給与制プロゲーマーの生活とは!? 『LoL』強豪チーム“DetonatioN FocusMe”が暮らすゲーミングハウスに潜入!

プロゲーマーの生活事情を探るため、『League of Lengends』プロチーム“DetonatioN FocusMe”のメンバーが暮らすゲーミングハウスに突撃取材を決行!

●プロゲーマーの生活実態に迫る!

01_IMGP2862

 昨今、よく話題に挙がる“プロゲーマー”という単語。ゲームプレイそのものが仕事であり、好成績を上げることで自身の評価を高めていくのが“プロゲーマー”だ。

 日本ではまだ馴染みの薄い職業だけに、「彼らはどのような生活をしているの?」と疑問を抱く人も少なくないはず。そこで今回、給与制プロゲーミングチームとしての活動を開始した“DetonatioN FocusMe”のゲーミングハウス(メンバーが暮らすシェアハウス)の突撃取材を決行。2015年2月17日から共同生活を開始した彼らの生活実態に迫る!


02_IMGP2755

▲ゲーミングハウス内を案内してくれたのはDetonatioN代表の梅崎伸幸氏。チームの活動が落ち着くまでは氏もいっしょに生活しているとのこと。

●プロゲーマーの生活サイクルは意外と規則正しい?

03_IMGP2749

 まずはゲーミングチームの基礎知識を。DetonatioN FocusMeは、マルチゲーミングチーム“DetonatioN”の『League of Legends』(以下、『LoL』)部門の1チームだ。

 『LoL』は世界的に人気の高いPC用オンライン対戦ゲーム。日本にはDetonatioN FocusMeのほかに、実業団に近い形式の“CROOZ Rascal Jester”というプロチームなども存在する。

 さて、こういった取材の場合、事前に部屋を片付けたりすることもあると思うが、今回は取材中も普段通りに過ごしてもらった。なるべくリアルな姿を見たかったのだ。

 家の中を探索する前に、リビング兼ゲーミングルームに設置されたホワイトボードに注目してみた。そこに書かれていた内容は……。


04_IMGP2739

▲ホワイトボードには1日のスケジュールが書かれていた。“SoloQ“とはひとりで『LoL』のランクマッチをプレイすること。“スクリム”は練習試合という意味だ。

 取材当日のスケジュールは、学業を続けながら活動するアナリスト兼選手のKazuXD選手が試験期間中だったため、チーム練習は少なめ。本来は昼食後にチーム練習を18時ごろまで行うそうだ。


05_IMGP2751

▲選手はリビング兼ゲーミングルームに集まり、腕を磨いている。取材時もメンバーどうしでしゃべりながらプレイしていたのが印象的。

 消灯時間の26:00はあくまでも目安だが、夜更かしするメンバーはほとんどおらず、翌日に備えてすぐに就寝する選手が多いようだ。
 食事は調理担当のスタッフが作り、基本的には1日2食。それに加え、インスタント食品などの軽食やお菓子などを自由につまめるようになっている。『LoL』は将棋や囲碁などに代表される“マインドスポーツ”に近く、プレイには思考力と集中力が必要。糖分補給が大切なのでチョコレートの消費が早いとのこと。


06_IMGP2864 07_IMGP2829

▲ゲーミングスペースに置かれているキャンディータワーは、選手の持ち込んだもの。甘いものは大切だ。存在感がスゴイ!

▲調理スタッフのTora氏は、秋葉原のゲームプレイ施設“e-sport SQUARE”のスタッフとしても働いている。秋葉原での仕事を終え、食材を買い込んで帰宅したところをパシャリ!

 話を聞いていておもしろかったのが、休憩時間にもリビングに集まり、ゲームをプレイする選手が多いという点。さらに、取材の前々日は共同生活が始まって以来、初めての休日だったのだが、ひとりを除いてゲーミングハウスに残り、ずっとゲームをしていたという。このあたりはゲーマーとしての性なのか、はたまたプロとしての意識の高さなのか。

 また、「共同生活における規律はありますか?」という質問をしてみたところ、以下のような答えが返ってきた。

◆DetonatioN FMの規律
・PCの前での食事は禁止。ご飯を食べるときは必ずテーブルで。
・食べたゴミは捨てる。
・ご飯を食べ終えたら食器を下げる。
・ドアを開けたら必ず閉める。

 一見すると、日常生活では当たり前のことばかり。シェアハウスでの生活は実家暮らしやひとり暮らしとは感覚が異なるため、意識していないとだらしなくなってしまうのだとか。プロゲーマーと言えども特別な生活をしているわけではない。ゲームをプレイすることが仕事となる彼らだが、基本的な生活習慣は一般人とそれほど変わらないのかもしれない。