『影牢 ~もう1人のプリンセス~』出会ってしまったダークサイドプリンセスとナイトメアプリンセス

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2015年1月1・8・15日合併号(2014年12月18日発売)にて、『影牢 ~もう1人のプリンセス~』を、プレイステーション Vita、プレイステーション4、プレイステーション3用ソフトとして発売することを発表した。

●『影牢』の物語はまだ終わりを迎えてはいなかった……

 コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2015年1月1・8・15日合併号(2014年12月18日発売)にて、『影牢 ~もう1人のプリンセス~』を、プレイステーション Vita、プレイステーション4、プレイステーション3用ソフトとして発売することを発表した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。



 本作は、2014年2月に発売された『影牢 ~ダークサイド プリンセス~』にさまざまな追加要素を施したバージョンアップ版。ではあるのだが、新主人公の参戦、100のクエストで構成された“クエストモード”、 新トラップの追加、さらにエディット機能が楽しめる“影牢スタジオ”など、もはや完全新作と言えるボリューム。初心者からコアなファンまで楽しめる、シリーズの集大成的な作品なのだ。

シリーズ最凶の主人公
ヴェルギリエ


kagero_修差1-03
kagero_修差1-04

●オリジナルのストーリーが体験できる“クエストモード”

 悪夢の姫ヴェルギリエが主人公として登場するモード。クエストをクリアーしながら時系樹(クエストツリー)を進め、ストーリーの核心に迫っていくことになる。 クエストは100個もの数が存在し、 それぞれのクエストに用意されたミッションを達成すると、新たなトラップやアビリティなどを入手できるという仕組みだ。 過酷な戦いの果てに待っているものとは?


kagero_修差2-01

●レグリナとの対決! そして……

 クエストモードにはヴェルギリエが主人公として登場するが、前作の主人公であるダークサイドプリンセス、つまり“レグリナ”も敵として現れる。当然彼女もトラップに精通した手ごわい存在である。対峙した場合はトラップコンボの応酬になるかも?


kagero_修差2-03

※詳しくは週刊ファミ通2015年1月1・8・15日合併号(2014年12月18日発売)をチェック



影牢 ~もう1人のプリンセス~
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 PlayStation Vita / プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日 2015年3月26日発売予定
価格 備考欄参照
ジャンル アクション
備考 プレイステーション Vita版は5800円[税抜](6264円[税込])、ダウンロード版は5143円[税抜](5554円[税込])、プレミアムBOXは8800円[税抜](9504円[税込])、プレイステーション4版とプレイステーション3版は各6800円[税抜](各7344円[税込])、ダウンロード版は各6000円[税抜](各6480円[税込])、プレミアムBOXは各9800円[税抜](各10584円[税込]) プロデューサー:菊地啓介、ディレクター:柴田誠、メインキャラクターデザイン:前田浩孝

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
※画面は開発中のものです。