向からは目が離せないところだ。

<東京ゲームショウ2015『龍が如く』10周年記念シアター概要>
◆日程:
・ビジネスデイ:2015年9月17日(木)、18日(金)
・一般公開日:2015年9月19日(土)、20日(日)
◆会場:幕張メッセ 国際展示場 Hall5 セガブース内
◆内容:クローズド形式の特設シアターにて最新映像を放映
◆配布物:
龍が如く 極』特製うちわ(特設シアター付近で配布)
龍が如く』10周年記念カード(特設シアター観覧者へ配布)


55f8d62ca1ca5.jpg l_55f8d62c99fa5.jpg


(C)SEGA